時事ニュース

安倍首相の顔色が悪いのはいつから?就任~現在まで時系列でまとめ!

安倍首相,顔色,悪い

安倍晋三首相が検査で病院に通ってから、”顔色が悪い”とツイッターで騒がれるようになりました。

公務が連続150日で過労が重なってしまったからか。

それとも慢性的な病気が原因なのか?

2007年の安倍第一次政権に続き任期途中での退陣が報道された安倍首相。

そこで安倍首相の顔色がどのように変化したのか、首相就任から現在までの変化を時系列でまとめてみました!

安倍首相の顔色が悪いと話題

安倍首相,顔色,悪い

安倍首相の顔色については以前から取りざたされていました。

それが8月半ば以降に再燃し、政権を途中で投げ出すのではないか?という議論にまで発展しているんですね。

安倍首相は第1次政権の時に持病が悪化し、志半ばで政権を手放したことがあります。

安倍首相の任期は2021年まであるので、同様の理由で政権を手放すのではないかとメディアが騒いで知る状況です。

安倍首相の顔色が悪くなったのはいつから?

安倍首相,辞任,2007年

安倍首相は2007年に持病で難病の潰瘍性大腸炎が悪化して辞任した過去があります。

13年前の第一次政権時、内閣に不祥事が相次いだことによる内閣改造等に追われて心身共に披露のピークに達していました。

2020年もコロナ対策などで150日間連続で勤務していて、2007年のような辞任につながるのではないかと懸念されているわけですね。

体調不良による辞任があるのではないかという不安に拍車をかけているのが安倍首相の顔色の悪さです。

ツイッター上でも顔色が悪いのではないかと多くの人がつぶやいている状況なんですね。

https://twitter.com/MK_plumeria/status/1298997700076040192?s=20

それでは客観的に安倍首相の顔色は本当に悪いのか、第2次安倍政権が発足した2012年から現在まで振り返ってみたいと思います。

安倍首相の顔色が悪い?就任から現在までの変化まとめ!

より正確に比較するために、記者会見時の安倍首相をピックアップしたいと思います。

2012年の安倍首相の顔色

安倍首相,顔色,2012年

こちらは2012年12月26日、第2次安倍内閣が発足した時の記者会見時の安倍首相です。

覚悟の強さが顔色からも湧き出てくるような希望に満ちた表情をしていますね。

2013年の安倍首相の顔色

安倍首相,2013年

こちらは2013年10月1日の記者会見時の安倍首相です。

さらに力強さが増しているようです。

2014年の安倍首相の顔色

安倍首相,顔色,2014年

2014年11月21日の記者会見時の安倍首相です。

さらにやる気が満ちているように感じられます。

2015年の安倍首相の顔色

安倍首相,2015年,顔色

2015年3月10日、翌11日に東日本大震災から4年を迎えるにあたり記者会見をした安倍首相です。

2016年の安倍首相の顔色

安倍首相,2016年,顔色

2016年6月の安倍首相。

これまでより、顔がむくんでいるように見えますね。

2017年の安倍首相の顔色

安倍首相,2017年,顔色

2017年9月25日の安倍首相。

こちらで記者会見の様子が確認できます。

参考元:首相官邸HP

2018年の安倍首相の顔色

安倍首相,2018年,顔色

2018年12月10日の記者会見時の安倍首相。

2019年の安倍首相の顔色

安倍首相,2019年,顔色

2019年元旦に年頭所感を発表した安倍首相。

2020年の安倍首相の顔色

安倍首相,2020年,顔色2020年3月28日、令和2年の予選成立等についての安倍首相の記者会見。

安倍首相の顔色についてまとめ

2012年から2020年まで記者会見時の安倍首相の画像を振り返ってきました。

正直なところ、顔色については加工でどうにでもなるようで、あまり参考にならないのかもしれません。

ただし表情だったり、それ以外の要素から首相の顔の様子がみえてきます。

改めて、安倍首相の画像を時系列で並べるとこうなります。

安倍首相,顔色,画像比較,時系列

このように顔色は常にバラバラであることが見えてきます。

血色だけみれば2020年の顔色は決して悪くありません。

そのため顔色という視点からみると変化したのはいつかというのは断定できないです。

顔色が違うのはやはりカメラや加工の差でしょう。

そして顔色より気になるのは顔のむくみではないでしょうか?

あと、覇気がここ数年伝わってこない気がします。

就任から2014年まではとても力強くエネルギーに満ちているようです。

それに比較して元気なさそうに見えるのは、貫禄が出てどっしり構えているも言えます。

8年もの間首相の座についているわけで、テンションを高く維持することは難しいでしょう。

結論としては、就任時からの画像を時系列で比較してみるといわれるほど顔色が悪くはないんじゃないかなということです。

元々難病の潰瘍性大腸炎を患っていた安倍首相ですから、顔色が悪いのはデフォルトなのかもしれません。

激務で疲れていた可能性も高いですし、しっかり体調を管理して残り1年の首相任期を全うしてほしいと思います。

が、速報で首相退陣の意向というニュースが飛び込んできました。

参考元:安倍首相が辞任の意向

体調面が悪化し、首相の職務を継続することが困難だと判断したというのが辞任の理由のようです。

任期を残したうえでの辞任は残念ですが、体調が悪化したとなれば仕方ありませんね。

是非静養をしっかりしてまた政権を支えるようになってほしいものです。