S☆1 本田圭佑移籍の真相&今後を徹底検証!

  • 人気ブログランキング

S1、本田圭佑

本田圭佑選手は5/21の今シーズンホーム最終戦で漸くフリーキックでゴールを決めました。

来季こそミランで巻き返しを期待!・・・とはいかないところが残念でなりません。

小学生の頃の文集にACミランの夢を書きそれを実現させた本田選手。

最終戦では主将を務めました。

ヨーロッパリーグに参加できることが確定したからこそでしょうが、これから去っていくミランの10番が最終戦で主将を務めるという皮肉。

この三年半ミランになくてはならない選手だったのなら、うなずけますがお世辞にも戦力として機能していた期間はごく僅かでした。

Sponsored Link

今後の展開はどうなるのか

まずは移籍先について、多くの議論が様々な場所でされるでしょう。

気づいてみれば、本田選手は今年30歳。

同じ年齢で引退した中田英寿選手を思い出します。

2006年のワールドカップは黄金世代のピークで挑んだ大会でしたが、全く結果が残せず惨敗でした。

オーストラリアに対しても全く歯が立ちませんでした。

リーグ最終戦後のセンターサークルで精魂尽き果てて感慨深く仰向けに寝そべっている姿は印象的でした。

そしてその中田選手と同じ年齢にである本田選手は今何を考えているのでしょうか。

もちろんテレビで中田選手と対談したことがあるので30歳という節目を意識しないわけはないと思います。

Sponsored Link

中田英寿と同じ道をたどるか

中田選手と同様に電撃引退ということも十分あり得るのではないでしょうか。

もちろんこのまま選手を続けてほしいファンがほとんどですが、ミランでの3年半の総括を本田選手自身がどうするのか。

正直ミランの10番に泥を塗ってしまったといえるほど機能しませんでした。

ミランの10番を背負うということの重みは、凋落気にあるもののレアルマドリードやバイエルンの10番と引けを取らないものです。S1、本田圭佑

 

凋落期のミラン在籍という悲劇

経済が低迷し、大幅な主力選手の放出後に入団した本田選手にとって自分色に染めることもできたはずです。

イブラヒモビッチやチアゴシウバといったビックネームが一気にチームを去りました。

それからACミランの凋落が始まるわけですが、これに歯止めをかけることもできた可能性もありました。

全くフィットしなかっただけでなくチームの背景もどん底にあったという事実。

目の前にある壁が高ければ高いほどそのモチベーションは高くなるタイプであると思いますが、今回ばかりは本田選手は退団するにあたって何を得たのでしょうか。

人生の糧となる経験は詰めたと思います。

ただ熱狂的なファンであるミラニスタに嘲笑され、罵倒され、それで実績も作れず散々な結果に終わってしまいました。

是非とも腐らず、選手は続けてほしいと思います。

 

Sponsored Link
  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:スポーツ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ