【サッカーW杯】コロンビア代表のサンチェスが退場!日本が勝つ!

香川、乾

<追記>

日本がコロンビア代表に2-1で勝利して勝ち点3を獲得しました!

 

いよいよ日本対コロンビアが始まりました。

 

そして、開始3分コロンビアのサンチェス選手が決定機でのハンドで一発退場になり、日本は数的優位になりました。

 

そして、このハンドによって得たペナルティキックを香川選手がきっちり決めて日本が先制しました!

 

また、数的優位で試合を運ぶことができます。

 

この試合は日本が勝つ!

 

Sponsored Link

コロンビアのサンチェスが退場で10人に!

今大会はレッドカードが出ていないことが、話題となっていた矢先のコロンビアのサンチェス選手がペナルティエリア内で決定機でハンドを犯し、一発退場となりました。

 

ここまでクリーンなのは32年ぶり

 

大会5日目を終えてレッドカードが一枚も出ていない大会というのは32年ぶりという記事がありました。

 

これは1986年のメキシコ大会以来ということです。

 

今大会からVARが導入されて、PKの数が増えたものの、退場者が出ないというクリーンな大会となっていました。

 

その矢先にコロンビアのサンチェス選手が大会で初退場者となりました。

 

メキシコ大会の初退場者が出たのは16試合目、そして今大会のロシア退会では15試合目での初退場者となります。

 

Sponsored Link

日本が勝つ!

そして初退場者がでたファウルで日本はPKを獲得します。

 

このまたとない好機を香川選手がきっちり決めなんと日本が先制します。

 

日本が試合の主導権を握る。

 

こんな展開を誰が予想できたでしょうか?

 

日本はその後も、積極的に攻めて、惜しいチャンスも作り出しています。

 

また、コロンビアはクアドラード選手がバリオス選手と交代します。

 

わずか、31分で中盤のキーマンが退場ということで、どれほど追い詰められているかがわかりますね。

 

過去にはアメリカワールドカップでイタリア代表がGKのパリュウカが一発退場となった時、エースのロベルトバッジョを外すという決断をサッキ監督は下しました。

 

この決断はバッジョ本人を含めて論争にも発展したほどでした。

 

この衝撃と同じくらいの決断をペケルマン監督はしたとしてもいいでしょう。

 

まとめ

だからこそ、日本にとってはまたとない好機。

 

1点を前半で返されてしまいましたが、焦ることはありません。

 

川島選手!

 

もう後がないと思って、吹っ切れてほしい!

 

数的優位で試合に負けるようなことはあってはなりません。

 

いくら相手が強豪のコロンビアであったとしても、負けは日本サッカーの衰退にもつながってしまうでしょう。

 

盛り上がりが最高潮に達しているからこそ、危惧されます。

 

ぜひとも、誰もが予想できなかったコロンビアからの勝利を現実のものとしてもらいましょう!

 

頑張れニッポン!

 

<追記>

 

後半に大迫選手がコーナーキックからヘディングシュートで見事なゴールで勝ち越しに成功!

 

アディショナルタイムの5分を守り切りました!

 

コロンビアからなんと勝ち点3獲得!

 

ありがとう日本代表!

 

Sponsored Link

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ