芸能記事

【画像】未確認飛行物体(仙台)はラジオゾンデ?風船爆弾の可能性も?

仙台,未確認飛行物体

仙台で未確認飛行物体が発見されました。

見たことがない形でとても不気味です。

一部の情報によるとラジオゾンデなのではないかと言われています。

ラジオゾンデとはどんなものなのか?

また多数上がっている目撃情報もまとめてみました。

 

 

仙台で未確認飛行物体が確認される

仙台市南西部の上空で17日朝、風船のような丸い物が浮かんでいるとの目撃例が、相次いで河北新報社に寄せられた。仙台管区気象台は「全くもって不明。宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からない」と困惑した様子で話す。
 物体は白く、十字状の物をぶら下げている。目撃者によると、少なくとも午前4時ごろから同じ位置に浮いたままだという。
引用元:gooニュース

2020年6月17日未明に仙台で所属不明の白い未確認飛行物体が確認されまいた。

”仙台管区気象台は「全くもって不明。宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からない」と困惑した様子で話す。”

このように仙台管区の気象台が各方面に確認したにもかかわらず”全くもって不明”と答えています。

午前4時という早朝から確認されていたということは暗いうちからひっそりと打ち上げられたものなのでしょうか?

未確認飛行物体の画像

仙台,未確認飛行物体

こちらが目撃された正体不明の未確認飛行物体です。

目撃情報が多数ありかなりの人がSNSにその画像を投稿しています。

一部ではラジオゾンデなのではないかと言われています。

仙台の未確認飛行物体はラジオゾンデ?

ネットの声を調べてみると、ラジオゾンデなのではないかという声が少なくありません。

そもそもラジオゾンデとはどのようなものなのでしょうか?

ラジオゾンデとは?

ラジオゾンデは、上空の気温、湿度、風向、風速等の気象要素を観測する気象観測器です。 気象庁では、ラジオゾンデをゴム気球に吊るして飛揚し、地上から高度約30kmまでの大気の状態を観測しています。 ラジオゾンデによる高層気象観測は、世界各地で毎日決まった時刻(日本標準時09時・21時)に行われており、気象庁では、全国16か所の気象官署や昭和基地(南極)で実施しています。 この他、海洋気象観測船でもラジオゾンデによる高層気象観測を行っています。 ラジオゾンデによる高層気象観測で得られたデータは、天気予報の基礎である数値予報モデルや、気候変動・地球環境の監視、航空機の運航管理などに利用されています。
引用元:気象庁

ラジオゾンデにその姿は確かに似ています。

ところが、冒頭に引用した仙台の気象台の発表によると”まったくもって不明”と回答しています。

そうなるとラジオゾンデの可能性は限りなく低いとみて良いかもしれません。

仙台の未確認飛行物体の特徴は?

・2020年6月17日未明(午前4時ごろ)には確認
・仙台管区気象台が情報をつかめていない
・一つの場所にとどまり続けている

仙台の未確認飛行物体はラジオゾンデ以外の可能性も

情報を精査すると一番多いのが仙台の未確認飛行物体がラジオゾンデではないかという声です。

ただし、ラジオゾンデ以外にも声が上がっています。

飛行機ラジコン説

https://twitter.com/ocarupo_jp/status/1273078857633951744?s=20

まず一つ目が飛行機ラジコン説です。

未確認飛行物体,自立滑空回収実験

未確認飛行物体と飛行機ラジコンはかなり似ているように見えますね。

この飛行機ラジコンですが公的機関が所有するものだとすれば、気象台が把握していないのはおかしい気がします。

となると、かなり似ているものであったとしても飛行機ラジコン説も疑わしいでしょう。

J-CASTニュースが取材を申し込んだところ、福岡大学の林研究室は今回の未確認飛行物体について”うちのものではない”と否定しています。

風船爆弾説

怖いのは他国の機器であった場合です。

同時期に北朝鮮がケソン工業団地の建物を報復で爆破したという報道がありました。

公的機関が把握していな飛行物体なので可能性がゼロではないでしょう。

仙台の未確認飛行物体の目撃情報まとめ

最後に多数の目撃情報が挙がっているネットの声をまとめてみました。

 

6月17日14時時現在でも未確認物体の正確な情報はつかめていないようです。

オチがつくような些細な物体であればよいですが、大ごとになる可能性も捨てきれない状況です。

東アジアが緊張状態にあることは間違いないですし、早く所在が明らかになることを願うばかりです。