虎ノ門ヒルズ,日比谷線新駅
引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXZZO76555420T00C14A9000000/

山手線の新駅の名前が『高輪ゲートウェイ』に決まったと発表された矢先ですが、

日比谷線新駅の名前も発表されることになりました。

日比谷線新駅の名前は『虎ノ門ヒルズ』です。

実際の場所を地図で確認してみましょう!

また開業はいつになるのでしょうか?

Sponsored Link

虎ノ門ヒルズ(日比谷線新駅)の場所!【地図】

所在地住所:東京都港区虎ノ門1丁目

虎ノ門ヒルズ,日比谷線新駅,地図
引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXZZO76555420T00C14A9000000/

虎ノ門ヒルズは2018年の6月に開業したばかり。

その注目された名称をそのまま新駅として利用するのは利用者にはすんなり受け入れられるでしょうね。

虎ノ門ヒルズの周辺にはインターナショナルスクールや外国人向け医療施設を併設した街づくりを計画しています。

より国際色の高い地域を目指しています。

『高輪ゲートウェイ』と比べてなんのひねりもありませんが、

本来駅名って、シンプルに誰もが覚えやすい地名に根差したものでいいですよね。

『高輪ゲートウェイ』の場合、名前がダサいとか長いとか散々叩かれている状態ですが、

『虎ノ門ヒルズ』はすんなり受け入れらているようです。

ネットの声を確認してみます。

Sponsored Link

ネットの声

特徴としては地名+カタカナ駅名ということで、『高輪ゲートウェイ』と共通しています。

ところが、その評価は完全に二分しています。

やはり、高輪ゲートウェイは公募で130位だったということ、

そして公募の1位がシンプルな『高輪』だったために、

何故公募通りにしなかったのかという批判があるんですね。

そして何よりもダサいという致命的な声が少なくありません。

ただ、隣接する『虎ノ門ヒルズ』と名前がかぶるので、

『虎ノ門ヒルズ』が駅を指すのか、

それともビルをさすのか説明が少しややこしくなるのかなと。

虎ノ門ヒルズの由来は?

虎ノ門ヒルズ,日比谷線新駅
引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000479.000020053.html

東京地下鉄株式会社のプレスリリースを引用します。

お客様に「より明確でわかりやすく」、「まちと一体となった新たな駅」に相応しい名称として「虎ノ門ヒルズ駅」としました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000479.000020053.html

高輪ゲートウェイよりわかりやすいですよね。

”より明確でわかりやすく”というのが駅名をつける上で重要なんじゃないかなと。

違和感なくすんなり受け入れられた『虎ノ門ヒルズ』

違和感だらけの『高輪ゲートウェイ』

いずれはなじんでくるとは思いますが、

ネットの声にあるようにこうも違いがあると面白いですね!

Sponsored Link

開業はいつ?

日比谷線新駅についての計画が2014年(平成26年)10月14日に発表されました。

虎ノ門ヒルズの西側の東京メトロ日比谷線の霞ケ関駅と神谷町駅間に「虎ノ門新駅(仮称)」を新設する計画でした。

『虎ノ門ヒルズ』駅は虎ノ門ヒルズとも地下で直結するほか、

銀座線虎ノ門駅との間も地下道で結ぶ構想です。

開業は2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに完成される予定です。

『高輪ゲートウェイ』駅も同様に2020年の春に暫定的に開業予定なので、

両駅とも東京オリンピックを見据えた開業をするんですね。

最終完成予定は2022年の予定です。

Sponsored Link