自分の人生を選択する勇気、退職〜留学を経て気づいたこと1

  • 人気ブログランキング

このブログを立ち上げてから

自分の生き方について
本気で考え直すようになりました
今回はGWが終わり会社に戻る新卒の社会人や
20代でもがいている社会人に対して投げかけたい

言いたいことは今ある環境が全てではないということ
決められた道なんかなく自分で選択できるということ
そして選択する勇気を持ってもらいたいということです
長くなりますがお付き合いいただければ幸いです
自分がどうやって
歩んできて
今の自分を作り上げてきたのか
もう一度振り返ってみたいと思います
流れは有頂天の生活
⇨社会人強制終了⇨
何も手につかない一年⇨
同じ業界でリスタート⇨
アメリカ留学⇨
そして現在
20代前半にして出世をして

同期では会えないような

そんな地位のある人達と
仕事をしてきました
テレビの医療ドラマで
よく出てくるような
料亭にも良く上司に連れて行ってもらいました
そこで取引先と商談をしたこともあります
有頂天になり
高級スポーツカーに乗り
ギブソンのギターを買い、
そして給与を上回る時計を
はめていました
欲しいものは
躊躇なく買っていました
今思うと
仕事漬けの毎日に
神経が侵されていたんだと思います
うまく行っている時は
それでよかった
会社が立ちいかなくなる危機を迎えるまでは
大口の顧客を失い
ビジネスモデルも崩壊し
仕事が一気になくなりました
そんな時問われるのは
新規のビジネスを
いかに作れるかということです
そもそもが
勤めていた上司が
人脈を頼りにすたーとさせた
ベンチャー企業でした
こんな追い詰められた状況の中で
自分は潰れました
上司に用意された
道の上を歩いていたから気づきませんでした
0から何かを作らなければならない
そんな状況の中で
全く貢献できなかった事実は
自分にあった見かけのプライドを
破壊するには充分でした
結局積もりに積もったストレスが
ある時一気に飽和点を超えました
張り詰めていた糸が
あっけなく切れました
会社に向かう原動力は
もはや残されてなく
そして会社を去りました
みずから強制終了の
ボタンを押しました
これまでの人生は
なんだったのか
一年近く社会復帰できませんでした
他の業界を目指しましたが
実績のない自分に
居場所はありませんでした
結局、
自分が強制終了をかけた
元の業界にもどるしか
道は残されていませんでした
ただやるからには
これまでの充電期間を
取り戻す覚悟で
必死に働きました
それでも基本は同じ
潰れたあの日が
消えることはありませんでした
うぬぼれから大きな挫折
振れ幅が大きい数年間でした
ただ一貫していることは
仕事に振り回されていたことです
仕事に人生を支配されていた
今後どうなっていくのか
続きはまた明日投稿します

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ