山本キッド

 

総合格闘家の山本キッドさんが9月18日に亡くなられました。

 

闘病中であることはニュースで知っていましたが、

 

あまりの突然の訃報に呆然としています。

 

41歳。

 

あまりにも若すぎます。

 

屈強な体を持つ山本キッドさんであっても癌には勝てませんでした。

 

山本キッドさんを蝕んだガンは何ガンでどんな種類の癌だったのか。

 

そしていつからこのガンと闘病していたのか。

 

魔裟斗さんとの試合がラストマッチになりました。

 

神の子・・・若い山本キッドさんを神様が呼び寄せたのか。

 

そもそも何故神の子といわれていたのか?

 

Sponsored Link

 

山本キッドは何ガン?癌の種類といつから闘病していたか?

山本キッドさんはガンで亡くなりました。

 

一体何ガンだったのでしょうか?

 

山本キッドさんがガンを公表し闘病中であるということは、

 

自身のインスタで先月、8月に公表しました。

 

私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています。

絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!

 

山本KID徳郁

 

引用:インスタグラム(8月26日)

 

消化器系のガン治療のため、グアムの病院で闘病生活を送っていたようです。

 

本人はふらついて、歩けないほど。

 

日本を離れ、グアムで治療しているのは、

 

周囲の目を気にしてのことだったんですね。

 

また2018年6月には『“神の子”山本KID徳郁と一緒に未来のチャンピオンを発掘する』プロジェクトが

 

突如中止になっていました。

 

理由は「KIDが急遽、アメリカ遠征に行くことになった」ためとされていましたが、

 

やはり、突然の事でしたから、既に末期であり、

 

余命いくばくもないことが宣告されていたのだと思います。

 

何故神の子なのか?その理由

神の子も病気には勝てなかったんですね。

 

圧倒的な強さを見せてファンを魅了してきた山本キッドさん。

 

そもそも何故山本キッドさんは神の子といわれていたのでしょうか?

 

その理由は、うぬぼれでもなく、父に対する尊敬から来ているものでした。

 

テレビに出始めたころ正直自ら”神の子”と言ってのける山本キッドさんは

 

身の丈に合ってないビッグマウスさんだと思っていました。

 

それでも、圧倒的な強さを見せる山本キッドさんの試合を見るにつれて、

 

山本キッド=”神の子”と当然のように認識するようになりました。

 

実際の神の子の意味を確認すると、

 

逆に謙虚で真摯な人物だったことが窺われます。

 

ミュンヘン五輪に出場した父を「神」と見立て、自身を「神の子」と称していた。

 

神は自らの父親だった。

 

父親はレスリング元日本代表の山本郁栄さんです。

 

その子供が山本キッドさん。

 

父親に対するよほどの尊敬がないと自らの父とはいえ”神”なんて称せないですよね。

 

それほど、絆が強かったのでしょうし、

 

また絶対的な存在、目標として父親が君臨していたのでしょう。

 

格闘技の神様から選ばれた子供としての”神の子”という意味もあるでしょう。

 

それでも、父親を”神”と称しその子供としての”神の子”のほうが、

 

より親近感がわいてきます。

 

”神の子”山本キッドの試合がもう見られないのはさみしさしかありませんね。

 

ネットの声

 

 

 

 

やはり、衝撃的なニュースであったことは間違いありません。

 

41歳でまだまだ若いですし、

 

あれだけの強さをみせてファンを魅了していたファイターが、

 

まさかガン公表1か月足らずで旅立ってしまうことなんて想像できた人はいないでしょう。

 

 

9月15日に樹木希林さんが亡くなったばかりですが、

 

それ以上の衝撃的なニュースであるといって良いでしょう。

 

昨日も今日も樹木希林さんのニュースでワイドショーはその時間をほとんど割いて、

 

訃報を特集していましたが、

 

間髪おかずに有名人が旅立つことは悲しいことです。

 

若い年代にしてみたら樹木希林さんよりはるかに衝撃的なニュースダることは間違いありません。

 

明日以降、ワイドショーは確実に山本キッドさんのニュースで埋め尽くされるでしょう。

 

改めて、ご冥福をお祈りいたします。

 

Sponsored Link