片山晋呉は性格悪いと評判?プロアマ戦で不適切行為や態度が話題!

 

片山晋呉、何した

プロゴルファーの片山晋呉選手が5月30日に行われた、「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」のプロアマ戦において不適切な行為をしたと話題になっています。

 

問題発覚後ネット記事が途切れることはなく次々に新しい情報が更新されて行っているという状況です。

 

 

そのすべての記事が擁護や弁解の仕様がなく、片山選手の悪評が白日の下にさらされるようになってしまう結果となっていますね。

 

やはり、以前から話題となっていた性格の悪さが明るみになったとみてよいでしょうか?

 

おそらく、ワイドショーではいかにこれまでも片山選手のプレー態度や行為が悪いのかということを事例をもって放送することは間違いなさそうです。

 

そこで具体的に性格が悪いという評判はどこからくるのか確認してみましょう!

Sponsored Link

片山晋呉は性格悪いと評判?

それでは片山晋呉選手について書かれている過去の言動を確認してみましょう。

 

・プレー中のマナーが悪い

プレー中にミスショットをするとそのクラブでキャディバックをたたいた。

キャディに罵声を浴びせる。

プレー中にした食事を平気でコースに捨てる。

 

・態度が悪い

ファンにサインをしているところを見た人がいない。

笑顔がない。

 

以上は、テレビ解説者が話していたようです。

 

また性格の悪さを表現しているのは片山選手が仲間や後輩からの人望がないということです。

例えば、”いつでも言ってくれれば教えてやるのに”と愚痴をこぼした際、裏で”片山選手に教えられるくらいなら下手なままでよい”といわれたそうです。

またアメリカで共に修業した相手が”関わりたくないほどの変人だった”と答えているそうです。

 

お気づきかもしれませんが、以上の事は確証はなくすべて伝聞の情報です。

具体的な日付も相手の名前もツアーの名前も明らかになっていません。

それでも、一つ一つのエピソードが片山選手であれば間違いなくやりそうだという補完情報となっているのが事実ですね。

 

またゴルフはテニスのように紳士のスポーツの一つです。

 

いくら成績が良いからといって、評価されません。

 

このような噂がたくさん立つということは、紳士的な行為をしていないことの証左となるでしょう。

 

Sponsored Link

プロアマ戦で不適切行為や態度が話題!

今回問題が公にされたのは日本ゴルフ機構(JGTO)の青木功さんが隠さずに公表したのがきっかけでした。

 

昨今身内の不祥事にはふたをしたり、発覚してもその不祥事を認めず責任転嫁をはかる当事者が増えてきているのが現状です。

 

現在進行中の不祥事といえば、日大アメフト部のタックル問題がそれにあたりますね。

 

監督やコーチが指示したことは客観的にみても明白であるにもかかわらず尚それを認めようとせず、結果的に自らの首を絞めるに至りました。

 

このような中で、若干のタイムラグはありますが、第三者の申告で発覚するのではなく、ゴルフ機構側から公表したということが評価できると思います。

 

何とか踏みとどまり、逆にクリーンなイメージを与えたかもしれません。

 

真摯にかつ迅速な対応がいかに明暗を分けるかがよくわかる事例でしょう。

 

ゴルフ機構は問題ないとなれば、当事者である片山晋呉選手に非難が一極集中するのは明確です。

 

更に、片山晋呉選手は火中の日大出身というおまけつきです。

 

次々に出てくる片山選手の悪評はやはり真実なのでしょうか?

まとめ

この記事を書いている間にも新しい情報がネット上にアップされていました。

 

その記事によると川渕三郎元サッカーチュアマンが現場に居合わせていたとのことです。

「日本ゴルフツアー選手権のプロアマ戦で、前の方で”帰る”なのか”帰れ”なのか大きな怒声が聞こえた。片山晋呉選手の組み。後で聞いたらゲストをゲスてトとして扱わない片山選手の非礼な態度にゲストが怒って帰ったとの事」

その上で、川淵氏は「ツアー改革を強く推進しようとしている青木会長がこれを見逃さず公にした。お見事」(コメントは原文のまま)と、懲戒・制裁委員会で処分を検討すると発表した日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長をたたえた。

引用元~https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00231931-nksports-golf~

 

 

森ビルが主宰したプロアマ戦での失態。

 

片山選手がラウンドしていた人が誰なのかはわかりませんが、著名人であることは間違いないでしょう。

 

それを理解できなかったのか。

 

奉仕の精神がなかったのか、それとも何か追い詰められていてファンサービスをすることすらできない精神状態だったのか。

 

今回の一件は青木会長も激怒していますから、前例があったものとみていいでしょう。

 

片山選手、旗色はとてつもなく悪いです。

 

Sponsored Link

コメント1件

  1. トークショーにて より:

    以前、トークショーのイベントに携わったことがあります。
    控え室でもわがままで当時契約していたゴルフメーカーの営業マンに言いたい放題でした。
    用意してあったメーカーのウェアも着用を拒否し、私は花束を渡す役目でしたが、2度と呼んで欲しくないとメーカーの方にお伝えしました。
    選手の間でも前から横柄な態度は有名と聞いています。
    今回の件も自分の立場をわかっておらず、
    出るべきして出たという事でしょうね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ