【奥様は取り扱い注意】伊佐山勇輝(西島秀俊)は元公安かスパイ?

伊佐山勇輝、西島秀俊

10月4日から10-12月クールのドラマの先陣を切って『奥様は、取り扱い注意』が放送開始されましたね。

 

主演は綾瀬はるかさんで、伊佐山菜美を演じています。

そして旦那の伊佐山勇輝役で西島秀俊さんが出演されています。

 

ツイッター上では菜美だけでなく勇輝にも過去に秘密がありそれが元公安なのではないか、はたまた菜美同様スパイなのではないかと話題になっていますね。

 

西島さんの役柄が今後の展開においてキーポイントとなってきそうなので第1話を終えたばかりですが、ツイッター上の情報も踏まえて伊佐山勇輝について迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

『奥様は、取り扱い注意』のあらすじ

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、閑静な高級住宅街に暮らす専業主婦。合コンでひとめ惚れしたIT企業経営者・勇輝(西島秀俊)と穏やかな新婚生活を送っている。目下の悩みは、センスがなさすぎて料理がまったく上達せず、夫が自宅で夕食を食べてくれないこと。

実は、夫にも秘密にしている”ワケありの過去”がある菜美。波瀾万丈の過去を捨て、命がけであたたかい家庭を手に入れたのだが、新婚生活が半年経過する頃には、普通の主婦の普通の家庭生活が物足りなくなってしまい…。

 

http://www.ntv.co.jp/okusama/story/01.htmlより引用

 

”私が欲しいもの、それは穏やかな生活。それに暖かな家庭・・・”

と本人のナレーションから始まる『奥様は、取り扱い注意』にはホームドラマを期待してドラマを見始めた視聴者もいるでしょう。

 

ところが綾瀬さんはある国家の情報機関にやとわれていた元工作員役で過去を隠して生活する役を演じています。単純に元スパイですね。

 

”生まれてすぐに捨てられて、そして人並みの愛には恵まれずに育った。”

 

愛情を受けずに育ち、家庭がそして主婦業が何かがわからない菜美の工作員の時とは別人であるかのような不器用ぶりはほっこりしますね。


 

 

Sponsored Link

伊佐山勇輝(西島秀俊)は元公安かスパイ?

旦那役の西島秀俊さんもどこか一癖ありそうな人物設定となっています。

 

それを思わせるシーンをいくつかピックアップしてみましょう。

 

①結婚式をあげていない

結婚式を挙げないカップルは珍しいことはありませんが、両親がいないという設定と合わせてみると素性を隠しているような気がします。

 

②菜美のわずかな変化に気づいた

帰宅した菜美を出迎えた時に、いつもと違う様子にいち早く気付きました。

特殊な能力を持つがゆえに気づいたのではないかと思います。

 

③原案・脚本がCRISISの金城一紀

CRISISでは公安を演じていた西島さん。そして合コンでの初登場シーンではまるで公安の西島さんが登場したかのような錯覚を覚えました。

警察ミステリー系に強く、かつその作品に出演している西島さんですから、今回も設定上ありえるでしょう。

 

ツイッター上では菜美も勇輝の双方に過去に秘密があるのだとすると、それが仮に元スパイだった場合、ミスター&ミセス スミスを彷彿させるような展開になるかもしれません。

 

予想としては、最後に取り逃がしたスパイをされ綾瀬はるかを取り逃がしてしまった組織の一員もしくは、その組織に雇われた工作員なのではないかという点。

 

そしてもう一つは、日本の公安ではないかという点。

公安ではないかというコメントはツイッター上でも多く見受けられました。

 

これまでの西島さんが演じた役がそれを彷彿させるのかもしれませんが、とにかく単純にIT企業の経営者という枠の中だけに納まることはないでしょう。

 

引き続き『奥様は取り扱い注意』に出演されている西島秀俊さんに迫ってみたいと思います。

まとめ

『奥様は、取り扱い注意』で綾瀬はるかさん演じる伊佐山菜美の夫である西島秀俊さん演じる伊佐山勇輝について迫っていました。

 

勇輝は菜美と同様に過去に秘密があるのか。であるならばそれは元公安かスパイか・・・。

 

一筋縄では収まらないキャラであるのは間違いありません。

 

このドラマにおいて西島秀俊さんに注目されている視聴者も多いでしょうから、引き続き確認していきます。

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ