権田修一,アジアカップ
引用元:https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20171129/675344.html

アジアカップはいよいよ大詰めを迎えていて1月28日に日本代表はイラン代表と対戦します。

FIFAランキングはイラン代表が29位で日本代表は50位です。

カルロスケイロス監督に率いられたイラン代表は優勝候補筆頭といっていいでしょう。

また準決勝でのイラン対日本が事実上の決勝戦といっても過言ではありません。

どうしたらイラン代表に勝つことができるのか。

この問いの中で、一番の懸念事項はゴールキーパーにあるといっていいでしょう。

権田修一選手の出来が勝敗を左右する可能性が高いです。

権田選手についてはミスが相次いだことから下手なんじゃないか?

こんな評価もツイッター上では少なくありません。

もちろん日本代表として選出されている以上下手なわけはないんです。

ただし日本代表ゴールキーパーとしての真価が問われているのは事実です。

どのような点から下手とみられてしまうのか確認してみます。

そして権田選手の代わりに今後日本代表の正ゴールキーパーを任せるとしたら誰が適任なのか。

それでも結論としては権田選手に任せるしかないということに行き着くと思います。

Sponsored Link

権田修一は下手なのか?

アジアカップ2019だけ切り取ってみると権田選手の調子は決して良いとは言えないです。

ただし、権田選手が現状の日本代表の正ゴールキーパーとして抜擢されるのは仕方がないかもしれません。

それでも不安の声が絶えないんですね。

権田修一選手は下手なのでしょうか?

・自信がなさそう

試合に臨む前の問題かもしれません。

メンタル面でとても不安視されているんです。

実際に試合を見ていてもキーパーにボールを戻す度に不安を覚えた視聴者は多かったでしょう。

権田選手は過去にオーバートレーニング症候群を発症したことがあります。

練習のし過ぎでメンタルに異変をきたしていたんですね。

足元が下手

自信がないという不安にもつながるんですが、ベトナム戦での連携ミスが象徴するようにボール回しが下手なんですよね。

自信がないからプレーに影響してしまっているのか。

バックパスはミスなく確実に処理してもらわないと困ります。

Sponsored Link

アジアカップでキーパーのミスの評価は?

一番気になるのがベトナム戦であわや失点を喫する可能性があったプレーでしょう。

連携ミスではなく自らのミスを認めているところは冷静に、そして客観的に評価できているとも言えます。

【ベトナム戦、GK権田のドタバタ劇場が開演。準決勝ではシュミットの起用も視野に入れるべき?】

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00306587-footballc-socc

ただし同じプレーをイラン戦でしてしまったら確実に失点していたと思います。

イラン戦は今大会で一番ゴールキーパーの真価が問われる試合になります。

ロンドン五輪:権田のミス

2012年にロンドン五輪で日本代表は初戦にスペインを破り結果的に4位となり大躍進を遂げました。

このロンドン五輪の守護神が権田選手でした。

ところが、ベトナム戦と同じようなミスを犯していたんですね。

準決勝でのメキシコ戦で決勝点を奪われるきっかけを作ってしまったのが権田選手でした。

扇原選手への安易なパスが失点を招いてしまったシーンです。(3分12秒過ぎ)

今回不安視される原因の一つがこれで、ロンドン五輪でのミスを思い出した人も多かったと思います。

下馬評を覆して正ゴールキーパーの地位を不動のものにできるか、それともその座を追われることになるのか。

イラン戦は日本代表の正念場であると同時に権田選手の正念場といってもいいと思います。

現在はすべてを権田選手に託すしかありませんが、権田選手以外で期待されているゴールキーパーを紹介します。

中村航輔

中村航輔

日本代表の正ゴールキーパーとして一番期待されているのは柏レイソルの中村航輔選手といって良いでしょう。

ツイッターでも期待の声が大きいです。

ただし1年で2度も脳震盪を起こすというフィジカル面での心配が常に付きまとっています。

【日本代表GK中村航輔がまたも脳震盪…他競技は「1年に2度目」を危険視】

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?249983-249983-fl

ロシアワールドカップでの出場も期待されましたが、直前に脳震盪を起こして出場は叶いませんでした。

川島選手が散々叩かれたこともあり、さらにいっそう中村選手の待望論が高まりました。

ところがワールドカップが終わってから7月18日の試合で年間で2度目の脳震盪を起こしてしまったんです。

運が悪いというか、日本代表にとっては痛手あることは確かです。

シュミットダニエル

シュミットダニエル,日本代表
引用元:https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20181004/842443.html

それでは今回のアジアカップで日本代表に選ばれているシュミットダニエル選手はどうでしょうか?

今大会ではグループステージ第3戦のウズベキスタン戦に先発出場を果たしました。

198㎝という長身を生かして危なげないプレーをしたという評価が多いです。

Sponsored Link

それでも権田修一という選択

権田選手が下手だ。

権田選手はミスが多い。

ツイッターで権田選手について検索をかけると、肯定的な評価よりも否定的な評価のほうが多いのが現実です。

これは受け止めなければならない一つの事実です。

それでも結局は権田修一選手に日本のゴールを任せるしかないでしょう。

否定だけで終わっても後味が悪いので、権田選手を肯定的な事実をみて締めたいと思います。

【鳥栖GK権田、中島所属ポルティモネンセ移籍が内定】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00459297-nksports-socc

権田選手が ポルトガル1部ポルティモネンセ移籍が内定しました。

ポルティモネンセは今回のアジアカップでも期待されていた中島選手が所属するクラブです。

これで日本代表のスタメンはすべて海外組ということになります。

もちろんゴールキーパーという評価が厳しいポジションで認められているということですから、この報告は確実に権田選手にプラスに働くはずです。

DFからの信頼

ipadを駆使して最終ラインの選手とコミュニケーションをとっている権田選手。

それに対して槙野選手が評価しています。

この信頼関係はとても重要な要素で、仮にシュミット選手のゴールキーパーとしての能力が勝っていたとしても信頼関係は試合の蓄積がないと培えないでしょう。

またプレッシャーのある中であのベトナム戦でのミスを客観的に、冷静的に評価できるのはすごいです。

とにかく1月28日23時キックオフの日本代表とイラン代表でスタメンに名を連ねるであろう権田選手を応援しましょう!

Sponsored Link