貴ノ岩,付け人暴行
引用元:https://milkpan.link/blog-1006-17778

付け人に対して平手とこぶしで4,5回殴る。

頬が大きく腫れている状態。

この暴行を受けた付け人は貴ノ岩関の付け人です。

貴景勝関の優勝に沸いた余韻が冷めやらぬ中、

それに水を差す事件を起こしてしまいましたね。

貴ノ岩関といえば貴乃花親方が自らの部屋をたたむ原因を作った本人です。

これは元横綱日馬富士に暴行を受けたという”被害者”という立場だったんですが、

今回はその逆、貴ノ岩関自身が加害者という立場となりました。

元貴乃花親方は弟子の貴ノ岩の暴行事件をどう思うのでしょうか?

貴ノ岩の付け人暴行事件の真相に迫ります。

Sponsored Link

貴ノ岩の暴行事件の真相は?

日馬富士に暴行を受けた貴ノ岩が今度は自らの付け人を暴行して、

被害者から加害者へと立場が変わる形となりました。

まずはどのような暴行事件なのか確認してみましょう。

関係者によれば昨日(12月4日)、自身の付け人に暴行した。昨年10月、元横綱・日馬富士関から頭部を負傷させられ被害者となった貴ノ岩だが、今度は加害者となった。協会では今年10月に「暴力決別宣言」を出したばかりで、貴ノ岩には厳罰処分が下る可能性が高い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010001-spht-spo

【貴ノ岩 自身の付け人に暴行】https://t.co/phdSmhHaoL

大相撲の幕内・貴ノ岩が、冬巡業中に付け人に暴行を加えていたことが5日、分かった。関係者によると、自身の付け人に暴行したという。

— Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) December 5, 2018

暴行した理由は、付け人が忘れ物をして、

貴ノ岩関がその言い訳に怒ったことが原因でした。

日馬富士の暴行の原因は、

貴ノ岩関に対して横綱の白鵬関に話している時に

それを聞かずにスマホをいじっていたことにありました。

事件の経緯を再度確認してみましょう。

Sponsored Link

貴ノ岩の性格に問題ありか?

日馬富士
引用元:https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20100916-678999.html

昨年起きた貴ノ岩に対する日馬富士の暴行事件。

日馬富士が暴行を働いた原因は、

白鵬関が話しているのに貴ノ岩関がスマホを操作していたことにあります。

この行為に対して起こるのは仕方のないことですし、

問題は頭部を縫うほどの暴力を働いてしまったということです。

  1. 白鵬が話している時にスマホを操作
  2. 「あなたの時代は終わり」と発言

これらの言動で貴ノ岩は同情を買うことになったわけです。

このように貴ノ岩の態度に度が過ぎた問題があったともいえるでしょう。

いくら酒が入っていたとはいえ、

縫うほどの暴力を働くだけの動機があったともいえます。

日馬富士が酒癖が悪いのは有名だったそうですが、

それでも横綱という地位にある人物が理性を失う暴力を働いてしまう原因は、

貴ノ岩にあったということでしょう。

今回の貴ノ岩が加害者となった暴力事件で一気に風向きは変わりそうです。

現在も貴ノ岩が自分が暴力を受けた原因が、

そもそも自分自身にあると自覚する必要があったのだと思います。

被害者にならざるを得なかった原因がすべて日馬富士にあり、

”自分は何も悪くない”という考えがあるから加害者になってしまったといってもいい。

貴ノ岩への同情する気持ちが強かったからこそ、

それを裏切られたファンの怒りは相当なものになるでしょうね。

Sponsored Link

日馬富士の再評価が必要かもしれない

暴行したことは決して許されないことですが、

今回貴ノ岩関が暴行の加害者となったことでその性格に難があったともいえます。

日馬富士の立場も再考する必要があるかもしれません。

元横綱日馬富士が貴ノ岩関を暴行した事件は以下の通り。

昨年10月26日未明に、鳥取市内の飲食店で同じモンゴル出身の貴ノ岩を殴ってけがをさせたとして、昨年12月28日に同区検が略式起訴し、1月4日に同簡裁が罰金50万円の略式命令を出した。

この略式命令はそのまま確定し、日馬富士は罰金を支払って刑事事件としては終了している。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20180926-00098372/

この事件は刑事事件に発展したのは

相撲協会の対応に不信感を抱いた貴乃花親方が鳥取警察に被害届を提出したことにありました。

相撲協会に反旗を翻す形となったために、

貴乃花親方は当時ナンバー2の位置から一気に転げ落ち、

挙句の果てには自らの部屋をたたむこととなってしまいました。

貴乃花親方が景子さんと離婚した一つの原因ともいわれています。

それほど影響力の大きい事件の”被害者”だったため、

貴ノ岩に対する相撲ファンの目は同情的なモノばかりで、

日馬富士は完全なヒールとなっていました。

それが、一転貴ノ岩関が今度は加害者として付け人に暴行を働いてしまいました。

自覚が足りなさすぎですよね。

貴ノ岩もそれを支えた貴乃花親方や貴景勝をはじめとした弟子たちも、

ボロボロになる経験をしたはずです。

暴行を受けることの痛みを一番知っている人物が加害者になるという皮肉。

相撲協会に暴力の根絶ができるのか?

貴ノ岩個人の問題なのか?

各部屋に問題があるのか?

闇は深いと言わざるを得ません。

Sponsored Link