織田裕二 弁護士ドラマ

 

織田裕二さんが10年ぶりにフジテレビドラマの、

 

看板ドラマ枠である”月9”で主演することが決まりましたね!

 

主演するドラマ名は弁護士ドラマである『SUITS/スーツ』で、

 

アメリカの大人気ドラマのリメイクになります。

 

役柄は敏腕弁護士役です。

 

月9への出演は10年ぶりですが、

 

これが弁護士ドラマへの出演となると、

 

なんと23年ぶりになるんですね!

 

23年前のドラマは『正義は勝つ』でした。

 

今回主演を務める月9ドラマの『SUITS/スーツ』と、

 

『正義は勝つ』の特徴の違いはどこにあるのでしょうか?

 

各ドラマのあらすじを確認しつつ、

 

迫ってみましょう!

 

Sponsored Link

織田裕二が弁護士ドラマに23年ぶりに主演!

織田裕二さんが23年ぶりに弁護士役でドラマに出演されます。

 

織田さんは演技に対して少し共演者から敬遠されてしまうほど、

 

こだわりを持っていることでも有名な役者さんですよね。

 

作品に出演する際には、

 

“織田打ち”と呼ばれる事前打ち合わせが存在して、

 

織田さんと監督が台本を一からとことん話し合うというものだそうです。

 

『正義は勝つ』以外にも映画『ホワイトアウト』や『振り返れば奴がいる』、

 

そして『お金がない』で監督を務めた若松監督は

 

”他の役者に比べて3倍疲れるけど、4倍いい作品になる。

 

そして3年は会いたくなくなるけど、4年目にまた会いたくなる麻薬のような男”

 

と、このように織田さんのことを絶賛しているんですね。

 

熱すぎてこだわりが強いが故に、

 

一時柳葉敏郎さんと不仲であることも噂されるほどでした。

 

こんな熱い男が演じることになる、

 

月9ドラマの『スーツ』とはいったいどんなドラマなんでしょうか?

 

スーツのあらすじ

 

スーツは2011年にアメリカで放送がスタートしたドラマで、

 

シーズン7まで続いた大ヒット弁護士ドラマですね。

 

日本では2012年にファーストシーズンが放送されました。

 

ざっくりとあらすじを書いてみると、

 

ハーバード大学ロースクール出身者しか雇わないというマンハッタンの一流弁護士事務所が舞台で、

 

そこに務める敏腕弁護士ハーヴィーが主役です。

 

(この主役の敏腕弁護士役を織田裕二さんが、

 

甲斐正午(かいしょうご)として演じます。)

 

そして部下を雇う面接会場で、

 

天才的な記憶能力を持つマイクの才能を見抜き、

 

ロースクール出身でないにも関わらず弁護士事務所で雇うことになった。

 

このように物語はスタートします。

 

そして、性格やバックグランドが全く違う二人が、

 

様々な訴訟に挑み、

 

そして成長していくリーガルドラマなんですね。

 

(日本版スーツではこのマイク役は中島裕翔さんが演じます。)

 

正義は勝つのあらすじ

 

『正義は勝つ』は、織田裕二さん主演で、

 

1995年10月18日から12月20日まで、

 

フジテレビ系列で放映された連続テレビドラマですね。

 

この『正義は勝つ』ので主演を務めて以来、

 

実に23年ぶりに『スーツ』で弁護士ドラマで主演を務めることになったんですね。

 

個人的には10年ぶりに月9に出演することよりも、

 

インパクトのある話題だと思っています。

 

『正義は勝つ』のあらすじは以下の通り。

 

主人公である織田裕二さん演じる高岡淳平は、

 

大手法律事務所のセントラル・ロー・オフィスに勤める弁護士。

 

所長をはじめ、同僚ややクライアントの大手企業からの信頼も厚く、

 

デビュー戦以来25連勝の凄腕の弁護士です。

 

敏腕弁護士として華々しく活躍する一方、

 

高岡淳平の父親は陥れられて亡くなるという過去を持っています。

 

最終的には関わった所長も巻き込みながら、

 

その巨悪に挑むシリアスな社会は弁護士ドラマです。

 

Sponsored Link

 

同じ弁護士ドラマだけど、『スーツ』と『正義は勝つ』の違いは何?

それでは、10月期の月9ドラマで主演を務める『スーツ』と、

 

23年前に織田裕二さんが主演を務めた『正義は勝つ』は、

 

どんな共通点があるのでしょうか?

 

確認してみましょう。

 

①『スーツ』のハーヴィも『正義は勝つ』の高岡淳平も敏腕弁護士。

 

これはどのドラマでも、凄腕というのはデフォルトですよね。

 

さえない弁護士がドラマの主演を務めるというのはあまり聞いたことがありません。

 

②性格が真逆の相棒がいる

 

いずれのドラマも相棒、バディがいるという共通点があります。

 

『スーツ』の相棒はマイク。

 

このマイクの役は月9では中島裕翔さんが演じます。

 

そして、『正義は勝つ』では、

 

鶴田真由さん演じる姫野京子さんがそれにあたるでしょう。

 

いずれも特徴は主人公と性格が相反するということです。

 

『スーツ』のハーヴィはハーバード大学のロースクール出身であるのに対し、

 

マイクはそもそもロースクールすら卒業していません。

 

たぐいまれなる記憶力を買われて雇われることになるのですが、

 

もちろん、突出した能力を持った人物というのは性格に難ありであることも、

 

お決まりですね。

 

次に『正義は勝つ』では当初は姫野弁護士は高岡弁護士に尊敬の念を抱いていましたが、

 

手段を択ばない、高岡のスタイルに対し”軽蔑します”と言ってのけます。

 

まぁ、なんだかんだ言っても二人は助け合っていくことになるわけですね。

 

鈴木保奈美さんとの共演も注目!

織田裕二さんによる『正義は勝つ』出演以来23年ぶりという、

 

久しぶりの弁護士ドラマとして『スーツ』は注目されています。

 

そして、もう一つの大きな注目点があります。

 

それは、1991年に爆発的な大ヒットを記録したドラマ、

 

『東京ラブストーリー』で共演した鈴木保奈美さんが共演するということです。

 

本来であれば、東ラブの続編として、二人の共演が望まれていましたが、

 

それでも、ふたりの共演が実現したということは、

 

東京ラブストーリーのファンとしては願ったりでしょう。

 

また、小田和正さんの同名曲『東京ラブストーリー』も再びヒットするかもしれませんね!

 

それほど、今回の織田裕二さんと鈴木保奈美さんが共演するというだけで、

 

話題性は抜群です。

 

まだ、7月期のドラマが放送中ですが、

 

早くも織田裕二さん主演の月9の弁護士ドラマ『スーツ』が待ち遠しいですね!

 

Sponsored Link