日本代表の武藤がポーランド戦スタメン!背番号13FWにゴールは?

 

日本代表、武藤

いよいよロシアワールドカップ予選第3戦のポーランド戦が迫ってきました!

 

キックオフまで1時間を切りましたが、驚きのスタメンが発表されましたね。

 

2戦目までのスタメンを6人入れ替えてきました。

 

気温は35度なので、決勝トーナメント進出し戦うためのばくちに出たともいえます。

 

そして武藤選手がFWでスタメンに名を連ねました。

 

漸く武藤選手の時代が来るかもしれません!

 

是非とも今日のポーランド戦は武藤選手に期待しましょう!

 

背番号13のFWに果たしてゴールは生まれるのでしょうか?

Sponsored Link

 

日本代表の武藤がポーランド戦スタメン!

まずはポーランド戦に臨むサッカー日本代表のスタメンを確認してみましょう!

 

▽GK
1 川島永嗣

 

▽DF
5 長友佑都
20 槙野智章
22 吉田麻也
19 酒井宏樹

 

▽MF
16 山口蛍
7 柴崎岳
21 酒井高徳
11 宇佐美貴史

 

▽FW
9 岡崎慎司
13 武藤嘉紀

 

これまでの2試合と比べてスタメンのメンバーを6人入れ替えてきましたね!

 

武藤選手は岡崎選手との2トップを組みます。

 

漸く手にしたワールドカップの舞台ですから、ぜひとも武藤選手のゴールに期待したいですね!

 

Sponsored Link

背番号13のFWにゴールは?

ここで少し不安な情報を提示しなければなりません。

 

日本代表で背番号13の選手にゴールが生まれていないことです。

 

ワールドカップの4大会でFWが背負っているのですが、いまだにノーゴールなんですね。

 

だからこそ、このジンクスを覆すためにも、武藤選手のゴールがさらに期待されるわけです。

 

ちなみにこれまでのワールドカップで背番号13を付けた選手は以下の通り。

 

1998年:服部年宏

 

2002・2006年:柳沢敦(計5試合先発)

 

2010年:岩政大樹

 

2014年:大久保嘉人(2試合先発フル出場)

 

2018年:武藤嘉紀

 

今大会の武藤選手以外には大保選手と柳沢選手がFWとして背番号13を付けました。

 

二人とも、出場時間が多くあったにもかかわらずゴールを奪うことができなかったのですが、特に柳沢選手は2006年ドイツ大会のQBKが有名ですね。

 

決めるべきゴールを決めきれなかった記憶が苦い思い出となっています。

 

大久保選手も2014年は大会直前に選出されたわけですが、ノーゴールに終わりました。

 

この流れの中で武藤選手もノーゴールだと背番号13が呪われた番号として定着してしまう可能性だってあります。

 

だからこそ、期待も大きい武藤選手にこの嫌な流れを断ち切ってほしいですね。

 

まとめ

ロシアワールドカップで日本代表が決勝トーナメント進出をかけて対戦するポーランド戦のスタメンに武藤選手が名を連ねました。

 

岡崎選手とのツートップを形成します。

 

背番号13を背負うFWとして初ゴールを決めてほしい!

 

またとないこの貴重なスタメンの機会にぜひともゴールを決めてほしいですね!

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ