引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Bunshun_11662/

ヤクルトは悪夢の16連敗を乗り切ったものの調子はあまり上がっていませんでした。

ところが、7月に入り広島戦で3連勝をして、ようやくトンネルを抜けたと思われたところで気になるニュースが飛び込んできました。

それは絶対的なストッパーである石山泰稚選手の登録抹消です。

原因はなんとインフルエンザでした!

以前も登録抹消になり、それが引き金となり16連敗をしたようなものですからヤクルトファンからするととても気になるところです。

また、オールスターへの出場はどうなるのでしょうか?

今回はヤクルト石山投手の登録抹消の原因とその影響を調べてみました。

Sponsored Link

ヤクルト石山泰稚の登録抹消の原因はインフルエンザ!

石山選手は7月4日の広島戦は体調不良でベンチ入りをしていませんでした。

そして、7月5日の公示で登録抹消が明らかとなりました。

石山選手が登録を抹消された原因はインフルエンザに感染してしまったことが原因でした。

具体的にはインフルエンザB型です。

冬場がピークであるはずのインフルエンザに何故7月に発症してしまったのか疑問に思うファンも多いことでしょう。

オールスターへ出場できるか?

石山選手は監督推薦により2年連続3度目のオールスター出場が決まっていました。

悪夢の16連敗をするまでは圧倒的なパフォーマンスで一時は首位に立っていたヤクルトを支えていたといっても過言でもありません。

だからこそ、球宴での活躍を期待しているファンも少なくないでしょう。

2019年のオールスターは下記の日程で行われます。

  • 7月12日(金)東京ドーム
  • 7月13日(土)甲子園

登録抹消を公示されたのが7月5日ですから、オールスターまで1週間しか期間がありません。

インフルエンザは一般的に1週間は安静にしている必要があります。

そのため他球団のスター選手が集まる球宴で万が一にも他選手へ感染してはならないですよね。

そのために欠場する可能性が濃厚でしょう。

小川監督は石山選手のオールスターへの出場について”まだわからない”と答えていますが、ここは割り切って休ませるのが最善かと思われます。

個人的には最近あまり良いニュースがないヤクルトですから球宴で活躍して後半戦への糧としてもらいたい気持ちもあります。

しかし、その気持ちを抑えて後半戦への英気を養ってもらいましょう!

復帰はいつ?

それでは具体的に復帰はいつになるのでしょうか?

7月5日の公示で登録が抹消されましたから再登録まで10日が必要となります。

そのために、7月15日が最短の復帰日となります。

オールスター後のヤクルトの初戦は7月15日の長野での巨人戦です。

なんとか後半戦のスタートには間に合うことになりますね!

Sponsored Link

抹消をプラスに考えて後半戦に期待!

石山選手は7月5日の登録抹消は今季2度目の抹消でした。

1度目は5月6日に上半身の違和感が原因で登録を抹消されています。

この登録抹消に端を発するかのようにヤクルトに悪夢の日々が待ち受けていました。

5月中旬までセリーグをけん引して今年は優勝争いを引っ張ってくれると思っていた矢先に16連敗を喫してしまったヤクルトスワローズ。

この失速の原因は石山選手の登録抹消にあったことは明らかです。

本来中継ぎの選手が石山選手に変わって梅野投手がストッパーを任されたことによって敗戦を喫してしまったんですね。

もし石山選手が健在であれば16連敗を招くことはなかったでしょう。

それでも再登録された6月2日に早くも中継ぎで登板し、連敗を16で止める一因を作ってくれました。

このように今季のヤクルトにとって石山選手の存在は欠かせないものです。

石山選手の不在時に梅野投手も奮闘してくれましたが、結果を残すことができませんでした。

これからという時に2度目の登録抹消は痛いですが、ちょうどオールスターの中休み時期とも重なりましたし、不幸中の幸いととらえて後半戦の活躍に期待しましょう!

Sponsored Link