SUITS,日本版,ルイス
引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=eIlhppOcqcU

 

いよいよ日本版『SUITS/スーツ』が始まりました!

 

織田裕二さん主演で、日本版ハービィ、甲斐正午をどのように演じてくれるか注目されます。

 

すでにアメリカで大ヒットしている『SUITS』は8シーズンが放送中です。

 

日本でも既存のSUITSファンがたくさんいますから、

 

日本版スーツに対する評価も辛口な評価も予想されています。

 

とても難しいSUITSに挑戦する織田さんをはじめとする出演者の方々には敬意を表します。

 

そして、日本版SUITSが成功する上でカギを握る人物はアメリカ版のルイス、

 

つまり日本版スーツの蟹江貢役の小手伸也さんの演技でしょう。

 

日本版SUITS・第1話のネタバレとともに小手さんに注目し、

 

日本版ルイス、蟹江貢を演じる小手伸也さんがどのような演技をしたか

 

そしてネットの評価はどうだったのかを確認してみましょう!

 

Sponsored Link

SUITS日本版第1話予想!

SUITS日本版を心待ちにしていたアメリカ版SUITSファン、

 

そして、少し否定的な感情でスーツを待っているファン、

 

いずれにせよ、注目されていることには変わりはないわけです。

 

評価を分けるのはやはり第1話の評価次第ですから、

 

制作陣、そして織田裕二さんをはじめとした出演者も気合が入っているでしょう。

 

第1話がどのような展開になるのか見所を予想してみましょう。

 

甲斐正午と鈴木大貴の出会いはどうなるか?

第1話の醍醐味の一つが織田裕二さん演じる甲斐正午と、

 

中島裕翔さん演じる鈴木大貴がどのように出会うかという点でしょう。

 

そして、その出会いをつなげるのが中村アンさん演じる玉井伽耶子でキーパーソンの一人となります。

 

アメリカ版では

 

ハービィ(日本版の甲斐)が法律事務所で昇進するための条件として、

 

アソシエイトをつけることを言い渡されます。

 

渋々引き受けたハービィはホテルの一室を貸し切り面接を行います。

 

その第一印象を評価しているのが、

 

中村アン演じる玉井加耶子役の原作版ドナです。

 

ほとんどの志願者がアイコンタクトでいまいちな評価をハービィに与えます。

 

そんな中、突然マイクが面接会場に乱入してきます。

 

(日本版マイクは鈴木大貴で中島裕翔さんが演じます。)

 

このマイクに対してドナは肯定的なアイコンタクトをハービィに向けます。

 

もともと、面接の予定がなかったマイクはこうしてハービィと初対面を果たすことになります。

 

そもそも何故マイクが面接会場に乱入したかというと、

 

本来、薬の取引でホテルを訪れていたのですが、

 

手配されていた部屋の前で警察がいることに気づきます。

 

その場をやり過ごしたかに見えましたが、

 

警察もマイクが部屋の主だということを見抜き追いかけることになります。

 

このマイクの逃走劇の最中に乱入したのがハービィのアソシエイトを選出する、

 

面接会場だったんですね。

 

ハービィの目の前で驚異的な記憶力を披露したマイクはめでたくハービィのアソシエイトとして、

 

法律事務所に採用されることになります。

 

このシーンがSUITS日本版第1話のハイライトになるはずです。

 

ただし、完全なコピーということはないでしょうから、

 

甲斐と鈴木の出会いをどう演出してくるか注目です。

 

日本版ドラマ『SUITS(スーツ)』の脚本家は池上純哉さんです。

 

SUITS,脚本家
引用元:http://ci-e.co.jp/agent/

 

甲斐と大貴の出会いがうまく演出できれば、

 

今後の日本版スーツも成功路線に入ったといって良いでしょう。

 

SUITS(スーツ)日本版キャストとあらすじ!脚本家やルイス役は誰?

 

あと、もう一つ、日本版SUITSの明暗を分けるのが、

 

アメリカ版原作『SUITS』のルイス、

 

日本版では蟹江貢として小手伸也さんの演技です。

 

ルイス(日本版:蟹江貢)を演じる小手伸也の演技に注目!

一歩間違えたら、

 

ただの寒いお荷物キャラなのですが、

 

ルイス同様に愛らしくどこか憎めないキャラを演じることができるかが鍵を握ります。

 

原作『SUITS』ではエピソードにほぼ全編にわたって絡んできますから、

 

小手さんの演技の評価がとても重要な要素となってきます。

 

第1話から厳しい目で見られるでしょうが小手さんの演技に期待したいところです!

 

SUITS日本版第1話ネタバレ!

スーツ第1話で気になるシーンや判明した事実のネタバレをしていきます。

 

田島玲子の役どころは鈴木大貴の祖母役

田島玲子さんの役どころが不明だったんですが、

 

鈴木大貴の祖母、鈴木 結衣役としての出演です。

SUITS,田島玲子
引用元:http://ticket-news.pia.jp/pia/news_image.do?newsCd=201007160004&imageCd=5

 

この祖母のために鈴木大貴は弁護士としてのモチベーションを保っているといっていいでしょう。

 

これからも、鈴木大貴改め鈴木大輔が思い悩んだり、ピンチに陥るシーンで登場するはず。

 

中村アンが可愛い!

個人的には、面接会場での中村アンさんが第1話のハイライトです。

 

アソシエイトの面接会場で、甲斐から〇×で候補者の目利きをするように言われた玉井加耶子。

 

SUITS,日本版,中村アン

 

中村アンさん演じる玉井伽耶子のお目にかなわななかった候補者はこんな感じで不愛想に×サインを出しましたが・・・

 

SUITS,日本版,中村アン

 

警察に追われて紛れ込んできた鈴木大貴の評価は一転この目をパッチリ開いて〇サイン!

 

可愛すぎですね笑

 

スーツは中村アンさんにも注目する必要がありそうです。

 

鈴木大貴→鈴木大輔

なりすますことになる鈴木大輔はクライアントの鈴木大輔でした。

 

ホームページに名前が並列で記載された意味がこれで判明しました。

 

鈴木大貴はもちろん弁護士資格はありませんから、なりすます必要があります。

 

鈴木大輔はシンガポールに永住する予定なので、

 

日本の弁護士資格は必要なくなります。

 

その資格を、利用できるように甲斐は空港で鈴木大輔を見送る際計らいます。

 

その相手が弁護士資格があるにもかかわらず活用していない、

 

今回の甲斐のクライアントである鈴木大輔でした。

 

甲斐の元に鈴木大輔の資料が大量にあるのもこれで納得です。

 

聖澤と大貴コンビ

聖澤と大貴は最初はお互いのプライドの高さからすれ違いの初対面でしたが、

 

第1話の最後に聖澤と鈴木大貴あらため鈴木大輔が握手をするシーンがあります。

 

今後の二人の活躍が暗示される場面でしたね。

 

主題歌はB’zの『WOLF』

イントロで『イェーイ!』と曲中に『あぅー!』と稲葉さんの声。

 

この主題歌は話題になるでしょうね!

 

最高検検事柳が不気味な存在に

甲斐は最高検の柳検事について、警戒するように幸村から釘を刺されて、

 

日本版SUITS第1話は終了します。

 

SUITS,國村隼
引用元:https://www.cinematoday.jp/page/A0003806

 

 

アメリカ原作『SUITS』では、

 

ハービィと恩師の検事は1シーズン後半で明らかになっていきます。

 

日本版では、この検事に当たる柳検事が今後原作アメリカ版以上に、

 

大きくストーリーに絡んできそうです。

 

この深い闇のある柳検事の役どころとしては國村隼さんは適役でしょう。

 

そうなると、益々日本版ルイス、蟹江貢を演じる小手伸也さん、正念場です!

 

Sponsored Link

ルイス(日本版:蟹江貢)役の小手伸也の評価

アメリカ版『SUITS』のルイスを彷彿させてくれる、

 

トラブルメーカーぶりを早速発揮してくれましたね。

 

ただし、第1話を通して正直インパクトに欠ける感じです。

 

アメリカ版ルイスに比べてという意味ですが。

 

それよりもルイスが唯一無二なのか。。。

 

幸村所長に愚痴や告げ口をするキャラであるので、

 

もう少しネチネチした個性を発揮してほしかったです。

 

その実績はすでに小手伸也さんにはあるはずなんですよね。

 

それは、2016年大河ドラマの『真田丸』で演じた塙団右衛門です。

 

真田丸,小手伸也
引用元:https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1078428

 

その存在自体が強烈に印象に残る塙団右衛門を見事演じ切りました。

 

この雰囲気を『SUITS』でも是非見せていただきたい。

 

何度も言いますが、日本版ルイスの蟹江貢の活躍なくして、

 

日本版スーツの成功はありえないので頑張ってほしいです!

Sponsored Link

ネットの評価を確認!

大方の予想通り、肯定的評価と否定的な評価に二分されていることがわかりました。

 

それぞれ見てみましょう。

 

肯定的な評価

 

 

 

否定的な声

 

 

 

傾向としてはオリジナルのアメリカ版『SUITS』を知っているファンは辛口評価。

 

そして、今回の日本版『スーツ』が初見の視聴者は概ね高評価と二分されています。

 

ドナ役の中村アンさんの評価が一番高かったです。

 

Sponsored Link