UAE代表,ザック,オマル
引用元:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?218798-218798-fl

アジアカップ2019が面白くなってきました。

準決勝には日本とイラン、そして韓国を破ったカタールとUAEが進出しました。

イランと日本は順当といえますが、逆のトーナメントの山では下馬評の高かった韓国とオーストラリアが敗れました。

アジアの各国の力が均等してきた証拠でしょう。

ますますサッカーが楽しくなりますね。

そこで今回はアジアカップの開催国であり快進撃を続けているUAEにフォーカスを当ててみます。

注目選手はなんといってもオマル選手です。

前回大会では日本を決勝トーナメント初戦で破る原動力となりました。

ただし今大会には参加していないようですが理由は何なのでしょうか?

またUAE代表の監督はザッケローニがつとめています。

強くなったUAE代表にフォーカスを当ててみましょう!

Sponsored Link

UAE代表が強い!

UAE代表はカタール代表とともにアジアカップで旋風を起こしています。

開催国としての意地もあるでしょうが、オーストラリアを破ったのは本物でしょう。

グループリーグでは1勝2分けでノックアウトステージへの進出を決めました。

タイとバーレーンには引き分けて、インドに勝利しました。

1回戦ではキルギスタンに勝利、そして準々決勝でオーストラリアを1-0で破りました。

次戦はカタールと決勝進出をかけて戦います。

ベスト4に勝ち進んだのは日本以外は中近東の国となりました。

Sponsored Link

注目選手はオマル!

UAE代表,オマル
引用元:https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180809/808740.html

オマル・アブドゥッラフマーンのプロフィール

生年月日:1991年9月20日

年齢:27

所属チーム:アルヒラル(サウジアラビア)

ポジション:MF

2016年アジア最優秀選手

2011年のアジアカップで日本の前に立ちはだかったUAE代表。

チーム力は完全に日本が圧倒していて点が取れない展開にうずうずしたファンも多かったと思います。

そして一向に点が入らない展開の中でさらに日本のサポーターをイラつかせたのがオマル選手の存在でした。

とにかく足さばきが上手い。

ひょろっとしている体格なのでフィジカルで負けるわけはないんですが、フィジカルコンタクトの前にボールをうまくさばかれてしまう。

結果的にPK戦で日本は敗れてしまいました。

またロシアワールドカップの最終予選でも日本はUAEに敗れています。

とにかく日本人にとってオマル選手はオーストラリアでいうケーヒル選手のようなものでした。

そしてアジアカップのUAE代表の中心人物はオマル選手のはずでした。

オマル選手はザックUAEでも10番を背負っていました。

ところがクラブチームで重症を負ってしまい代表には招集されていません。

現在所属クラブチームはサウジアラビアのアルヒラルです。

2018年10月21日に行われた試合で膝を負傷してしまい、スペインのバルセロナで手術を受けました。

この怪我がもとで残念ながらアジアカップに出場できなくなってしまったんですね。

UAE代表の16番の選手がアフロでアブドラフマンという選手でオマル選手と錯覚してしまいますが別人です。

プレースタイルのテクニックがあり本当に似ています。

Sponsored Link

監督はザッケローニ

ザッケローニ,UAE代表
引用元:https://www.football-zone.net/archives/134595

UAE代表の監督はザッケローニがつとめています。

ザックジャパンとして2011年のアジアカップを制しました。

オーストラリアとの決勝戦での李忠成選手の決勝点を覚えているファンは多いと思います。

残念ながらブラジルワールドカップではグループリーグを1分2敗と結果を残すことができず、大会終了後に日本代表の監督を辞任しました。

その後は中国スーパーリーグで監督を務めましたが、有力選手がいるにもかかわらず結果を残せずわずか半年ほどで退任してます。

そして2017年10月にUAE代表として新たな監督キャリアをスタートさせたんですね。

UAE代表に就任してからは9試合を消化して2勝4分3敗の成績です。(2018年7月現在)

アジアカップ2019でのこれまでの成績は3勝2分です。

確実に結果を残しているといってよいですね。

イタリアでは「すでに終わった監督」と言われていたザック。

その汚名を挽回するチャンスがアジアカップにあります。

もしUAE代表が優勝したら日本とUAEの2か国を率いて優勝した監督として名を刻むことになります。

是非とも、決勝で日本対ザックUAEの試合を見てみたいです。

Sponsored Link