エミリアーノサラ
引用元:https://www.cnn.co.jp/showbiz/35131646.html

【1月25日追記有:捜査打ち切り・プレミアリーグが追悼メッセージ】

【1月23日追記有:・①サラ選手の音声メッセージ・②捜査現在進展なし】

エミリアーノサラ選手を乗せた小型飛行機が行方不明になっています。

無事を祈るばかりですが、事故原因はいったい何だったのか。

また消息を絶った場所はどこにあるのでしょうか?

地図で確認してみます。

Sponsored Link

エミリアーノサラが巻き込まれた小型飛行機事故:消息を絶った場所【地図】

エミリアーノサラ,飛行機事故
引用元:https://www.mirror.co.uk/sport/football/emiliano-sala-missing-plane-live-13890265

小型飛行機は高度低下の報告を受けてからレーダーから消えました。

小型機は代理人であるウィリー・マッケイ( Willie Mackay )さんの所有で、サラ選手とパイロットのデビッド・イボットソン(David Ibbotson)さんが搭乗していたようです。

デビッドさんの年齢は60歳で、3人の子供を持つ父親です。

ウィリーさんはサラ選手の専属代理人ではありませんが、今回のナントからカーディフへの移籍に関係していました。

サラ選手を乗せた小型機がレーダーから消えた場所はイギリスウェールズのカーディフに向かう途中のイギリス海峡(English Channel)。チャネル諸島であるガーンジー(Guernsey)島から北方約20キロの地点です。

エミリアーノサラ,飛行機事故,チャネル諸島
引用元:グーグルマップ

チャネル諸島はちょうどナントを北上し海に出たばかりの場所に位置していることがわかります。

エミリアーノサラ,飛行機事故,チャネル諸島
引用元:グーグルマップ

俯瞰してみると、出発地のナントと目的地のカーディフのちょうど中間地点に位置しています。

Sponsored Link

事故原因は何?

海上に墜落した可能性が大きいですが、事故原因はいまだ明らかになっていません。

ただし、そのヒントとなる音声メッセージを巻き込まれたエミリアーノサラ選手自身が残していました。

追記:サラ選手の音声メッセージ

実際の音声メッセージが外国のサイトで見つかりました。

https://www.mirror.co.uk/sport/football/emiliano-sala-missing-plane-live-13890265

こちらはユーチューブにアップされているものです。


「僕は飛行機に乗っているが、粉々になりそうだ」「もし1時間半以内に僕から連絡がなければ…。誰かが僕を救出しに来てくれるかは分からない。見つからないだろうから」など、異変が生じたことを示唆するメッセージを音声で送信していた。サラの父親がこの音声メッセージを聞き、同選手の声であると確認した模様だ。

https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20190123/896496.html

連絡がなければ見つからない。

覚悟を決めたメッセージであることが窺えます。

とはいうもののメッセージの中で正直に怖いということも吐露しているので、

とてつもなく恐ろしい状況だったでしょう。

そして、本人からの連絡はこのメッセージを友人に送信してからは確認できていない状況です。

”粉々になりそうだ”

消息を絶ったのは海上ですから、御巣鷹山の日航機事故のように陸地にぶつかったことは考えられません。

ただし海上ですと不時着してももちろん陸地はないわけで、空中で何かが発生したということです。

Sponsored Link

エミリアーノサラのプロフィール

生年月日:1990年10月31日

年齢:28

ポジション:FW

国籍:アルゼンチン

出身地:サンタフェ

身長:185㎝

体重:75kg

【公式ツイッター】

【公式インスタグラム】

https://www.instagram.com/emilianosala9/

<経歴>

2012年:FCジロンダン・ボルドー

2013年:シャモア・ニオールFC(期限付き移籍)

2015年:FCナント(リーグアン:フランス)

2019年:カーディフシティFC(プレミアリーグ:イギリス)

FCナントでの実績

2018年には12年ぶりのハットトリックを達成。

ナントの監督は元日本代表監督だったハリルホジッチがつとめています。

ハリル監督はロシアワールドカップの直前に日本代表をコミュニケーション不足や信頼関係の欠如を理由に解任されていましたが、次の契約先がナントだったんですね。

ナントでは以下のように呼ばれていました。


ナントでは“おらが町のカルロス・テベス”と呼ばれていた

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00164548-soccermzw-socc

これほど重宝された選手が移籍することになりました。

ハリル監督もサラ選手が移籍するのであれば監督を辞めるとまで言わしめるほどの選手でした。

サラ選手の移籍先は今期プレミアリーグに昇格したカーディフシティFC。

エミリアーノサラ,カーディフシティFC
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000037-jij_afp-socc.view-000

カーディフシティFCの本拠地はウェールズにあります。

カーディフはイングランド2部リーグのチャンピオンシップで2位となり5年ぶりのプレミア復帰を果たしました。

そしてプレミア昇格に当たって補強された選手がサラ選手だったんですね。

クラブ史上最高額の移籍金1700万ユーロ(約21億円)ですからその期待値の高さがうかがえます。

1月23日現在の捜査状況:進展なし(英語)

1月23日22時半現在(日本時間)

操作に進展はないようです。

1月25日追記:捜査打ち切り・プレミアリーグ追悼メッセージ

3日にわたり捜査が行われましたが、残念ながら機体を見つけることができず打ち切りとなってしまいました。

サラ選手と機長のデビッドさんにお悔やみ申し上げます。

移籍予定のカーディフシティFCが所属するプレミアリーグでは来週の試合前にすべての試合前に黙とうをすると発表しました。

元所属チームであるナントはあくまでも捜索が打ち切られただけなので、あえて黙とうをしませんでした。

皆沈痛な面持ちで元日本代表監督のハリルホジッチ監督もサラ選手を重宝していただけに思い入れも強いでしょう。

可能性が低かった中奇跡を信じましたが現実を受け入れる必要があるようです。

まとめ

まずは無事を祈って続報を待ちましょう。

残念ながら奇跡は起きませんでした。

ただどれだけサラ選手が愛されていたのかが分かりました。

今期はナントとカーディフシティFCを応援します。

Sponsored Link