【ワイドナショー】清塚信也がピアニストコメンテーターとして出演!

清塚信也、ワイドナショー

<追記あり>

7月8日に清塚信也さんが再びワイドナショーに出演されます。

 

今回はコメンテーターとしての出演とホームページに掲載がありますから、前回同様に生ピアノの披露はないかもしれません。

 

それでも、注目度は高いですし、コメントも気になるところですね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月22日放送のワイドナショーに清塚信也さんがピアニストコメンテーターとして出演されます。

ピアニストコメンテーターとして、ということは番組中に演奏をしてくれるのは間違いないでしょう。

どの楽曲を演奏してくれるのか楽しみですね!

ドラマ<コウノドリ>の楽曲を手掛けられた実績も印象にも残るピアニストさんです。

今回はピアニストの清塚信也さんに注目してみたいと思います。

ピアニストとしてコメンテーターを務めますが、どのようなコメントを残されるのでしょうか?

Sponsored Link

清塚信也のプロフィール

生年月日:1982年11月13日
年齢:35歳
身長:160cm

職業:ピアニスト・俳優

学歴:桐朋学園

所属:トライストーン・エンターテイメント

経歴:母と姉の影響から5歳からピアノを習い始める。

俳優としては、2013年”さよならデビュッシー”でピアニスト岬洋介役でデビュー

逃げるは恥だが役に立つにも出演(第10話で登場の医師役)

第50回全日本学生音楽コンクール 全国大会中学の部1位

代表曲:

TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」(2017)メインテーマ〈For Tomorrow〉

「コウノドリ」(2015)メインテーマ〈Baby, God Bless You〉

映画 『新宿スワンⅡ』より 〈恋心〉〈水の妖精〉〈心の声〉

 

Sponsored Link

ピアニストとしての経歴

前述のとおり俳優として2013年より本格デビューも飾っている異色のピアニストである清塚信也さんですが、ピアニストとしての経歴をピックアップしてみましょう。

5歳からピアノを始めましたが、母親の英才教育と姉の影響が大きいようですね。

母親の格言として、ネットにも散見されますが『ピアニストになれないなら生きなくていい 人間は死んだらずっと寝ているんだ だから、寝るな』というものがあります。

多大に人格形成に影響を及ぼしていると想像がつきますが、一歩間違えたら人間関係が崩壊していたかもしれませんね。

これまで話題になったドラマ・映画のピアニスト役の吹き替えを担当しています。

演技にかかわることで、俳優にも興味がわいたのかもしれませんね。

 

<ピアノ演奏シーン吹き替え担当>

のだめカンタービレでは玉木宏さん。

神童では松山ケンイチさんの吹き替えを担当。

 

ワイドナショーにピアニストコメンテーターとして出演しますが、どのような楽曲を披露してくれるのでしょうか?

 

まとめ

4月22日にワイドナショーにピアニストコメンテーター清塚信也さんをピックアップしてみました。

Youtubeに挙げられている演奏を聴くととても引き込まれます。

ワイドナショーでは財務省事務次官のセクハラ問題やや新潟県知事の売春報道についてコメントをされるでしょう。

番組に注目しましょう!

Sponsored Link

【ワイドナショー関連記事】

<ワイドナ高校生>

ワイドナショー出演の籠谷さくらの姫路の実家はつくだ煮や!場所は?

【ワイドナショー】其原有沙(そのはらありさ)が出演!【画像】

【ワイドナショー】升澤理子(ますざわりこ)がバイリンガルと話題!

杉山セリナ~メキシコの世界一危険な都市で育ったトリリンガール!

 

はなわのお義父さんの歌詞(全文)が泣ける!ワイドナショーで披露!

『旦那デスノート』の逆バージョン『俺の嫁が可愛い』が大反響!

BOSE(スチャダラパー)ワイドナショー出演!コラボMVにのん!

ワイドナショー出演の宮澤エマの熱愛彼氏は福田悠太?結婚は?

ワイドナショー出演の土屋礼央(TTRE)の父や嫁や子供の現在は?

【ワイドナショー】小島瑠璃子(こじるり)の彼氏の条件は?

【ワイドナショー】さっしーとこじるりが共演!AKB総選挙をどう語る?

【ワイドナショー】つば九郎の前園真聖いじり!まっちゃんも好意的

【ワイドナショー】山田ルイ53世が出演!元引きこもり芸人の苦悩

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ