ワタリ119
引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000261.000011446.html

ワタリ119さんは相方のななえさんとキラキラ関係というお笑いコンビを組んでいます。

最近はテレビ番組の出演も増えてきてみたことがある人も多くなってきましたね。

そんなワタリ119さんが注目されてくると気になる話題があります。

それはワタリ119さんが病気で発達障害なのではないか?という噂です。

ワタリ119さんの事をネットで調べると気になる人が少なくないようですね。

本当にワタリ119さんは病気で発達障害なのでしょうか?

Sponsored Link

ワタリ119(キラキラ関係)のプロフィール

ワタリ119さんは相方のななえさんとキラキラ関係というお笑いコンビを組んでいます。

コンビを組むきっかけは二人ともワタナベコメディスクールの23期生で同期だったことにあります。

入学したのが2015年の10月。

そして1年後の2016年9月に卒業しています。

1年間のスクールなんですね。

そして2016年10月からななえさんとキラキラ関係としてプロとして活動を開始します。

ワタリ119さんはボケで”レスキュー!”と叫びながら登場するのがお決まりのパターンなんですね。

相方のななえさんが突っ込みで、主なお笑いの活動場所は漫才です。

現在『さんまのお笑い向上委員会』や『うちのガヤがすみません』でその頭角を現してきていますが、その注目される理由は安全漫才のみやぞんさんを彷彿とさせる天然キャラが受けているからなんです。

また元スマップの木村拓哉さんにも気になる芸人として挙げられていたことも注目される理由となっているようです。

そして、大きく注目を浴びるようになってから発達障害なのではないかとうわさされるようになったんですね。

2018年の2月23日の初出演以降、毎週のように出演するようになりましたから明石家さんまさんも高く評価されているのでしょう。

他にもワタリ119さんが初出演以降何度も出演している番組が『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』で4度ほど出演を果たしています。

お笑い芸人にとってドッキリ番組に出演することは一つのステータスでもありますし、着実にその知名度を上げていっているんですね。

ワタリ119のプロフィール

生年月日:1993年10月24日

年齢:26歳(2019年現在)

出身地:北海道

身長:178㎝

所属:ワタナベエンターテインメント

趣味:スノーボード・ランニング・登山・アメコミ

特技:ロープ結紮

<経歴>

お笑い芸人になる前は消防士として活躍していました。

高校卒業してから消防士になり5年間消防士として活躍します。

子供の頃から戦隊モノに憧れがあって、ヒーローになりたいという夢をかなえたといえますね。

消防士としてはレスキューの大会で全国大会の代表に選出されるほどの実力の持ち主だったんですね。

ワタリ119の名前の由来

ワタリ119の119って何っと思う人もいると思います。

もちろんこの119は救急番号の119ですよね。

ワタリ119
引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000261.000011446.html

このように赤に119と書かれたピチピチのTシャツがワタリ119さんのトレードマークです。

せっかくつかんだ消防士の職業ですが、上司によく怒られていたようでその素質に疑問を持っていたようです。

そして交通事故にあってしまい人の命を救うことができないと考えるようになりました。

そこで、お笑い芸人としての道を第二の人生として選択して、今度はお笑いで人を救おうと考えるようになったようです。

とにかく人のために何か役に立ちたいというのが人生のベースにしっかり定着しているので遅かれ早かれどんなステージでも活躍することは間違いなかったのかもしれません。

Sponsored Link

ワタリ119が病気で発達障害といわれる理由

ワタリ119さんが発達障害といわれる理由は言葉を噛みまくるということが挙げれらています。

このYoutube動画でも冒頭でいきなり噛んでいることが確認できます。

他にもわずか数十秒ほどのPR動画でも噛みまくりだったりするんですね。

テレビ出演で噛むということはまだ慣れていないということも関係しているかもしれません。

ただ、いろんな媒体で噛みまくっているところから発達障害なのではないかという疑問が生まれてしまったんですね。

Sponsored Link

結局ワタリ119は病気で発達障害なのか

気を付けたいのはあくまでも発達障害という噂が一人歩きしてしまっているだけであって、ワタリ119さん自身が発達障害であることを公表をしたわけではないということです。

ネタでボケる時に舌足らずなことがよくあるようで、番組の共演者や芸人仲間からもそれに対して突っ込まれることが多いようです。

発達障害の有名人といえば栗原類さんが有名ですよね。

栗原さん自身は公表もしていて、発達障害と向き合いながら芸能活動を続けていらっしゃいます。

”みやぞん級の新種あらわる”というのがさんまのお笑い向上委員会に出演した時のキャッチコピーですから、自然とみやぞんさんと比べられることになります。

みやぞんさんの天然ぶりは誰もが認めるところではあります。

※もちろんみやぞんさん自身も発達障害を公表していません。

ワタリ119さんの性格や人柄が垣間見えるインタビューがあります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000261.000011446.html

このインタビューはアメリカの大ヒットドラマ「シカゴ・ファイア」の放送開始にあたりその宣伝マンとしてワタリ119さんが起用されたことによるインタビューです。

このインタビューの中でテンパってしまうことを話しています。

そういう性格なんですね。

根がまじめでお笑い芸人になってからはスーツをビシっと決めて司会者をしたり実力派になるというイメージは持っているようです。

それでも、現実は甘くないですし、慣れない現場でテンパってしまうことも自覚しているんですよね。

トークについてもどもってしまうことを自覚しているコメントもしています。


お笑いも頑張っているけど、出動したらテンパっちゃうし、舞台出たら上がっちゃうから、ダメだねってなって。自分の好きな事だったらできると思ったんですけど、ちょっと違いましたね。もうちょっと、(ちゃんと)喋りたかった。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000261.000011446.html

上がっていることを自覚していて、それが元でしゃべりがちゃんとできていないとはっきり答えています。

そして、バラエティ番組に出演すれば人気者になり、同じ番組に何度も呼ばれるほどですから、現実と実力が伴っていないことも当たり前ですよね。

そんな悪戦苦闘しつつもそれが良い具合にお笑いにつながっているわけですから持っている芸人さんなんじゃないかと思います。

さんまさんからは本当に気に入られているようで、『さんまのお笑い向上委員会』はほぼレギュラーのような立ち位置ですし、『踊るさんま御殿』へのゲスト出演も決まっています。

踊るさんま御殿はもちろん初出演となりますが、さんまさんとの共演は何度も果たしているわけですからワタリ119さんの個性がいかんなく発揮される初出演になるのではないでしょうか?

まとめるとワタリ119さんは発達障害なのではなく、もともと極度にテンパってしまう性格が誤解を生んでしまっているといえますね。

これからますますテレビ番組への出演回数は増えていくことは間違いありません。

どんな成長を見せてくれるのか、そんな視点でワタリ119さんを温かく見守っていきましょう!

Sponsored Link