藤本隆宏

元水泳選手でソウルとバルセロナの二度オリンピックに出場経験を持つ藤本隆宏さん。

オーストラリアで水泳留学をしていた際ミュージカル『レ・ミゼラブル』に魅了されて、ミュージカル俳優の道に進むことを決断されます。

そして帰国後すぐに受けた劇団四季のオーディションに見事合格。

テレビドラマでは『坂の上の雲』を皮切りに『JIN-仁-』や『真田丸』にとても個性的なキャラクターで出演し、大きなインパクトを残し続けていますね!

こんな元五輪競泳選手として決勝まで進んだことがある異色な俳優、藤本隆宏さんに迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

 

 

 

藤本隆宏(ふじもと たかひろ)のプロフィール

生年月日:1970年7月21日

年齢:46歳

出身:福岡県北九州市

学歴:早稲田大学人間科学部卒業

身長:183cm

経歴:(競泳選手として)

1988年:ソウルオリンピック出場(日本男子競泳史上最年少)。200m・400m個人メドレー

1991年:日本水泳連盟最優秀選手賞受賞。

1992年:バルセロナオリンピック出場。400m個人メドレー8位

(舞台俳優として)

1995年:劇団四季入団(初舞台1997年)

シェイクスピアの『ヴェニスの商人』や『冒険者たち』、『王子とこじき』、『キャッツ』などに出演

1998年:劇団四季退団

(テレビドラマ)

2009年:NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』でオーディションを経て主役の親友・広瀬武夫役に抜擢されテレビドラマデビュー

2011年:TBS『JIN-仁- 完結編』で西郷隆盛役。同年の第2回岩谷時子賞を受賞

2012年:NHK大河ドラマ『平清盛』

2014年:NHK連続テレビ小説『花子とアン』

 

2017年:ミュージカル『アニー』出演

 

その他、音楽活動も盛んで、シャンソンのパリ祭で司会や出演。自らも作詞をし、小坂明子作曲でオリジナル曲を発表しつつ、ライブ活動も積極的に行っている。

 

水泳選手としてオリンピック出場経験のある異色の俳優

藤本さんを語るうえでは欠かせないのが俳優を志す前に水泳選手として活躍されていたということです。

それも並大抵のものではなく、なんと二度もオリンピックに出場した経歴をお持ちなんです!

ソウルオリンピックでは200mと400mに出場し、男子競泳史上最年少の出場でした。

1991年には日本水泳連盟最優秀選手賞受賞し、1992年のバルセロナピックでは400m個人メドレーで決勝進出をはたし見事8位という成績を収めています。

(実は同じ日にこの個人メドレーのあとに岩崎恭子さんが出場され見事金メダルを獲得した平泳ぎ決勝が行われました。

”今まで生きた中で最高に幸せです”

と名コメントを残した当時まだ中学生の岩崎さんに話題をさらわれてしまいましたね。)

とにかく輝かしい実績を重ねてきた藤本さんですが、1996年のアトランタオリンピックには選考の日本選手権で結果を残すことができず惜しくも出場を逃すこととなりました。

結果は3位なのですが、本人からしてみたら惨敗だったようです。

常に日本水泳界をけん引してきた藤本選手にとっては大変大きな挫折だったのでしょう。

実はアトランタオリンピックを目指すにあたりオーストラリアに水泳留学をしていたのですが、そこでミュージカルと衝撃的な出会いを果たします。

ここで観劇した『レミゼラブル』に感動して、自らもミュージカル俳優としての道を歩むこととなります。

早速帰国後、1か月ほどの練習期間を得て劇団四季のオーディションを受けて、見事合格します。

行動力が半端ないほど早いですね。

決断と覚悟を決めたら物事がとてつもないスピードで動くという典型的な好例に当たるのではないでしょうか?

劇団四季に合格したのは1995年なので、まだアトランタオリンピック選考前ですね。

たらればの話になりますが、もし水泳だけに集中していたらアトランタオリンピックに出場できたのかもしれません。

日本選手権では実際に3位だったわけですから、本人は惨敗と評価していますがその差は仮に練習に集中していたら埋められた差ではなかったでしょうか?

おそらく本人も水泳選手を引退し俳優として生きていくことを決断した後も、心残りはあったでしょう。

この心残りや、多少の後悔を払しょくするために俳優業にまい進したことで、今の活躍に結びついているのかもしれません。

 

結婚はしているのか?

現在藤本さん46歳なので結婚しているかどうかが気になるところですよね。

藤本さん本人の口から結婚について語られたことはないようです。

ところが、実は結婚していたという情報があります。

もちろん本人の口から出た情報ではありませんが、結婚相手である方から2011年に結婚されていたということが語られました。

お相手の名前は栗原朗子(くりはらあきこ)さんです。

栗原朗子

劇団四季出身とのことですから苦楽を共にしたことで交際につながったのか?と調べてみたのですが、栗原さんは2000年入団んで藤本さんはすでに1998年に退団していますから在籍はかぶっていませんね。

栗原さんには連れ子がいらっしゃったようですね。

このことは、栗本さんがFacebookで報告され、ファンの間だけで知られているというものだったようです。

しかし、二人は残念ながら2015年までには破局されたようですね。

Facebookもすでに退会されたのか確認できませんでしたが、ツイッターに離婚を暗示するような記述があったようですから、信ぴょう性は多少はあるのではないでしょうか。

 

藤本さん本人は結婚については全く触れられていないので謎といえば謎ですが、結婚、もしくは交際していたということは可能性は高いと思います。

 

まとめ

藤本隆宏さんを初めてテレビで知ることになったのは『JIN-仁-』に西郷隆盛役で出演されていることがきっかけでした。

完全にはまり役で熱い演技がとても印象に残りました。

これ以降藤本隆宏さんの番組は注目するようになりました。

そして最近知ったことが、実は藤本隆宏さんは元競泳選手で、さらにオリンピックに2度も出場した輝かしい経歴をお持ちであることです。

成功を収めた水泳選手からミュージカル俳優への転身は相当の努力をされたのではないかと容易に想像がつきます。

やはり劇団四季に在籍していた当時は下積み期間ということになるでしょう。

そして漸く『坂の上の雲』で開花します。

そこから『JIN』につながっていくわけですが、久しぶりに経歴がとてもユニークな俳優さんに巡り合えたと書き終えてみて感じます。

義理人情に熱く男気のある演技は歴史物や、社会派ドラマに向いている気がするので是非これからもたくさんのドラマに出演することを期待したいと思います!

 

Sponsored Link