新宿,千駄ヶ谷,車暴走,場所
引用元:googleマップ

1月16日の1次35分頃に新宿駅のすぐ近くで車の暴走事故が発生しました。

今年になってから原宿の竹下通りで暴走事件が発生したばかりですから、またかと不安になった人もいるでしょう。

平日の日中、しかも新宿駅付近ということもあり人通りもかなりあったはずです。

実際にどの場所で車暴走事故が起きたのか場所を地図で確認します。

そして車暴走は何故起きたのでしょうか?

竹下通りの暴走のように事件なのか、それとも単なる交通事故なのか?

Sponsored Link

新宿(千駄ヶ谷)車暴走の場所!【地図】

新宿駅から南に100mほどの場所で事故は発生しました。

実際の住所は渋谷区千駄ヶ谷5丁目ですが、新宿駅にほど近いので新宿で起きた事故といって良いでしょう。

午後1次35分ころなので人通りも多く、7人がけがを負いました。

まずはgoogleマップで場所を確認してみます。

新宿,千駄ヶ谷,車暴走,地図
引用元:googleマップ

新宿駅南口や、新宿タカシマヤから目と鼻の先であることがわかります。

そして明治通り沿いなので車の交通量はとても多い通りなんですよね。

新宿駅,千駄ヶ谷,車暴走,場所
引用元:googleマップ

この赤丸の木に衝突して車は止まりました。

右奥に新宿タカシマヤが確認できます。

衝突して止まるまで30m暴走し、7人も巻き込んでしまいました。

運転していたのは79歳の男性です。

新宿,千駄ヶ谷,車暴走,場所
引用元:googleマップ

逆方向に目を向けると特徴的なドコモのビルも確認することができます。

Sponsored Link

目撃者のツイートまとめ

これほど人がたくさんいる場所での車暴走ですから、もちろん目撃者も多数いるわけです。

そしてオフィス街でもあり、様々な視点からの画像がツイートされています。

いくつか確認してみましょう。

明治通り沿いということで、大変車の交通量が多い中で亡くなった人がいなかったのが不幸中の幸いです。

ただし、ぐったりしている男性がいたり、頭から血を流されている人がいたりと重症者は出てしまいました。

この車暴走は果たして単なる事故なのか、それとも年初を騒がした事件と同類のものなのか、どちらになるのでしょうか?

Sponsored Link

事件?それとも高齢者の事故か?

今のところ事件性はないようです。

7人も被害にあわれたので過去に起きた秋原場無差別暴走事件や年始の竹下通り暴走事件を想起した人も多いでしょう。

車を運転していたのは79歳の高齢の男性です。

認知能力に難があったのでしょう。

事故を起こした理由を本人は以下のように話しています。


運転していた男性は「お茶にむせて吐いてしまい、ブレーキかアクセルを踏み込んだ。気が付いたら事故を起こしていた」などと説明している

https://www.sankei.com/affairs/news/190116/afr1901160015-n1.html

お茶はどうでもよく、ブレーキとアクセルを踏み間違える時点でこの男性に車を運転することはこれから絶対に避けてもらい、運転免許証も自主返納してもらいたいです。

分かっている情報をまとめると以下のようになります。

被害者:7人が重軽傷

加害者:79歳男性

場所:千駄ヶ谷5丁目のローソンの目の前。

   新宿駅から100mほど南の明治通り沿い。

   タカシマヤのすぐ近く

車種:黒のホンダFIT(横浜ナンバー)

原因:アクセルとブレーキの負見間違い

高齢者の常識ではありえない危ない運転が多くの事故を引き起こしています。

免許証更新の際は認知能力テストをさらに厳格にしてほしいです。

今回の事故は不幸中の幸いで7人の負傷者は出ましたが亡くった方は出ませんでした。

高齢の79歳の運転手にはこの事故を猛省してもらいたいです。

そしてこんな事故が続くと自動運転の世界が早く訪れてほしいと思います。

Sponsored Link