MENU
サッカーW杯(カタール大会)

アクラムアフィーフの経歴・プロフィールまとめ!出身地はどこ?

カタール代表、アクラムアフィーフ

サッカーワールドカップ、カタール大会で台風の目となりそうなのが開催国のカタール代表です。

注目されているアクラムアフィーフ選手。

今回は2019年のアジアカップでも日本を圧倒したチームのストライカーについてプロフィールや経歴をまとめてみました。

カタール代表、アルモエズアリ
アルモエズアリ(カタール代表)のプロフィール・経歴!出身地はどこ? サッカーワールドカップ、カタール大会で台風の目となりそうなのが開催国のカタール代表です。 そのメンバーの中でも、注目されているのが...

アクラムアフィーフのプロフィール

カタール代表、アクラムアフィーフ

アクラムアフィーフ選手の基本的なプロフィールは以下の通り。

アクラム・アフィーフ(Akram  Afif )
生年月日:1996年11月18日
年齢:26歳(2022年現在)
出身地:ドーハ
身長:177㎝
体重:69㎏
利き足:右
ポジション:FW
所属チーム:アルサッド
父親:ハッサン・アフィーフ。タンザニア人。イエメン系人
母親:イエメン出身
兄:アリー・アフィーフ。元カタール代表。

アクラムアフィーフの経歴

カタール代表、アクラムアフィーフ

カタール代表としての経歴

アクラムアフィーフ選手がA代表に初招集されたのは2015年9月です。

同月3日のブータン代表選で代表デビューを果たします。

この試合で初得点、初アシストを記録。

2016年8月にイラク戦でカタール代表デビューしたアルモエズアリよりも1年ほど早く代表に招集されています。

カタール代表として83試合出場し24ゴールを決めています。

アジアカップ2019で活躍

2019年のアジアカップでMVPを獲得したアルモエズアリ選手が85試合出場42ゴールでした。

カタール代表、アルモエズアリ
アルモエズアリ(カタール代表)のプロフィール・経歴!出身地はどこ? サッカーワールドカップ、カタール大会で台風の目となりそうなのが開催国のカタール代表です。 そのメンバーの中でも、注目されているのが...

アクラムアフィーフ選手は決勝の日本戦で得点を決めています。

当時のツイートからもいかに活躍したのかが窺えますね。

また、サッカーマガジンWEBの記事にもアクラムアフィーフ選手について触れられています。

トップの位置から下がって中盤に顔を出すアフィーフを捕まえきれず
引用元:https://soccermagazine.jp/_ct/17247695

10アシストを記録したことを考慮するとMVP級の活躍をしているとみて間違いありません。

米大手スポーツチャンネル『ESPN』はアクラムアフィーフ選手を「W杯で注目すべきアジアの5人」としてピックアップしています。

この5人の中には久保建英選手も挙げられているので、いかに注目されているかが分かりますね。

久保建英を「W杯で注目すべきアジアの5人」に大手海外メディアが選出!「クボほど期待とプレッシャーを与えられてきた有望選手はいない」

アルモエズアリ選手がカタール代表としての知名度はありますが、ワールドカップでカタール代表が活躍するための鍵はアクラムアフィーフ選手にあるといって良いかもしれません。

クラブ歴

アルサッドのユースチームに所属していましたが、スペインのセビージャFCに2012年10月に移籍を果たします。

その後、ビジャレアル(ユース)に移籍。

2015年1月にベルギーのプロキシマス・リーグ(2部リーグに相当)のKASオイペンと契約します。

2012年からカタール王家がオーナーを務めているので、その縁での移籍となったのでしょう。

2016年2月にビジャレアルFCに再加入。

ラリーガのチームと契約はカタールの選手としては初。

しかし、8月にスポルティング・デ・ヒホンにレンタル移籍、このチームで初出場を果たす。

シーズン9試合の出場。

ラリーガで目立った活躍はないものの、カタール代表がほとんど国内組のキャリアの選手がほとんどなので、アクラムアフィーフ選手は突出した経歴の持ち主と言えるでしょう。

再びオイベンへのレンタル移籍を果たし、地元のあるサッドに移籍します。

2018年レンタル移籍ののち2020年に完全移籍。

この動画はアクラムアフィーフ選手のアルサッドでのハイライト動画になります。

アクラムアフィーフの出身地は?

アクラム・アフィーフ選手はドーハで出生しましたが、父親がタンザニア出身のため、国籍はカタールとタンザニアの2重国籍のようです。

カタール代表アクラム・アフィーフのまとめ

サッカー杯の自国開催であるカタール大会で開幕戦でエクアドルと対戦します。

カタールとエクアドルは2018年に対戦実績があり、カタールがエクアドルを4-3で下しています。

相性の良いアルモエズアリ選手と共にワールドカップカタール大会の台風の目になってほしいですね。