台風20号は石川県にいつ接近?通勤・通学で交通機関への影響は?

 

台風20号 石川県

 

台風20号の影響からか、石川県かほく市では39.1度の猛暑を記録しました。

 

金沢市内でも、外に出ると滝のように汗をかく人が続出しています。

 

そして、いよいよ台風20号が石川県を24日未明から最接近するようです。

 

具体的にはいつ頃がピークになるのでしょうか?

 

また、通過時間帯によっては24日朝の通勤・通学への交通機関への影響も気になるところです。

 

確認してみましょう!

Sponsored Link

台風20号が石川県にいつ接近?

2018年8月23日19時30分発表 強い台風第20号は、23日18時現在、

 

室戸岬の南南東約60kmにあって、北へ毎時35kmで進んでいます。

 

中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。

 

この台風は、24日6時には輪島市の西北西約150kmに達し、

 

24日18時には函館市の西南西約160kmに達するでしょう。

 

25日15時には日本の東に達して、温帯低気圧に変わる見込みです。

 

台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、

 

台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

引用元~https://tenki.jp/bousai/typhoon/1820/~

 

台風20号 石川県

 

台風20号は23日19時現在、四国地方を直撃しています。

 

局地的に100ミリ以上の雨を記録する可能性があります。

 

先日の大雨に続いて、十分な警戒が必要です。

 

交通機関は運休しているようです。

 

また大坂ドームで開催予定だった関ジャニ∞のライブの中止が発表されています。

 

 

この台風の影響で北陸地方はフェーン現象となり、

 

猛烈な暑さに苦しめられる一日となりました。

 


そして、この台風20号の進路上に石川県があるんですね。

 

フェーン現象から始まり、実際に台風20号が直撃する石川県。

 

それではいつ頃石川県に接近するのでしょうか?

 

石川県へは23日夜から24日未明にかけて最接近するようです。

 

Sponsored Link

通勤・通学で交通機関への影響は?

強風・波浪・高潮・乾燥注意報が現在石川県にはでています。(19時現在)

 

これらの注意報が、台風接近に伴って警報に切り替わる可能性が大きいですから、

 

十分な警戒が必要です。

 

そして、24日朝の通勤・通学で交通機関へはどれほどの影響があるのでしょうか?

 

23日午後は特急が運休

 

NHKニュースによりますと、23日は以下のような交通機関への影響が発表されています。

 

北陸線の特急列車の運転を取りやめました。

JR西日本によりますと、金沢と大阪方面を結ぶ特急「サンダーバード」と、

 

金沢と米原・名古屋方面を結ぶ特急「しらさぎ」は台風20号の接近に伴い、

 

23日午後からすべての列車で運転を取りやめました。

JRは今後の気象状況によってはほかにも運転を取りやめる列車が出る可能性もあるとして、

 

最新の運行状況を確認するよう呼びかけています。

 

まだ、最接近していないにもかかわらず、

 

午後から特急の運転を取りやめています。

 

今後の気象状況によって、運転状況が変化するといいますから、

 

やはり、明日の朝の通勤への影響は不可避かもしれません。

 

6時ころに石川県の北西に台風が位置していることがわかります。

 

ピークはこれ以降過ぎていきますが、

 

まだ、四国に上陸する前に、特急が運休になっていますから、

 

警戒を十分にしているといっていいでしょう。

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ