新幹線事件の容疑者は自閉症?刃物で”誰でもよかった”と犯行!

 

 

新幹線事件数日前に耳を疑うような虐待事件がニュースとなり、その反響がまだ鳴りやみませんが、6月9日にも記事を二度見したくなるような事件が発生してしまいました。

 

それはあろうことに新幹線のぞみの社内で起こってしまいました。

 

3人が被害にあい、亡くなられた乗客の方はめった刺しだったようです。

 

容疑者は自閉症なのではないかという情報もあります。

 

現場は修羅場と化していたようです。

 

この新幹線のぞみ事件をまとめて見ました。

 

Sponsored Link

新幹線のぞみ事件

6月9日夜の終電で、東海道新幹線の新横浜駅と小田原駅間を走行中に起きました。

 

3人が被害にあい、逮捕されたのは小島一朗容疑者(22)です。

 

犯行現場は12号車で亡くなられた男性に対しては斧を振りかざし、馬乗りになりめった刺しだったようです。

 

容疑者とは全く縁のない無関係者です。

 

一日の終わりの終電の車内ですから寝ている乗客も少なくなかったでしょう。

 

リラックスした空間で突如襲われるなんて誰が予想できるでしょうか?

 

2015年6月にも走行中の東海道新幹線車内で無関係者が巻き添えをくらい亡くなる事件が発生しましたね。

 

それ以来、防犯カメラを客席やデッキに増設しましたが、それでも乗降客が多いのですべてを把握しきれないのが現状です。

 

それまで亡くなる人はいなかった新幹線の車内での犯行がここ数年で立て続けに起きてしまったのは悲しいですね。

 

Sponsored Link

容疑者は自閉症?

逮捕された小島容疑者の伯父(57)によると、小島容疑者は愛知県一宮市出身で定時制高校を卒業するまで同市で育ちました。

 

職業訓練校を経て埼玉県内の会社に就職しましたが、約1年後に”人間関係が合わない”と言って退職します。

 

実家の両親とトラブルがあったため、2016年4月ごろから同県岡崎市の伯父方で暮らすようになったといいます。

 

小島容疑者は自閉症と診断され、2017年2~3月には岡崎市内の病院に入院していました。

 

伯父の家では2階の部屋に引きこもってパソコンを触っていました。

 

”自分は価値のない人間だ。自由に生きたい。それが許されないのなら死にたい”などと話していたという。

 

今年1月に”旅に出る”と言い残し、自転車に乗って自宅を出ていました。

 

それ以前にも何度か家出したことがあったという。伯父は”人に危害を加えることはこれまでなかった。事件を起こしたことは信じられない”と話していました。

 

つい先日、秋葉原の通り魔事件から10年が経ち事件は風化させてはならないという記事を目にしたばかりです。

 

その矢先の今回の事件。

 

自閉症の人は春先に精神が不安定になる場合が多いらしいですが、ゴールデンウィークはすでに過ぎ、これも当てはまらないでしょう。

 

今回の報道が自閉症を患っている人への偏見に結びつかないか心配されます。

 

世界的には自閉症を持つ人は2,170万人ほどいるようです。

 

世界において,1000人あたり約1〜2人が自閉症を持っているとされ、また男子には女子の5倍以上多いことがわかっています。

 

小島容疑者は自閉症で病院に入院していましたが、通り魔事件の容疑者と同様に社会とのつながりを確立できず、犯行に及んだという共通点があります。

 

また、誰でもよかったと無差別に人を襲う点も共通しています。

 

今年の1月から旅に出るという口実の下家を出ていたといいますから、半年近く自活をしていたことになります。

 

自閉症を患っている人が他人の援助を得ずに生活はできるものでしょうか?

 

ほとんどの患者は生活を一人でこなすことは困難のようです。

 

そのため、半年近く何をしていたか知りませんが、少なくとも自立をして生活しているのは間違いないわけで、自閉症というのは単なる甘えから来ているものかもしれません。

 

これでは自閉症に対する偏見が確実に生まれてしまうでしょう。

 

自閉症を患いながらも必死でそれを克服しようと努力している人たちへの冒涜でもあります。

 

刃物で”誰でもよかった”と犯行に及ぶ

”誰でもよかった”

 

どこか聞きなれたフレーズとなってしまったのが悲しいです。

 

”誰でもよかった”

 

この言葉に自分自身は含まれていないのでしょうか?

 

ここ最近、耳を疑うような事件が続発しています。

 

閉塞的な社会の表れなのでしょうか?

 

生きづらい社会となってしまっている結果なのでしょうか?

 

どうであれ自分がうまくいかないことの原因を社会のせいにして生きるのではなく、克服するだけの度量を持ってほしいと思います。

 

被害にあわれて残念ながら亡くなられた乗客の男性のご冥福をお祈りします。

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ