フランス代表のムバッペ(エムバペ)が速すぎる!移籍金と年棒は?

 

フランス代表、ムバッペ

 

サッカーワールドカップのロシア大会もいよいよ後半戦、決勝トーナメントが始まりました!

 

初戦を飾ったのはフランスとアルゼンチンです。

 

壮絶な打ち合いとなり、4-3でスコア的にはフランスの辛勝でしたが、内容的にはフランス代表が優勢にゲームが動いていたといってよいでしょう。

 

このフランス代表の象徴的な存在がムバッペ(エムバベ)選手なんですね。

 

初めて見たファンもいたと思いますが、あのスピードは驚異的でした。

 

アルゼンチンのDFもファウルを犯して止めるしかない。

 

まるで陸上100M世界記録保持者であるウサイン・ボルト選手がサッカーを極めたらこうなるんじゃないかと思うくらい、衝撃的なスピードでした。

 

とにかく速すぎる。

 

Sponsored Link

 

ムバッペ(エムバベ)のプロフィール

本名:キリアン・サンミ・ムバペ・ロタン

 

日本のメディアではムバッペ、エムバペなどと呼ばれていますね。

フランス語読みでは「ェムバペ」、アフリカ語圏の発音では「ンバペ」となります。

生年月日:1998年12月20日
年齢:19歳

身長:178cm
出身:

ポジション:FW
所属:パリSG
<経歴>

〇クラブチーム〇

年       クラブ        出場 (得点)
2015      モナコB        12 (4)
2015     モナコ         41 (16)
2017  パリ・サンジェルマン   (loan) 18 (9)

 

〇フランス代表〇

年                  出場 (得点)

2014   フランスU-17    2 (0)
2016    フランス U-19    11 (7)
2017-   フランス               21 (10)

 

<プロデビュー>

2015年12月2日:SMカーン戦にてファビオ・コエントランとの交代途中出場でプロデビューを果たす。

 

<プロ初得点>

2016年2月20日:トロワAC戦にて17歳と26日でプロ初得点を記録。

※この記録はなんとアーセナルで一時代を築いたティエリ・アンリの記録を抜いてモナコでの最年少得点記録となりました。

 

2018年6月22日: 現在開催中のロシアワールドカップにおいて第2戦のペルー戦で得点をきめて、大会史上最年少得点となる19歳183日を記録しました。

 

人間性も優れていて、どれだけ有名になっても地元とのつながりは途切れず、帰省しては子供たちとのふれあいの場を設けていました。

 

レアルマドリードへの移籍話も冷静に自己分析したうえで断っているのですが、今やパリサンジェルマンのスター選手に成長していますから、その時の決断に間違いがなかったといえるでしょう。

 

Sponsored Link

移籍金と年棒は?

 

移籍金は230億円で年棒は1750万ユーロ(22億5820万)とも言われていますね。

 

何度も言いますが、ムバッペ選手はまだ19歳です。

 

まるで誰も手に付けることができない怪物だったブラジル代表のロナウド選手を彷彿させます。

 

そして、ムバッペ選手はまだ19歳とこれからの選手ですから驚きです。

 

まとめ

次戦ベスト8での相手はウルグアイ代表です。

 

攻撃はスアレス選手とカバーニ選手と盤石で、守備もクリスチアーノロナウド選手を完全におさえましたから、簡単に仕事はさせてもらえないでしょう。

 

それでも、圧巻の結果を残すのであれば、このロシアワールドカップはムバッペの大会として記憶されることは間違いなさそうです。

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ