池江璃花子,白血病
引用元:https://mdpr.jp/news/detail/1821505

フィギュアスケートの紀平梨花選手が4大陸選手権で優勝し、海外の大会で5連覇を飾ったり、テニスの全豪オープンでは大坂なおみ選手が優勝しました。

最近は女子アスリートの明るい話題が続いていましたが、突如目を疑うようなニュースが飛び込んできました。

それは水泳の池江璃花子選手が突如白血病にかかってしまったというニュースです。

2020年に開催される東京オリンピックでの活躍を期待されていた池江さん。

それどころではなく、まずは白血病を完治・寛解させてほしい気持ちでいっぱいです。

公表後に水泳の元日本代表の北島康介さんがコメントを出しています。

池江選手の白血病のニュースを受けて海外ではどのような報道がされているのでしょうか?

海外のメディアの反応を確認してみましょう。

Sponsored Link

池江璃花子が白血病を公表

本人も混乱していると書いているように、とても受け止められな現実を前に心中察します。

Sponsored Link

海外メディアの反応は?

世界的に活躍していた水泳選手なので海外も大きく報道しています。

ロイター通信

https://www.reuters.com/article/us-swimming-japan-ikee/swimming-tokyo-olympics-medal-hopeful-ikee-diagnosed-with-leukemia-idUSKCN1Q10M4

Swimming: Tokyo Olympics medal hopeful Ikee diagnosed with leukemia

池江さんが東京オリンピックを諦めていないこと。

そしてコーチの三木次郎さんが可能性がゼロではないとコメントしていることを紹介しています。

ニューヨークタイムズ

Japanese Swimming Star Rikako Ikee Diagnosed With Leukemia

タイトルにもあるようにニューヨークタイムズは池江選手の事を” Japanese swimming star Rikako Ikee ”と評しています。

リオ五輪で6位に入賞したことに触れ、東京五輪でどれほど期待された水泳選手であるかを書いています。

ABC News

https://abcnews.go.com/Sports/wireStory/japanese-swimming-star-rikako-ikee-diagnosed-leukemia-61011500

Japanese swimming star Rikako Ikee diagnosed with leukemia

基本ニューヨークタイムズと同じ記事内容です。

有名人の反応

これだけ衝撃的なニュースですから有名人も多数コメントをツイッターにのこしています。

いくつか紹介してみます。

吾郎丸歩(ラグビーワールドカップ代表)の反応

シンプルで一見そっけないコメントにも見えます。

ただ今年日本で開催されるラグビーワールドカップで世界と戦う五郎丸選手です。

同じく五輪で世界と戦うために準備をしてきた池江選手が病気を治すために離脱しなければならない現実に対して心を痛めているのでしょう。

渡辺謙の反応

俳優として世界で活躍している渡辺謙さんも過去に白血病を発症しています。

池江さんの気持ちも痛いほどわかるでしょう。

渡辺さんは1989年に映画『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症して降板しました。

当時渡辺さんは30歳。

池江さんは世界に誇るアスリートとはいえまだ18歳です。

俳優として油の乗っていた30歳の渡辺謙さんでさえ、当時絶望に苛まれていたのですからいきなり病気を告げられた池江選手も気持ちを整理するのが難しいと思います。

Sponsored Link

完治・寛解の可能性は?

白血病のイメージとしてはガンのようにとても重度の病気であり完治することが難しいイメージがあります。

そして、仮に完治したとしても今まで通りの生活、つまりアスリートとして戻ってこれるかどうかがとても不安でなりません。

まずは、ご本人の報告のツイッターを受けて続々とリツイートがされているわけですが、その中でも池江選手と同様に白血病と戦い、そしてそれまでの生活を取り戻した方のコメントが多数寄せられています。

いくつか紹介します。

このように池江さんと同じ白血病を発症しそして寛解した方のツイートが寄せられています。

中には半年で寛解された方もいらっしゃるようです。

東京五輪まで2年を切っている中で、そして代表選考にも勝ち残る必要がある状況です。

最近ではサッカーアルビレックス新潟に所属する
早川史哉選手が白血病を克服し2年ぶりにチームに復帰しました。

渡辺謙さんは闘病生活1年で復帰しています。

18歳で発症した当時池江選手と同じ年の女優がいました。

それは女優の吉井怜さんです。

女優の吉井怜さんが発症してから芸能界に復帰するまでに約2年ほどかかっていますが、吉井さんが発症したのは2000年のことです。

すでにそれから19年の歳月か経っていますから、治療方法も当時とは比べ物にならないほど進歩しているでしょう。

期間だけでみたら東京五輪に間に合うことは十分可能性があるといって良いでしょう。

まずは白血病と向き合い完治させることが大切です。

東京五輪で池江選手の姿を見たいというファンは多いですが、そこだけを見るのではなく、それを差し置いて白血病が治ることを祈りたいです。

Sponsored Link