【王様のブランチ】竹内涼真は陸王で陸上競技部員の茂木裕人役!

王様のブランチ、竹内涼真

9/23放送の王様のブランチにドラマ「陸王」のメインキャストが出演します!

 

役所広司さん、山崎賢人さん、そして竹内涼真さんです。

 

安定した人気を誇る3人ですが、中でも竹内涼真さんは、前クールの「過保護のカホコ」でカホコの彼氏役の麦野初を好演したことが話題となりました。

 

毎回、竹内さんを見るためにドラマを視聴していたファンも多かったでしょう。

 

その竹内涼真さんが引き続きドラマ出演されるとなれば注目されることは間違いありません!

 

Sponsored Link

 

竹内涼真のプロフィール

生年月日:1993年4月26日

年齢:24歳

出身:東京都

身長:185cm

学歴:立正大学地球環境科学部地理学科(在学中)

職業:モデル・俳優

所属:ホリプロ

デビュー:2013年4月、知人の勧めで応募した、

女性ファッション誌『mina』初の男性専属モデルオーディション、

「minaカレグランプリ」にて2457人の中からグランプリを獲得しました。

そしてホリプロ所属となり、

現芸名で芸能活動を開始しデビューしました。

代表作:仮面ライダードライブ(2014)主演

→泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ役

特技:サッカー

※5歳からサッカーを始めてヴェルディサッカースクール相模原、

高校時代に東京ヴェルディユースに所属していました。

同期には杉本竜士選手、南秀仁選手、舘野俊祐選手、田中貴大選手などがいます。

 

2017年:7-9月の「過保護のカホコ」にカホコの彼氏である麦野初役として出演。

Sponsored Link

 陸王に竹内涼真が陸上競技部員の茂木裕人役で出演!

もともと陸上選手として活躍していた経歴の持ち主である竹内涼真さんにしたらまさにうってつけの役となるでしょうね!

早速、具体的にどのような役になるのか確認してみましょう!

10月期の日曜劇場『陸王』の出演者情報が追加発表され、物語のキーとなる陸上競技部員・茂木裕人を、若手俳優として大躍進中の竹内涼真さんが演じることが決定いたしました。
竹内さんが演じる茂木裕人は、学生時代に箱根駅伝5区を走った有力選手で、実業団「ダイワ食品」期待の新人だったが、国際マラソンで膝を痛めてしまう。そして、その原因が走法によるものと判明し、フォーム改良に取り組む中で、こはぜ屋のランニングシューズ「陸王」に出会うという、「陸王」開発の最重要人物の一人です。
竹内さんは、半年前に行なわれたオーディションにて激戦を勝ち抜き、茂木役を射止め、その後、多忙な合間を縫ってトレーニングを重ね、文字通り過酷な撮影に挑みます。自身はサッカー経験者ではあるものの、長距離ランナーは未経験の竹内さんが、どのような演技をするのかにも注目が集まります。

 

~http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/introduction/~TBS公式ページより引用

「陸王」とは・・・?

池井戸潤さん原作のドラマとなります。

 

ドラマ化された池井戸さんの作品はたくさんありますが、そのどれもがヒットしています。

 

池井戸潤さんの名が一気にテレビ視聴者に認知されるようになったのは「半沢直樹」でしょう。

 

もちろん、仲村トオルさんが主演した「空飛ぶタイヤ」も話題となっていましたが、半沢直樹で大爆発しました。

 

そして、同じスタッフで構成された「下町ロケット」は原作の1.2を基本としたドラマで、阿部寛さん主演で放送されました。

 

(劇中に出演者の一人である、阿藤快さんが亡くなるという悲しい出来事もありましたが、阿藤さんに対するオマージュのセリフ”なんだかなー”というシーンがあったりして話題となりました。)

 

このように池井戸潤さんであることだけで、ドラマを見るという視聴者も多いでしょう。

 

またメインキャストも魅力的な俳優がそろっていますね。

 

主演の役所広司さんを筆頭に、山崎賢人さん、そして竹内涼真さんが脇を固めます。

 

池井戸潤さんという盤石な原作の上に、貫禄抜群の役所広司さん、そして、山崎賢人さん、竹内涼真さんという人気急上昇中の二人が出演するとなれば、高視聴率は約束されたようなものですね。

Sponsored Link

陸王のあらすじ

それでは最後に陸王のあらすじを確認してみましょう!

 

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠にて、池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化することが決定いたしました。
創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりとなる役所広司さん。
原作者の池井戸氏は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメント。制作陣もドラマ化にあたっては、原作のイメージを膨らませ、臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市を含めたロケーション・ハンティングのほか、原作中に登場する走法の研究やランニングシューズの開発など、細部までこだわり抜いた準備を進めています。さらに、原作に描写されている「ニューイヤー駅伝」の様子をドラマに盛り込むため、2017年の年明け1月1日にも『ニューイヤー駅伝2017』(第61回全日本実業団駅伝)で、早くも撮影が行われました。

 

役所さんが演じる宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくては、この先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。そしてその事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発だ。
しかし、従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった。新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力—。更には、世界的に有名なスポーツブランドとの競争。何度も挫けそうになる宮沢だが、その度に家族が、従業員が、取引先が、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。
果たして、ランニングシューズの開発は成功するのか? そしてその先に「こはぜ屋」の未来はあるのか!?
たった一つの商品を愚直につくり続けてきた製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに今、一世一代の大勝負に打って出る!!

 

TBSが満を持してお送りする感動の企業再生ストーリー!!
2017年は1月1日から走り出すランナーとともに、『陸王』が全力疾走します!!!

 

~http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/introduction/~TBS公式ページより引用

 

とにかく10月期は熱いドラマがひしめき合っています。

「陸王」の他にも「ドクターX」や「コウノドリ」の続編が放送されます。

 

その中でも「陸王」は安定した人気を獲得することは間違いありません。

 

放送開始は10月15日日曜日TBS系列で21時より放送です!

Sponsored Link

 

 

 

カテゴリ:芸能記事  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ