BTS
引用元:https://www.billboard.com/articles/columns/k-town/8484226/bts-t-shirt-issue-japan-korea-kpop-history

防弾少年団(BTSが)原爆のTシャツを着ていたことで、

それをきっかけに11月9日に出演予定だった『ミュージックステーション』への出演が中止となりました。

先月末の徴用工訴訟問題も重なり、

日韓関係が神経質になっている中出演することは難しかったでしょう。

しばらくは沈静化すると思われいましたが、

なんと今度は原爆ブルゾンをMVで来ていたことが発覚しました。

日本で活動する韓流グループであるにもかかわらず、

何故ここまで感情をあおるような行動ばかりするのでしょうか?

防弾少年団問題についてここまでの経緯と、この問題に対する海外での反応を確認してみます。

Sponsored Link

防弾少年団(BTS)の反日問題

防弾少年団はアメリカで2018年5月に初登場でビルボードチャートの1位を獲得したり、

TIMEの表紙を飾ったりと韓国国内だけでなく評価を得ていることは事実です。

そして、日本でも人気があり、エムステをはじめとする音楽番組への出演は見送られましたが、

自身のツアーが中止されることがないことからそれなりのファンもいるといっていいでしょう。

そんな彼らが何故一番感情を揺さぶられる原爆の写真が描かれたTシャツを着たのか理解できません。

そして、さらにTシャツだけにとどまらず、

原爆の写真が描かれたブルゾン、いわゆる原爆ブルゾンを着ていたことも判明しました。

実際の動画を確認してみましょう。

Sponsored Link

原爆ブルゾンを着ているMV【動画】

実際に原爆ブルゾンを来ているシーンは1分47秒くらいからです。

原爆ブルゾンでなければ、何ら問題のない動画です。

原爆Tシャツについてはそのデザイナーが謝罪することで終息はしそうです。

そしてこの原爆ブルゾンを着用しているメンバーは一体誰なんでしょうか?

原爆ブルゾンを着用しているメンバーは誰?

原爆ブルゾンを着用しているメンバーは

RM,キムナジュンといいます。

作詞作曲を担当しているので主要メンバーといって良いでしょう。

ちなみに原爆Tシャツを着ていたのがジミンというメンバーです。

ただ、このBTSというグループをプロデュースしている人たちの意図であり、

RMは逆に被害者なのでは?

このような声もあります。

ところが、そもそもBTS自体が政治的な発言をするグループであることで知られています。

握手会でいくら『日本の事が好き』といっても、

もしそうであるならば、原爆のTシャツやブルゾンを着る感覚が理解できませんね。

Sponsored Link

海外の反応は無視できない

海外メディアの反応を見てみましょう。

参考の記事はアメリカCNNとビルボードの記事

海外の反応:ビルボード

Tシャツ着用が問題視されエムステ出演が中止となったことを受けて書かれた、

ビルボードのBTSに関する記事です。

More Than a T-Shirt: BTS’ Canceled Appearance Underlines Japan & Korea’s Awkward K-Pop Relationship【英語】

全編英語で書かれているのですが、

あたかもこの問題が起きたのが日本側にあるかのような誤解を招く論調なんですね。

構図は徴用工判決問題と共通しています。

徴用工問題で海外の反応は?国際司法裁判所(ICJ)に提訴の可能性も

 

海外の反応:CNN

【英語】BTS performance in Japan canceled amid anger over atomic bomb shirt

The Korean Peninsula was colonized by Japan from 1910 to 1945

 

淡々と事実を伝えているように見えます。

ただし、その背景を伝える記事でやはり第2次世界大戦のことに触れられていて、

韓国は日本の植民地だったと書かれています。

根本的に日本が悪いという論調

もしTシャツ問題以外の政治的な問題が起因している中止なのであれば、

そもそも今回だけでなく、過去にも日本での活動自体出来なかったはず。

Tシャツ問題を慰安婦問題と相殺するような書き方なんですよね。

まだ解決していない問題として取り上げられています。

この慰安婦問題についてはすでに2014年に賛否はあれど、

最終的な解決が日韓両国政府によってなされています。

それが、認知されていないんですよ。

韓国の人たちにも海外のメディアにも。

何か韓国の人が日本人の感情を逆なでするような今回のような行動が発覚すると、

必ずこの問題に原因があるかのような論理のすり替えをしてきます。

中止になったことを差し置いても本来は韓国側が反省すべき問題が、

日本側に起因する問題にすり替えられてしまいます。

日本国内では解決済みだと思われいることが海外では全く認知されていない。

これからも同じことが起こるでしょう。

原爆ブルゾンについても同じ。

韓国のロビー活動のたまものといっていいです。

たかがTシャツで過剰反応しすぎという意見もちらほらありますが、

ハーケンクロイツのTシャツでドイツを歩けるか?

9・11のツインタワー崩壊のTシャツでニューヨークを歩けるか?

なんでも日本が悪いという韓国だけでなく、アメリカの反応も深刻です。

Sponsored Link