SixTONES,デビュー曲
引用元:https://whoistheone.net/yoshiki/

2020年にCDデビューを迎えるSixTONES(ストーンズ)。

11月27日の日テレ系の音楽番組『ベストアーティスト2019』でデビュー曲を披露しました。

当日明らかになる記念すべきデビュー曲名は…

Imitation Rain

この記事ではSixTONESのデビュー曲”Imitation Rain”について深堀します。

そして歌詞には紅が入っているんですね!

SixTONESファンだけでなく、ジャニーズ以外、そしてYOSHIKIファンも共感するデビュー曲となったようです。

またデビュー曲はX JAPANのYOSHIKIさんが作詞作曲した楽曲になるんですね。

なんとジャニーズのグループに楽曲を提供するのは初なんです。

YOSHIKIさんがSixTONESに楽曲提供するに至った理由も調べてみました!

Sponsored Link

SixTONESのデビュー曲名はImitationRain!

SixTONES,ストーンズ,デビュー曲名
引用元:https://realsound.jp/2019/07/post-393956.html

SixTONESのデビュー曲は11月27日に放送される日テレの音楽番組『ベストアーティスト2019』の中で初お披露目されました。

後述しますが、X JAPANのYOSHIKIさんがジャニーズに初提供することになる記念すべきデビュー曲にもなるんですよね!

その曲名は『Imitation Rain』

Imitation”は模倣や作り物を意味です。

直訳すると”作り物の雨”

そしてなんと歌詞に『紅』が含まれているんです!

Sponsored Link

歌詞に紅が入っている意味

SixTONES,ストーンズ,デビュー曲名
引用元:https://nonmedia.net/sixtones_member/

SixTONESは、X JAPANのYOSHIKIから提供されたミディアムロックナンバー「imitation Rain」。ジェシー(23)はメンバーを代表し「YOSHIKIさんの世界観が伝わるように歌いたい」と意気込み。前奏は美しいピアノの旋律が印象的で、メンバーはピアノを弾くようなポーズの振り付けも。「紅に染まるように 雨に打たれて」とX JAPANの代表曲「紅」を思わせる歌詞も盛り込まれた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000106-dal-ent

紅』は誰もが知っているX JAPANの代表曲ですよね!

歌詞に紅が注入されたことでYOSHIKIさんのSixTONESに対する愛情を感じることができます。

また同時にSixTONESに新しい時代を切り開いてほしいという願い、期待値の高さがうかがえます。

紅が歌詞に入ったことで、ジャニーズファンにとどまらずXファンの共感も得ることができるのではないでしょうか?

わずか1文字ですが影響力は絶大ですね!

また曲名のImitationRainも同じくXJAPANの名曲EndlessRainを彷彿させます。

実際に聞いてみてもXファンにも共感が得られるメロディと歌詞で、YOSHIKIさんらしい楽曲でしたね!

めちゃくちゃかっこよかったです!

Sponsored Link

YOSHIKI,XJAPANファンの共感

SixTONES,trackone,口コミ,感想,評価
引用元:https://taa-channel.com/sixtones-namae-yurai-yomikata-1702

期待が高まるデビュー曲ですが、すでに生演奏後に多方面からの絶賛の声でSNSはあふれていました。

そしてSixTONESファンにとどまらず、YOSHIKIやXファンから絶賛の声が上がっています。

YOSHIKIさんが作詞作曲&プロデュースをしたということは予想以上の反響がXファンの間に生まれたようです。

ジャニーズとX。

双方のファンが交わることはないとおもっていたのでとても新鮮ですね!

YOSHIKIがSixTONESに楽曲提供をした理由

YOSHIKI,楽曲提供
引用元:https://whoistheone.net/yoshiki/

SixTONESの記念すべきデビュー曲。

YOSHIKIさんが初めてジャニーズのグループに楽曲提供&プロデュースすることでも話題となっているデビュー曲でもあるんですね。

どんな経緯でYOSHIKIさんがSixTONESに楽曲提供することになったのでしょうか?

ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(37)がオファーし、ジャニーズタレントへの初の楽曲提供が実現。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000011-sanspo-musi

きっかけはジャニーズ事務所の社長に就任した滝沢さんがYOSHIKIさんにオファーしたことでしたが、当初は断るつもりだったようです。

あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また「SixTONES」が海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191119-00212996-the_tv-ent

ここ最近日本のアーティストに楽曲を提供することがまれで、かつこれまでジャニーズのグループに楽曲を提供をしたことがなかったYOSHIKIさん。

また多忙でスケジュールが過密だったということ。

それでも滝沢社長の熱意に心を動かされたんですね!

滝沢社長の熱意とSixTONESへの共感

YOSHIKI,SixTONES,楽曲提供
引用元:https://www.cinematoday.jp/interview/A0005398

具体的にYOSHIKIさんが楽曲提供を決断した理由は、

滝沢社長の熱いオファーがまずあり、そしてSixTONESが海外での活動を視野に入れていること、そして目標や思い描く夢にYOSHIKIさんが共感したことでした。

これだけお互いの強い思いが込められたYOSHIKIさん提供のデビュー曲です。

もしかしたら、「Track ONE IMPACT」のツアーでYOSHIKIさんがピアノを弾いてSixTONESとコラボをする姿が見られるかもしれませんね!

ジャニーズ事務所としても2020年末で活動休止を発表している嵐に変わる看板グループに育ってほしいという思いもあったでしょう。

デビュー曲を披露した後はこれまで以上にSixTONESが注目されていくことは間違いないでしょう!

Sponsored Link