及川雅貴

 

夏の甲子園、高校野球の2回戦で早くも決勝といっても過言でもないような、

 

大会屈指の好カードが組まれました。

 

横浜花咲徳栄の対戦。

 

昨年の優勝校である花咲徳栄に挑む横浜です。

 

横浜の先発ピッチャーはは注目の及川雅貴読み方:およかわ まさき)。

 

元U15侍ジャパン代表で、

 

花咲徳栄戦で夏の甲子園で初の先発を任されました。

 

そして、及川投手は152kmの球速を持っているんですが、

 

この球速を今大会で更新するかどうかも注目されていますね!

 

今回は、花咲徳栄戦で今大会初先発を飾った及川雅貴投手に注目してみましょう!

 

Sponsored Link

 

横浜・及川雅貴(読み方:およかわまさき)のプロフィール

及川雅貴読み方:およかわ まさき)

 

試合の実況でアナウンサーが”おいかわ”と呼んでいましたが、

 

正しい読み方は”およかわ”です

 

生年月日:2001年4月18日

身長:183cm

体重:74kg

出身:千葉県匝瑳(そうさ)市

投打:左投左打

球種:ストレート・スライダー(2種類)・カーブ・チェンジアップ

背番号:10

 

<経歴>

中学3年時にU-15侍ジャパン代表に選出。

 

ワールドカップでは決勝で惜しくもキューバに敗れて、

 

準優勝に終わりましたが、それでも最優秀防御率を達成しました。

 

 

及川雅貴は2019年ドラフト候補?

横浜の及川雅貴投手はまだ2年生ですが、

 

最高球速が152kmを記録していることもあり、

 

2019年のドラフトの目玉としてすでに注目されています。

 

ピッチャーの及川選手はスピードだけでなく、

 

変化球の精度も高いですから、

 

昨年優勝校の花咲徳栄戦で結果を残せば、

 

やはり印象は強くなるのは間違いありません。

 

球速の更新はあるか?

横浜及川雅貴投手は2018年6月10日の松商学園戦で、

 

自己最高の152kmを記録しました。

 

 

今大会では同じ2年生ピッチャーの星稜の奥川恭伸投手が、

 

150kmを記録しています。

 

星稜・奥川恭伸はエースでドラフト候補!笑顔はマー君にそっくり?

 

ところが、奥川投手の途中交代もあって、

 

大接戦の末に星稜は惜しくも敗退しています。

 

そのために、及川投手も十分にこの150kmを超える球速を記録することは予想できます。

 

そして自身が持っている152kmの記録の更新も期待されます。

 

Sponsored Link