蒼井優,大河ドラマ,代役
引用元:http://misyuramen.cocolog-nifty.com/tsundoku/2013/01/post-267a.html

女優の蒼井優さんの名前が大河ドラマ『麒麟がくる』で沢尻エリカさんの有力な代役候補として挙がっています。

蒼井さんが帰蝶として代役候補に挙がった理由はどこにあるのでしょうか?

Sponsored Link

蒼井優が大河ドラマで沢尻エリカの代役候補

蒼井優,大河ドラマ,代役
引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0108866

多くの女優さんが沢尻エリカさんの代役候補として挙がっていましたが、いよいよ人選が絞られてきたようです。

その有力な代役候補の中に名前が挙がっていたのが蒼井優さんです。

正直多くの人が予想をする女優の中に蒼井さんの名前はありませんでした。

ではなぜ蒼井さんは一躍沢尻エリカさんの有力な代役候補に名前が挙がるようになったのでしょうか?

Sponsored Link

蒼井優が大河ドラマの帰蝶として代役候補に選ばれた理由

蒼井優,大河ドラマ,代役
引用元:https://rubese.net/lpedia001/target.php?name=%E8%92%BC%E4%BA%95%E5%84%AA&id=44454

すでに沢尻エリカさん出演分の大河ドラマの撮影は10話分終了しています。

2019年4月に大河ドラマの発表があり2020年4月のクランクアップまでの11か月間の予定で撮影が進んでいました。

ところがクランクインから半年以上経過したところで、急遽代役が必要となる自体に陥っている状況なんですね。

2020年1月5日に初回放送を迎える大河ドラマ『麒麟がくる』での沢尻エリカさんが演じる予定だったのは帰蝶です。

帰蝶は斎藤道三の娘であり、そして織田信長の正室で大河ドラマの進行上で大きな役割が求められています。

求められるものはタイトで至急のスケジュール調整に加えて大河ドラマに即応できる演技力などたくさんあります。

このように非情に条件が厳しい中でどのような理由から蒼井優さんが代役候補に選ばれたのでしょうか?

急なスケジュール調整への対応

蒼井優,大河ドラマ,代役
引用元:http://www.officiallyjd.com/archives/556459/20161013_aoiyuu_23/

濃姫は第1話から登場するため、放送開始まで約1カ月半しか残されていない。撮り直しだけでなく、11話以降の撮影も同時に進めていく必要があり、ハードなスケジュールになることは間違いない。一日でも早く撮り直しを始めたいところだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/17406260/

まずは2020年1月5日の初回放送に間に合わせる必要があるということです。

その後にどれだけスケジュールが空いていても第1話に間に合わなければ元も子もありませんよね。

残された期間は1か月半しかありません。

そしてまだ蒼井優さんに決まったわけではないので、実質許された撮影期間は1か月あるかないかといったところでしょう。

限られた撮影期間

蒼井優,大河ドラマ,代役
引用元:https://eiga.com/movie/90692/

撮影期間は11カ月間に設定されていた。今後撮影日程を延ばす可能性はあるものの、代役の女優は半分の期間で撮影することになる。

https://news.livedoor.com/article/detail/17406260/

本来11か月で設定されていた撮影期間をその半分でこなさなければならないハードなスケジュールに堪えることができるのか。

急なスケジュール調整と合わせて、限られた撮影期間への対応もカギとなってきます。

蒼井さんは2020年1月24日公開の映画『ロマンスドール』に出演予定です。

他にも2019年の公開映画『長いお別れ』『ある船頭の話』『宮本から君へ』と合わせて4本の作品に立て続けに出演していました。

現在のところ以降の出演作品は確認できないのでスケジュールが空いている可能性は大きいと思われます。

そして次にスケジュール調整問題がクリアになったとしても、大河ドラマに求め得られる演技力があるかも重要になってきます。

時代劇の経験

蒼井優,大河ドラマ,代役
引用元:https://www.cinra.net/news/2010/08/17/113148

代役について、関係者は「すぐに撮影に入る必要があるため、時代劇の経験がある人。所作を一から身につける必要がある女優さんは難しい」とその条件を明かした。

https://news.livedoor.com/article/detail/17406260/

どれほど演技力があっても現代劇と比べて大河ドラマは時代劇の経験が必要となってきます。

所作や話し方など現代劇にないものがたくさんあるわけですね。

そうなると時間が限られた中での撮影となるので、どうしても時代劇の出演経験というのは重要になってきます。

その点蒼井優さんは問題なしです。

後述する大河ドラマへの出演歴、そして『雷桜』では乗馬もこなしています

Sponsored Link

大河ドラマの出演歴

蒼井優,大河ドラマ
引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/20/gazo/20191120s00041000091000p.html

蒼井優さんは2010年の大河ドラマ『龍馬伝』に出演経験があります。

花街の芸子であるお元役を演じました。

大河ドラマのイメージとしても出演から10年がたっていますから問題ないでしょう。

また蒼井さんと同じく代役候補になっているのが広末涼子さんです。

広末さんも『龍馬伝』に坂本龍馬の初恋の相手である加尾役で出演していました。

大河ドラマに出演歴があることはとても重要な要素なようです。

蒼井優が大河ドラマで沢尻エリカの代役になる可能性

蒼井優,大河ドラマ,代役
引用元:https://www.huffingtonpost.jp/entry/aoisan-yamachan_jp_5cf86fc4e4b0638bdfa4676d

大河ドラマ『麒麟がくる』で沢尻エリカさんが演じる予定になっていた帰蝶の代役がだれになるのか?

その代役候補として可能性が高い女優の一人、蒼井優さんをピックアップしてみました。

蒼井優さんといえば2019年は山里亮太さんと結婚をして話題をさらいましたね。

話題性としても蒼井優さんは適任かもしれません。

また乗馬もこなし大河ドラマへの出演経験があることから演技力に対しては申し分ありません。

蒼井優さんは話題性があり、そして演技力も問題がないので大河ドラマで帰蝶役として代役に抜擢される可能性は高そうです。

Sponsored Link