引用元:https://twitter.com/dennotai/status/1186492354066149376?s=20

10月22日に即位礼正殿の儀が執り行われました。

当日は台風の影響もあり、雨の予想がされていました。

ところがなんと驚くことにタイミングよく晴れただけでなく虹も出たんです!

以前から言われていましたが、天叢雲剣や天照大神の効果が大きいかもしれません。

Sponsored Link

即位礼正殿の儀で虹!

雨が予想された即位礼正殿の儀。

朝から雨が続く中で、なんと式典の始まる13時前から徐々に晴れ始めました。

誰も予想できなかった展開に感動を覚えますね!

確かに皇室にゆかりのある竹田恒泰さんは前日から必ず晴れると予想していました。

このツイートを見たときは、正直台風直撃で晴れることはないだろうと高をくくっていました。

ところが竹田さんの予想通り、まるで即位礼に合わせるかのように晴れ間が見えそしてそれを彩るかのように虹が発生する。

この現実にはとてつもない感動を覚えます。

Sponsored Link

10月22日の天気予報は雨だった

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00011406-weatherv-soci

きょう10月22日(火)の全国の天気をウェザーニュースキャスターの檜山沙耶がお伝えします。
台風20号から変わった温帯低気圧が東日本を通過し、近畿から東北南部にかけて局地的に大雨となる恐れがあります。太平洋側沿岸では風も強いため、横殴りの雨になりそうです。土砂災害や新たに冠水などが発生する恐れがあるので、急な斜面や崖・河川などの危険な場所には近づかないでください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00011406-weatherv-soci

このように即位礼正殿の儀の当日の天気予報は残念ながら雨の予報でした。

台風19号の爪痕が強く、即位パレードは来月に延期になっていました。

そんな中でさらに新たな台風が接近している影響で当日の予報は雨。

そして案の定10月22日は午前中から雨が降っていたんですね。

実際に儀式が行われたのは雨を意識した場所だったので天気は味方してくれないことが大方の予想でした。

Sponsored Link

雨が降ったのは天叢雲剣の影響?

引用元:https://www.ironfactory-castem.com/SHOP/RO10005.html

天叢雲剣は”あまのむらくものつるぎ”と読みます。

三種の神器の一つです。

この天叢雲剣にちなみ「天皇の代替わりの時には雨が降る」という伝承があり、当日その通りに雨が降ったといいます。

つまり今日の天気に合わせると、午前中に雨が降り続けたのは 天叢雲剣の影響が強いのではないかということです。

神話が本当に現実になるのか?

中二病のファンタジーかと嘲笑する声もあるでしょう。

それでも礼正殿の儀に合わせるかのようにタイミングよく晴れるという事実は、どうしても心が高ぶりますよね!

晴れたのは天照大神のおかげ?

まるで即位礼正殿の儀に合わせるかのように雨が突如として止みそして、虹が顔を出したこと。

これには、天照大神の力が働いたのではないかという声が多く飛び交っています。

天照大神とは?

太陽の神であり皇室の祖神でもある天照大神。

読み方は”あまてらすおおみかみ”と読みます。

一般的には女性説が有力です。

その理由としては、 『日本書紀』ではスサノヲが姉と呼んでいることが挙げられます。

そして「天の岩戸の隠れ」神話が有名ですが、太陽神と呼ばれる天照大神が岩戸に隠れたことで闇が生まれ、そして岩戸から出てくることで光が差しました。

簡単に言うと天照大神が今回の礼正殿の儀に際して祝福してくれたのだろうという想像です。

富士山も初冠雪で祝福

晴れ間が見えたことで、またさらなる偶然が重なりました。

それは富士山の初冠雪も祝福に彩りを加えているようです。

例年だと9月末ごろに初冠雪が記録される富士山。

昨年と比較しても26日も遅い初冠雪でした。

初冠雪がこの即位の礼に合わさることも単なる偶然で片付けられないような気持ちになりますね!

令和が良い時代となりますように

雨の予報が即位の儀の始まりとともに晴れて虹が出たという事実。

人知を超えた何か大きな力が働いたとしか思えない空の演出です。

とにかく幻想的で特別な1日となったのは間違いありませんね。

令和の時代がいよいよ本格的に動きだす象徴のようでもあります。

台風19号の影響がまだ根強いですが、なんとか新しい令和の時代をよい時代に作っていきたいものですね。

Sponsored Link