伊藤有希(ジャンプ)がかわいいが韓国人?母や父の経歴をチェック!

 

伊藤有希、かわいい

スキージャンプ女子の伊藤有希選手が5月27日放送のジャンクスポーツに出演します。

笑顔がとっても可愛い伊藤選手で、高梨沙羅選手のライバルでもあります。

どのようなトークを繰り広げてくれるかこれから楽しみですね!

 

また、現在宮古島でジャンプの葛西紀明選手や小林陵侑選手とともに陸上トレーニングの真っ最中なんです。

6月4日までトレーニングを宮古島で行い、6月後半からはスロベニア合宿に参加します。

 

メダル獲得を目指した平昌オリンピックで表彰台を逃し9位と残念でした!

 

しかし、今シーズン調子が上がらず苦しんだ高梨沙羅選手がジャンプを終えたあと、一目散に駆け寄り抱きしめて祝福したシーンはとても印象的でしたね。

二人はとても仲が良いんだなーと。

 

普段は高梨選手の陰に隠れていますが、なんと小学校6年生の時にラージヒルを飛んでいる小さいころから実力の持ち主でもあるんです。

来季も女子ジャンプ日本代表としての活躍に大きな期待がかけられていますが、それに水を差すような噂が流れています。

それは伊藤有希さんが韓国人なのではないかという変な噂です。

ネット上でも、伊藤有希さんの名前を検索すると、”韓国”というキーワードが出てきます。

 

気になるので調べてみました!

Sponsored Link

伊藤有希のプロフィール

生年月日:1994年5月10日

年齢:24歳

身長:161cm

出身:北海道下川郡下川町

所属:土屋ホーム

 

<経歴>

◎オリンピック成績

ソチオリンピック(2014):7位

平昌オリンピック(2018):9位

 

◎ワールドカップ成績

2011/12:20位

2012/13:18位

2013/14:3位

2014/15:5位

2015/16:8位

2016/17:2位(優勝5回)

2017/18:4位

ワールドカップ通算勝利数:5

 

スキージャンプを始めたのはなんと4歳のころだそうです!

伊藤有希選手の父親がコーチを務める下川ジャンプ少年団に所属し、練習に勤しみました。

そして、なんと2006年、伊藤選手が12歳の時に大倉山ジャンプ競技場でラージヒルを飛んだということですから驚きですね。

翌2007年のFISコンチネンタルカップレディースでは3位を獲得し最年少記録を作っています。

Sponsored Link

韓国人という噂の真意は?

何故か伊藤有希さんが韓国人なのではないかという噂が立っています。

そもそも、日本代表として毎年各国を転戦しているのでそんなわけはないんですが、この根も葉もないうわさはどこから出てくるのでしょうか?

 

もし韓国人であるのであれば、帰化した韓国人ということになりますが・・・

 

ということで、両親の経歴を確認してみたんですが、別の意味で発見がありました。

確認してみましょう!

母や父の経歴をチェック!

以前、松岡修造さんが番組の企画でジャンプに挑戦していました。

5m級という見た目ではなんてことはない、だれでも跳べそうなジャンプ台でした。

それでも、あの運動神経は抜群であろう松岡さんですら、着地するのがやっと。

 

松岡修造5m級ジャンプに挑戦!(Youtube)

 

いかに、ジャンプという競技が難しいと思ったことを覚えています。

このジャンプでは下川ジャンプ少年団のコーチの伊藤克彦さんが登場しますが、これが伊藤選手のお父さんですね。

伊藤選手のお父さんは、指導者となる前はバリバリの選手で、ノルディック複合ワールドカップ(W杯)に1988年、1989年と2年連続出場しているんですね。

1992年からジャンプの専門指導員として後進の育成に力を注いでいます。

 

伊藤有希、父

動画は1997年ですから、この1年後に伊藤選手はジャンプを始める事になるんですね。

伊藤選手より前にでジャンプデビューしていた松岡さん、さすがです笑

 

母親は元アルペンスキーの選手だった、北嶋真智恵さんです。

滑降のスーパー大回転ではなんと全日本の大会で優勝を果たしています。

全国で上位入賞を獲得していますから、両親ともにスキーで選手としての実績があり経歴がすごいですね!

 

そして、伊藤選手には弟がいて名前は伊藤将充さんといいます。

現在20歳ですね。

将充さんの成績もこれまたすごくて、16年と17年のノルディックスキー世界ジュニア選手権では2年連続で銅メダルを獲得しています。

現在は、姉の有希さんと同じく土屋ホームに所属しています。

まとめ

この伊藤選手が韓国人ではないかという噂が散見されること。

上記を見たらそれがあからさまなデマだということが一目瞭然ですね。

 

スポーツ選手は有名になるとこのような噂が付いて回りますが、良い意味で捉えてみるとそれだけ女子ジャンプの第一人者として認められている証拠とも取れるでしょう。

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ