サニブラウンがオリンピック再挑戦へ!日本選手権で9秒台なるか?

 

 

サニブラウン、日本選手権

6/24に陸上日本選手権男子100m決勝が20時38分より開始されます!

すでに決勝進出を決めているサニブラウン選手ですが、今大会は強豪がひしめいていてケンブリッジ飛鳥選手をはじめ、桐生祥秀選手、山懸亮太選手も決勝に進んでいます。

この4選手の誰もが9秒台を狙えるので日本チームも着実に実力をつけてきていますよね!

もし今大会で誰かが9秒台を出せば陸上への期待がさらに高まるでしょうし、今夏に行われるロンドン世界選手権でも大いに期待がもてます。

4選手が9秒台が狙えますがサニブラウン選手が一番その可能性が高い気がしています。

というのも本来はリオオリンピックに内定していたのですが、残念ながらけがにより出場を断念した過去があるからです。

リオ五輪では日本チームは4×100メートルリレーで堂々の銀メダルを獲得したのは記憶に新しいですね。

本来でしたら、この中にサニブラウン選手がメンバーとして加わっていたかもしれません。

そして今大会の準決勝で9秒台により期待のかかる10秒06をマークしています。

この記録は山懸選手(10秒03)と桐生選手(10秒01)には及びませんがケンブリッジ選手の自己ベスト(10秒10)を上回る記録です。

今回は決勝で9秒台が出るように期待を込めてサニブラウン選手に迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

 

 

 

サニブラウンのプロフィール

本名:サニブラウン・アブデル・ハキーム(Abdul Hakim Sani Brown)

父:ガーナ人(サッカー選手の経験有)

母:日本人(ハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場経歴有)

国籍:日本

生年月日:1999年3月6日

年齢:18歳

身長:188cm

体重:74kg

出身:福岡県

自己ベスト:<100m>10秒06、<200m>20秒34※高校記録

 

Sponsored Link

オリンピックを負傷で断念した過去

 

2015年の世界ユース選手権で2冠を達成したサニブラウン選手。

誰もがリオオリンピックでの活躍を期待していたさなか太ももの違和感により選考を兼ねた日本選手権を棄権しました。

高校総体のリレーの練習中の負傷が大きく響くこととなってしまいました。

当時はまだ17歳であるにも関わらず結果を残していたことはとてもすごいことですよね。

また、世界ユース選手権での200mではなんとウサイン・ボルト選手をもしのぐ記録でした。

当時のウサイン・ボルト選手の記録が20秒40でサニブラウン選手の記録が20秒34です!

前回の五輪出場は叶いませんでしたが、これからの事を見据えると逆に本人にとっては良かったのではないでしょうか。

仮に五輪に出場することとなれば、マスコミが殺到しますし練習に集中できなかったかもしれません。

また日本を代表するアスリートといってもまだ10代です。

マスコミにちやほやされることにより勘違いが起こった可能性もあります。

過去にも持ち上げられることによりその実力を維持できなかったスポーツ選手は多数存在しますよね。

(同じ陸上短距離の日本代表である桐生選手は過剰なマスコミによる9秒台の期待により伸び悩んでいるような気がしてなりません。)

リオ五輪では、日本チームは100mリレーで銀メダルを獲得し、堂々たる結果を残しましたが、そこに自分がいないということにより発破がかかったのではないでしょうか。

悔しさをバネにできたことと、マスコミの餌食にならなかったことでより練習に打ち込める結果となったと思います。

だからこそ今回の日本選手権には人並みならぬ決意で臨むでしょうし、期待も膨らみますね!

ウサイン・ボルト選手が引退を表明している中で次の世代のエースとして是非日本だけでなく世界の短距離をけん引する選手となってもらいたいですね!

 

まとめ

サニブラウン選手が今夜行われる陸上日本選手権男子100m決勝に出場されます。

 

すでに準決勝で10秒06の自己ベストをマークしているので強豪がひしめく中で9秒台が期待できます。

 

過去に負傷によりリオ五輪を断念した過去があり、人並みならぬ決意と覚悟で臨んでくると思われます。

 

今日のレースは夜の20時30分に始まります。

 

期待は高まるばかりですね!

 

怪我には十分気を付けて、今夏のロンドン世界選手権の活躍、そして2020年の東京オリンピックで大きな飛躍を期待したいところです。

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ