芸能記事

CNCOの読み方やメンバーの名前と出身地・エムステで歌う楽曲は何?

[the_ad id=”2897″]

 

CNCO

 

CNCOが9月に初来日を果たし、

 

そして、9月7日のミュージックステーションに出演することが明らかになりましたね!

 

初来日ということは、CNCOがどのようなグループなのかすらわからない人も多いかと思います。

 

まだ日本語のwikipediaも作られていませんし、

 

そんな人たちのためにCNCOについて掘り下げてみました。

 

そもそも、CNCOはどのように読んだらよいのか

 

そして、メンバーの名前や出身地もバラバラなので確認してみましょう!

 

またミュージックステーションで歌う楽曲はいったいどんな曲になるのか

 

それぞれチェックしてみましょう!

 

[the_ad id=”197″]

 

 

CNCOの読み方は?

CNCOの読み方はそのまま”シー・エヌ・シー・オー”と読みます。

 

ひねりもなくそのまんまです笑

 

 

 

安心してください。

 

決して予想されるような、卑猥な言葉ではありません笑

 

スペイン語では CINCO(シンコ)

が”5”という意味なんですね。

 

5人グループですから、語源はこの”CINCO”にあるといって良いでしょう。

 

Iが抜かれてCNCOとつけたようです。

 

CNCOとは?

そもそもCNCOとはどのようなグループなんでしょう?

 

CNCOはサイモン・コーウェルとリッキー・マーティン(アーチーチーアーチの人)が手がけた

 

オーディション番組『ラ・バンダ』で勝ち残ったメンバーによって2015年に結成されました。

 

2016年8月に発表したファースト・アルバム『Primera Cita(プリメーラ・シータ)』

 

と2018年4月のセカンドアルバム『CNCO』は

 

共にビルボード・ラテン・アルバム・チャート1位を獲得しています。

 

熱狂的なファンは“CNCOwners(シー・エヌ・シー・オーナーズ)”と呼ばれ、

 

その輪は世界に広がり続けています。

 

ライブ会場ではファンがメンバーに近づくため天井を通って

 

通気口から楽屋付近までたどり着くこともあったようです。

 

こんな熱狂的なファンもいるのがCNCOwnersなんですね!

 

CNCOのメンバーの名前や出身地をチェック!

それではCNCOのメンバーを一人ひとり確認してみます。

 

平均年齢20歳でこれからの活躍も大いに期待できますから、

 

是非この機会にチェックしておきましょう!

 

◎サブディエル・デ・へスース(プエルトリコ出身)

 

12歳の時に歌うことに興味を持ちました。

 

そして、教会のヒップホップやサルサグループとともに歌っていました。

 

◎クリストファー・ベレス(エクアドル出身)

18歳の時に家族とともにより良い生活を求めて、

 

アメリカのニュージャージー州に移住しました。

 

◎リチャード・カマチョ(ドミニカ共和国出身)

リチャードは、日本デビューについて以下のように語っています。

ものすごくワクワクして、本当に興奮している。

 

僕たちの子供の頃からの夢が叶ったからね。

 

こんな短期間で、僕らが行けると思っていなかった国でデビューできることになって、本当に嬉しい

 

このように、日本デビューが夢だといってくれるのはうれしいですよね!

 

リチャードには二人兄弟がいて、一人は歌手です。

 

父親はミュージシャンでカメラマンでもあります。

 

母親はダンサーなので、芸術家一家といって良いでしょうね。

 

◎エリック・ブライアン・コロン(キューバ出身)

2012年にキューバからアメリカに母親と妹とともに移住しました。

 

そして14歳でギターと歌を練習し始めます。

 

2015年がCNCOのデビュー年ですから、

 

実質3年でプロデビューしたことになります。

 

◎ジョエル・ピメンテル(アメリカ出身)

Joel Pimentel

メキシコにルーツを持っていて祖父から演劇と歌を学びました。

 

このラテン系の5人で構成されています。

 

[the_ad id=”1088″]

 

CNCOがミュージックステーション(エムステ)で歌う曲は何?

9月7日にミュージックステーションでCNCOが歌う楽曲はいったいなんという曲になるのでしょうか?

 

候補を挙げてみたいと思います。

 

CNCO – Reggaetón Lento (Bailemos)

日本語楽曲名:恋のレゲトン・レント

 

この楽曲はCNCOの代表曲になります。

 

視聴回数に注目してみてください。

 

なんとYoutubeに公開されてから13億回以上も再生されているんですね!

 

CNCOの日本デビューアルバムは7月25日に発売されています。

 

 

1.恋のレゲトン・レント

2.ソロ・ヨ

3.ヘイ・DJ(CNCO & ヤンデル)

4.セ・ブエルベ・ロカ

5.マミータ

6.フィエスタ・エン・ミ・カサ

7.ノチェ・イノルビダブレ

8.ボニータ

9.エストイ・エナモラード・デ・ティ

10.マラ・アクティトゥー

11.ミ・メディシーナ

12.ファン・エナモラーダ

13.ノ・メ・スエルテス

14.デムエストラメ

15.レゲトン・レント (リミックス)CNCO & リトル・ミックス

16.マミータ (スパングリッシュ) [Spanglish Version]

17.キシエラ

18.タン・ファシル

19.プリメラ・シータ

20.パラ・エナモラルテ

21.デブエルベメ・ミ・コラソン

22.ボルベルテ・ア・ベール

 

 

1曲目が『恋のレゲトンレント』ですね。

 

日本語がタイトルに含まれている楽曲は”恋”が含まれている

この曲だけです。

 

もちろんCNCOの代表曲ですから、

 

確実にミュージックステーションでは歌ってくれるでしょう!

 

そして、是非この機会にアルバムを手にしてはいかがでしょうか?

 

[the_ad id=”199″]