越智隼人,消えた天才,川島永嗣
引用元:https://japaneseclass.jp/trends/about/%E8%B6%8A%E6%99%BA%E9%9A%BC%E4%BA%BA

越智隼人さんは元Jリーガーで川島永嗣さんと中学時代に先発でチームメイトでした。

川島選手といえば南アフリカワールドカップからロシアワールドカップまで日本代表の守護神として活躍してきた選手です。

この川島選手をして天才と評されていたのが越智隼人選手なんです。

もちろんプロ入りしたわけですが、Jリーグでは目立った成績を残すことができませんでした。

何故活躍できずに引退したのか?

また越智隼人さんは現在何をされているのでしょうか?

また中学校時代にチームメイトだった川島選手との関係や、プロとして活躍できなかった理由に迫ってみます。

Sponsored Link

越智隼人のプロフィール

生年月日:1982年7月17日

年齢:36

身長:175㎝

出身地:埼玉県上尾市

利き足:左

中学時代:埼玉選抜チーム

<経歴>

○プロ入り前

・尾山台イレブン
・上尾サッカークラブ


・横浜フリューゲルスユース 同期:坂田大輔・田中隼磨
・ 横浜F・マリノスユース 1年先輩・石川直弘

クラブユースサッカー選手権優勝

○プロ入り後

・2001年-2002年:セレッソ大阪
・2003年-2004年:モンテディオ山形

Sponsored Link

越智隼人の現在は?

越智隼人さんは現役引退後はSFCジェラーレのコーチと山形県トレセンのコーチを務めていらっしゃいます。

プロサッカー選手としての期間は短かったですが、後進を育てる仕事を生業にされています。

その他スカパーでモンティディオ山形のホームゲームでの解説を務めています。

また2011年6月22日に結婚しています。

SFCジェラーレ代表

現在湘南でプレーする神谷優太選手が小学4年から5年当時に所属していたチームでもあります。

http://www.junior-soccer.jp/tohoku/yamagata/team/detail/TEAM_54420e74b2612

川島永嗣との関係

川島永嗣

川島永嗣選手との関係ですが、まず埼玉県出身の同期であることが挙げられます。

川島選手は浦和東高校、そして越智選手はユースでサッカーをしていたので所属クラブは違います。

それではどのような接点があったかというと、二人は中学時代に埼玉県選抜でチームメイトだったんです。

Sponsored Link

サッカーを辞めた理由

越智さんは現在もコーチや解説をつとめてサッカーに携わっていますので、現役のプロサッカー選手を辞めた理由について迫ってみます。

まずプロ入り前に横浜Fマリノスユースの一員としてクラブユースサッカー選手権で全国制覇を果たします。

もちろんこの中から7人トップチームに昇格したんですが、その中に越智さんの名前はありませんでした。

Jリーグでは声をかけてくれたセレッソ大阪に、そしてモンティディオ山形に2年間の計4年間のプロ生活でした。

この4年間での出場はわずか7試合。

セレッソ大阪に在籍した2年間で5試合(フル出場1試合)の出場。

移籍後のモンティディオ山形ではわずか2試合の出場にとどまりました。

そして奪った得点はなんと”ゼロ”

しかも2年目は出場機会はありませんでした。

そして22歳で現役を引退しました。

引退後は知り合いを頼って酒屋で半年働いていました。

それでは何故プロ選手として短命に終わってしまったのか?

原因の一つはプロ入り前の大怪我にあると思います。

越智氏によれば、“奥田民生になりたいボーイ”ならぬ“石川直宏になりたいボーイ”が当時の石川の周りにはたくさんいたらしい。ただ、そんな洗練された先輩の影の努力も越智は目の当たりにしている。ユース時代、同じ時期に大きなケガをしてリハビリをともにした。

https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20171013/654931.html

横浜Fマリノスユース時代の1つ上の先輩に元日本代表の石川直弘選手がいました。

その石川選手と同時期に大けがをしていたんですね。

横浜Fマリノスのトップチームに昇格した7人から漏れてしまったのもこの怪我が影響しているといっていいでしょう。

また横浜フリューゲルスが1998年に消滅したというのも確実に影響しているでしょう。

これは『消えた天才』の中で越智さん自身が話していました。

マリノスユースには移籍できましたが左サイドバックをするように要請されました。

左サイドバックを担う選手がいなかったのがその理由ですが、攻撃的ポジションで活躍してきた越智さんにとっては複雑な気持ちだったでしょう。

それでもクラブユースで日本一に貢献したわけでさすがといえます。

プロ入りした越智選手はセレッソ大阪でも引き続きサイドバックでプレーします。

同期入団の大久保嘉人選手が『消えた天才』の番組内でインタビューを受けていました。

越智さんに対してはサイドバックとしてのイメージしかなく、トップ下のポジションをしていたことを聞かれると驚いていたほどです。

マリノスとフリューゲルスというJリーグでもトップチームの2クラブが合併するということはその分切り捨てられてしまう選手も出てくるわけです。

この事件も少なからず影響しているでしょう。

怪我をしてしまった事とフリューゲルスが消滅してしまったこと。

結果的にJリーグの競争に負けてしまったわけですが、環境要因も大きく影響していると思われます。

消えた天才に出演

越智隼人選手は川島選手が紹介する消えた天才として出演される予定です。

川島選手とは10年ぶりの再会のようですね。

番組は1月27日19時から放送されます。

『消えた天才』番組終了後の追記

番組内で川島選手と越智選手は10年ぶりに再会しました。

ワールドカップについての質問が越智さんから川島選手に対して出ました。

誰もが知りたい直球の質問でしたね。

批判という逆境を乗り越えられたのか?

その答えを子供たちに伝えたいという気持ちからでた質問でした。

川島選手の答えは、

自分を支えてくれている人、応援している人に対して戦っていたから。

正直ワールドカップは川島選手を批判する側でしたが少し考えを改めなければなりませんね。

批判に対して答えている川島選手の表情はとても堂々としたものでした。

覚悟を決めていたからこそブレなく試合に臨めていたんですね。

Sponsored Link