森佑紀那
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ypFaiAx8_yg

フィギュアスケートの元日本代表で現在タレントとして活躍している村上佳菜子さんの同級生に陸上の天才と呼ばれるアスリートがいました。

その名前は森佑紀那さんといいます。

しかも記録を開花させたたのが小学生時代でなんと100mで2連覇を果たすほどの圧倒的な実力の持ち主でした。

小学校卒業てからも活躍していると思いきや大学までその名前を陸上の記録に確認することができませんでした。

その後ですが、もちろん”森佑紀那”という名前を陸上の大会のニュースで耳にした人はいないと思います。

圧倒的な実力を残した小学生時代から大学生で結果を再び出すまで中学、高校とどのような生活をしていたのでしょうか?

圧倒的な陸上の実績を持っていた森佑紀那さんはその後何をして、現在はどんな生活をされているのでしょうか?

そして浅田真央さんとのつながりもあるようですね!

Sponsored Link

森佑紀那の現在は?

森佑紀那さんは愛知県名古屋市出身です。

高校は村上佳菜子さんや浅田真央さんと同じ中京大中京高校に進学します。

中京大中京高校は村上さんや浅田さんを輩出していることからわかりますが、フィギュアスケートの名門校といって良いですね。

森佑紀那さん高校卒業後、都留文科大学初等教育学科に進学しています。

卒業した学科から推測すると小学生の先生をしていると思われます。

小学生時代に圧倒的な実力を見せつけた森さん。

中学校以降も順調に実績を積み重ねていきます。

●森佑紀那のFacebook

https://www.facebook.com/people/%E6%A3%AE%E4%BD%91%E7%B4%80%E9%82%A3/100004110246906

最近は更新されていませんが本人のFacebookページをみるととても充実した学生生活を送っていることが分かります。

Sponsored Link

小学校時代の実績!陸上100m 2連覇!

森佑紀那さんはなごや陸上クラブに所属していて、2005年の5年生の時に100mで全国大会で優勝を果たしています。

6年に進級してからもその実力は衰えずに2006年の6年生の100mの大会で優勝しています。

●優勝した時のタイム

2005年(5年時):13秒60

2006年(6年時):12秒88

<参考ページ>

https://blog.goo.ne.jp/yukiyuipapa/e/303756b66abc462c1b1c0375ecbf8b0e

女子の記録としてはとてつもなく速い記録でなんといっても2連覇を果たしているのがすごいですね!

当時の森さんの記録は圧倒的なことが分かります。

このままオリンピック代表選手として活躍!

ところがこのようなストーリーにはなりませんでした。

小学校を卒業後はどのような陸上生活を送っていたのでしょうか?

Sponsored Link

中学校以降は?

中学生時代は記録が確認できないので故障などでスランプに陥ってしまったと思われます。

ところがよく調べてみると全国大会で優勝こそできませんでしたが、決勝に残って2位や3位を獲得していることがわかります。

順調にエリートコースをあゆんでいましたが、高校でスランプに陥ってしまうことになります。

原因は足の故障、具体的には太ももを故障しました。

タータンに適応することがでいなかったことが原因だったようです。

あと練習のし過ぎで骨がかかとに突き刺さるほどのボロボロな身体状態になってしまいました。

高校、大学では陸上部に所属している情報が確認できるので辞めたわけではないでしょう。

そして中京大中京高校では元フィギュア日本代表の村上佳菜子さんと同級生となります。

高校では総体に出場

森さんの中学での記録は確認できませんでした。

高校は中京大中京高校に進学したわけですが、同窓会報にその名前を確認することができます。

しかも地方大会ではなく全国高校総体に参加したメンバーに名を連ねているんです。

<第63回沖縄総体出場>

この沖縄で行われた第63回(平成22年度)全国高等学校総合体育大会に出場していることが確認できます。

参考:中京大中京高校同窓会報

http://www.chukyo.ed.jp/images_c/pdf/2011-No27_Part3.pdf#search=’%E4%B8%AD%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E4%B8%AD%E4%BA%AC%E9%AB%98%E6%A0%A1+%E6%A3%AE%E4%BD%91%E7%B4%80%E9%82%A3′

この大会では名前は連ねているものの記録が確認できませんが、おなじ中京大中京高校の選手が100mで12秒64で8位に入賞していることが確認できます。

ここで森さんの小学6年時の優勝タイムを振り返ってみます。

当時のタイムは12秒88でした。

そしてこの沖縄総体での優勝者のタイムが12秒23です。

このように小学生時代の記録でも十分に勝負ができるほどの実力があったことを示していますが、それでも記録が向上しなかったという事実があります。

というのも後述する大学時代に復活してしっかりと陸上の記録を残しているからですね。

※ちなみに上記の同窓会報では村上佳菜子さんが写真付きでフィギュアスケートの大会で優勝したことが載っています。

都留文科大学での実績

大学進学後も陸上を続けていたことが分かっています。

大学で自己ベストを更新することが目標でした。

小学6年から11秒台の壁を超えることができなかったからですね。

手術も成功し4年間陸上に専念することを決断することになります。

都留文科大学の陸上部に所属して数々の大会で結果を残していることが分かります。

動画も残っているのでそれぞれ確認してみましょう!

<関東学生新人戦>

※第2レーン、ゼッケン430番が森佑紀那さんです。

この他にも調べるとしっかりと関東にとどまらず全国レベルで実績を残していることが分かります。

<第93回関東学生陸上競技対校選手権大会※関東インカレ>

※決勝の第4レーン、第1走のゼッケン444番が森佑紀那さんです。

この関東インカレ4×100メートルリレーでも都留文科大学は3位に入賞しています。

http://www.kgrr.org/event/2014/kgrr/93kantou_ic/hp/rel275.html

<第83回日本学生陸上競技対抗選手権大会>

インカレでは1走を務め、予選2着で決勝に進出し7位の成績を残しています。

このように大学に入学してからも陸上を続けていて全国レベルでも戦えるレースを戦っていたことが分かりますね。

http://tsuruunv.sakura.ne.jp/html/rikujyou/H26%20zenkare.html

何かアスリートとして問題があった、スランプがあったとすればそれは中学時代に起因すると思われます。

あいつ今何してるに出演!浅田真央との関係は?

森佑紀那さんは村上佳菜子さんの同級生としてテレビ番組『あいつ今何してる?』に出演します。

また浅田真央さんとのエピソードも語られるようです。

圧倒的な記録で陸上100mで2連覇を果たして以降、大学まで目立った成績を収めることができなかった理由が判明することでしょう。

浅田真央さんは中京大中京高校で4年先輩にあたります。

もちろん、森佑紀那さんがフィギュアスケートに転向したわけではありませんが、二人の間には交流があったようですね!

『あいつ今何してる?』は2019年2月13日19時よりテレビ朝日系列で放送されます。

Sponsored Link