U18アジア選手権・中川卓也選手が激怒!グラブ踏んだ韓国選手は誰?

 

中川卓也 グラブ踏みつけ

 

素晴しい白熱した試合に、水を差す行為が行われてしまいました。

 

日本と韓国は良いライバル関係でいてほしいんですが、

 

抑えきれない感情が先立ってしまったんでしょうか。

 

大阪桐蔭の中川卓也選手がグラブを意図的に踏みつけられるという被害にあいました。

 

 

完全にアウトのタイミングであえて踏みつけたのは明白で、

 

そして謝罪すらなかったことに中川選手は声を上げて怒りました

 

この、中川選手のグラブを踏みつけた韓国人選手は一体誰なのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

U18アジア選手権・日本 1 対 3 韓国

1回に金足農の吉田輝星投手が立ち上がりを攻められ、3ランホームランを打たれたことが、

 

この試合の決勝点となってしまいました。

 

その後は2安打に抑えて95球を無難にまとめ上げたことはさすがです。

 

立ち上がりの不安定さは夏の甲子園でも露呈していましたから、

 

これからの吉田輝星投手の克服しなければならない大きな課題ですね。

 

Sponsored Link

中川卓也選手が怒り!

 

白熱した熱闘を繰り広げた甲子園出場選手を中心に構成されたU18日本代表。

 

このチームであっても、韓国代表に1-3で敗れてしまいました。

 

実力は確かな韓国代表ですが、最後のグラブ踏みつけだけは見過ごせません。

 

この行為はいただけないでしょう。

 

具体的には韓国選手が、タッチした中川卓也選手の手をグラブごと踏みつけるラフプレーがあり、

 

ネット上では大きな批判の声が上がっています。

 

まず動画を確認してみましょう。

 

※ツイート内のリンクに動画があります。

 

 

完全にアウトのタイミングで故意的に中川選手のグラブを踏みつけていることが明白ですね。

 

 

もし過失であるならば、真っ先に謝罪するのが筋でしょうが、

 

その素振りすら見せていないこの韓国選手はいったい誰なんでしょうか?

 

Sponsored Link

 

中川卓也選手のグラブを踏みつけた韓国選手は誰?

日本は1-3とリードされた九回の守備で、

 

二死二塁からの韓国の三盗を阻止しました。

 

完全にアウトのタイミングで、

 

三塁手の中川卓也選手(大阪桐蔭)はグラブをベースの前に置く形でタッチしようとしたが、

 

この際、二走のキム・デハン選手がスライディングした足でグラブを踏みつけたんです。

 

そして、キム選手が謝罪せずに去ったので、

 

中川選手は声を上げて怒りをあらわにしたという流れになります。

 

このキム・デハン選手、1回に吉田輝星選手から決勝の3ランホームランを放った選手なんですね。

 

 

 

4番打者で、結果を残したにもかかわらず、

 

何かおごりがあったのか、9回のフェアプレーとは程遠い踏みつけはいただけませんね。

 

日本代表はこれで大会が終了したわけではありません。

 

9月7日にチャイニーズ台北と、

 

そして9月8日には中国と決勝進出をかけてスーパーラウンドを戦います。

 

ここで仕切りなおして、

 

もう一度韓国と対戦し、このくやしさをぶつけてほしいですね!

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ