大谷翔平,消えた天才
引用元:https://number.bunshun.jp/articles/-/830840

2018年は大谷翔平選手は怪我がありましたが、

エンゼルスで十分2刀流で通用することを証明させました。

そして、見事新人王を獲得しましたね!

こんな無双状態ですが、

大谷選手に適わなかった選手が過去にいなかったわけではありません。

消えた天才で大谷翔平選手が野球で勝てなかった選手をまとめてみました。

Sponsored Link

田端良基(大阪桐蔭)・大谷翔平から甲子園で唯一ホームランを打った天才打者

田端良基,消えた天才
引用元:https://vk.sportsbull.jp/koshien/senbatsu2012/photo_02/0014AGMC.html

大谷翔平選手から甲子園で唯一ホームランを打ったのは、

大谷選手の花巻東と対戦した大阪桐蔭の選手であった田端良基さんです。

大阪桐蔭は今年2度目の春夏連覇を果たし、

根尾選手や藤原選手をはじめ多くの所属選手が、

プロ入りを勝ち取ったことでも有名ですよね。

今年の大阪桐蔭は最強といっても過言ではないでしょう。

そして1度目の春夏連覇を果たしたチームに現在阪神タイガースで活躍している、

藤浪晋太郎投手がいました。

田端良基,消えた天才
引用元:https://vk.sportsbull.jp/koshien/94/zenkoku/photo_3/2012082201_05.html

そのチームメイトが田端さんだったんです。

田端良基の現在

現在は大阪の道頓堀の近くで

バーを経営したり、オーダーメイドのスーツを作る会社を経営しています。

野球以外でも経営者としての才能を持ち合わせていて、

年商一億円という経営者になったんですね!

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。

【関連記事】田端良基は現在の職業がすごい!経営しているBARの場所はどこ?

Sponsored Link

横塚博亮(世田谷西リトルシニア)大谷翔平から中学時代、完封勝利した日本代表の天才投手

横塚博亮,消えた天才
引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=23&v=ctQOfG_Edn4

大谷翔平選手が通った中学は奥州市立水沢南中学校です。

地元のシニアリーグの一関リトルシニアに所属して全国大会に出場するほどの強豪チームでした。

完封勝利を収めた投手とはいったい誰なのか?

世田谷西シニアに所属していた横塚博亮選手です。

世田谷西シニアはそのまま全国大会で優勝します。

横塚博亮選手と大谷翔平選手が実際に対戦したのは、

2009年のリトルシニア全国選抜野球大会の1回戦です。

中学生にもしドラフトがあれば間違いなく注目選手の一人になっていたでしょう。

何故かというと、大谷選手擁するチームから完封勝利を収めただけでなく、

以下のような実績を残しているからです。

全国大会(中学) 中学1年
2007年リトルシニア全国選抜野球大会(ベスト8)
2007年リトルシニア日本選手権大会(1回戦)
中学2年
2008年リトルシニア日本選手権大会(優勝)
中学3年
2009年リトルシニア全国選抜野球大会(優勝)
2009年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2009年ジャイアンツカップ(優勝)

引用元:https://www.kyureki.com/player/42739/

毎年全国大会に出場していて、さらに中学2,3年時には優勝を果たしています。

高校は桐蔭学園に進みます。

大阪桐蔭と誤解されやすいですが、神奈川にある高校ですね。

ただし、高校に進学してからは目立った活躍はできませんでした。

それでも野球を辞めたわけではなく、

大学も国士館大学に進み、野球を続けます。

その時にスポーツライターが書いた記事があります。

球筋、フォームなどを見ると伸び悩みせず伸びていたら、ドラフト候補として注目される投手になっていたと思う。

引用元:https://www.hb-nippon.com/player/4457

高校時代にとても悩んでいたことがわかりますね。

横塚博亮の現在

子供に人気の職業ということは、

もしかしてユーチューバー?

それともゲームクリエイターか?

引きつづき確認してみます。

【関連記事】横塚博亮の現在の職業は子供に人気!高校で活躍できなかった理由は?

Sponsored Link

二橋大地(盛岡大附属高)・大谷翔平の甲子園行きを阻むホームランを打った天才打者

二橋大地,消えた天才
引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120718-985522.html

甲子園を阻むホームランを放ったのは盛岡大附属の二橋大地選手です。

2012年の夏の甲子園の岩手県予選決勝で大谷翔平選手擁する花巻東と対戦したのが、

盛岡大附属でした。

この試合で夏の甲子園行きを阻む決勝ホームランを放ったのが二橋大地選手だったんですね。

『消えた天才』では二橋選手が一番感情移入してしまう可能性が高そうです。

というのも、既にスーパースターだった大谷翔平選手擁する花巻東の

甲子園を阻んでしまったことで大騒動に発展してしまったからです。

もちろん本人が悪いことをしたことではないので悲劇性があります。

二橋大地のホームランが巻き起こした大騒動

原因は二つあります。

  • 打ったホームランはファールだった可能性

ホームランと判定したのは審判なので、二橋選手に責任はないわけですが、

以後判定になっとくの行かないファンからクレームが入りました。

このスリーランホームランで盛岡大附属高は甲子園出場を決めました。

  • 奥島高野連会長の失言

何度聞いてもひどいですね・・・

大谷選手が見れなかった。

これは盛岡大附属高に対する配慮がなく冒涜といってもよいでしょう。

もちろん高野連にはクレームが殺到したようです。

二橋大地の現在

現在二橋さんは三菱日立パワーシステムズで野球を続けています。

余談となりますが、この企業名、野球以外でピンときた人は経済通です。

三菱日立パワーシステムズは国内初の司法取引が適用となった企業なんですね。

そして、2例目がカルロスゴーン会長が逮捕された日産に適用されました。

【関連記事】二橋大地は現在も消えた天才じゃない理由!ドラフトの可能性は?

Sponsored Link

伊藤拓郎(帝京高校)・大谷翔平より速かった!高校1年日本最速記録を持つ天才投手

伊藤拓郎,消えた天才
引用元:http://www.koukouyakyu-no-hoshi.com/itsuzai/2011itsuzai/itoh%20takuroh.html

148km。

このスピードが高校1年生の日本最速記録です。

この記録を打ち立てたのは、帝京高校の伊藤拓郎投手です。

それまでは現在日本ハムファイターズで活躍している

中田翔選手が持っていた記録を塗り替えました。

高卒→プロ入り

高校卒業後は、横浜ベイスターズドラフト9位で指名され入団しました。

ところがプロ人生は短く3年でプロ生活に終止符を打ちました。

一軍で2試合に登板にとどまりました。

高校1年時の記録からわかるように、

大谷翔平選手や中田翔選手よりを上回る記録を持っていた選手が、

どうして伸び悩んでしまったのでしょうか?

その原因は怪我と指導者不在にありました。

高校2年時に怪我をしてしまったこと。

また、それと同時に投手を育てる指導者が不在となってしまったことで、

才能がつぶれることになってしまいました。

それでもプロ入りを果たしましたから、

伊藤さん本人の努力は並々ならぬものがあったといえます。

伊藤拓郎の現在

プロ引退後はBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスで野球を続けました(2017年引退)

現在は新日鐵住金鹿島硬式野球部で野球を続けています。

4人それぞれ今も輝いている

消えた天才で大谷翔平選手がかなわなかった天才選手たちが誰なのか迫ってみました。

冷静になってこの4人で本当に”消えた天才”なのは、

横塚博亮選手がとびぬけているかなとおもいます。

高校の時に伸び悩んだのは怪我が影響しているようですし、

中学時の圧倒的な実績から考えても、

”消えた”天才といえるでしょう。

Sponsored Link