ポルシェが2021年にF1復帰検討!過去の成績と供給先はどこか?

  • 人気ブログランキング

 

ポルシェ、F1

F1に明るいニュースが飛び込んできました!

 

なんとポルシェがF1に2021年から復帰を検討中だそうです!

 

すでに、先日開催されたF1イタリアGPでロスブラウンと会談をしたとのこと。

 

最近は、ホンダの期待を完全に裏切る低調が続いていて、F1に対する熱が冷めつつありましたが、スポーツカーとして知らない人はいないポルシェが参戦を決めたとなると俄然期待したくなります。

 

ポルシェは今回が初参戦ではなく、過去に参戦した実績があります。

 

成績はどうだったか確認してみましょう!

Sponsored Link

ポルシェが2021年よりF1に復帰検討中!

2021年なので東京オリンピックの翌年ですから、まだ先の話になりますね。

 

それでも、期待は膨らむばかりです。

 

というのも、最近は期待を大きく裏切ってしまっているホンダがF1離れを加速しているように思えます。

 

80年代から90年代初頭にかけて無敵を誇ったホンダですが、いまやその面影すらなく、グリッドの下位の常連となってしまいました。

 

今回の復帰はこの過去の栄光の代名詞であった”マクラーレン・ホンダ”での復帰でしたが全く優勝する気配がありません。

 

ドライバーはフェルナンドアロンソでシューマッハの後を継ぎF1を引っ張ったドライバーがいるのですから言い訳ができない状況です。

 

来年こそは・・・という期待も薄らぎF1に対する熱もホンダの凋落とともに冷めてきているファンは多いのではないでしょうか?

 

このような状況の中でのポルシェの復帰報道はF1にとってとても明るい兆候ですね!

 

ポルシェは実は過去に1度F1に参戦したことがあります。

 

その成績を振り返ってみましょう!

 

Sponsored Link

ポルシェのF1参戦の成績

ポルシェは、1961年にF1に参戦。翌年には804でダン・ガーニーが勝利を挙げました。

 

1980年代にはマクラーレンのオファーを受ける形でそのパートナーとしてTAGのブランドを掲げたエンジンを1987年まで供給し、1984年から1985年にはニキ・ラウダ、アラン・プロストによってドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトルを獲得。

 

翌1986年もアラン・プロストがドライバーズタイトル獲得を獲得しています。

 

1991年にフットワークにエンジン供給する形でF1復帰します。しかし、エンジンが6気筒二つ連ねたお粗末なもので重量も200kgと重く燃費が悪いうえにパワーが出ないという欠陥エンジンでした。もちろん予選通過も難しい状況に陥ってしまい、フットワークはシーズン後半にコスワークにエンジンを変更せざるを得ない状況になってしまいました。これ以降ポルシェはF1に参戦していません。

 

F1に参戦してはいませんが、実はサポートイベントであるポルシェスーパーカップを長年にわたって実施していて、地味にF1との商業的な関与は続けています。

 

ポルシェの参戦可能性はどれくらいあるか?

それでは具体的に参戦の可能性はどれくらいあるのでしょうか?

 

ポルシェは今シーズン限りで、WEC(世界耐久選手権)のLMP1-Hクラスからの撤退を発表しています。その理由は、F1並の予算を必要とするにもかかわらず、リターンが少ないからです。このMP1を撤退するということがキーになってくると思います。

 

予算が浮いた分、F1に参戦する可能性が十分開かれたと言えるでしょう。

Sponsored Link

どのチームに供給するか?

ポルシェはコンストラクターズとしてではなく、あくまでもエンジンサプライヤーとして参戦することは決まっています。

 

現在参戦しているホンダと同じ参戦方法ですね。

 

それではポルシェと組む可能性のあるチームどのチームでしょうか。

 

ハイブリッド・パワー部門を売却する前にポルシェと技術的な関係を築いていたウイリアムズが有力視されています。

またフォルクスワーゲングループとの関係が強いレッドブルであるとも考えられています。

 

あくまでも、競争力があり優勝を狙えるチームに供給の標準を絞っていますから、下位チームへの供給はなさそうですね。

 

ただし、91年以降参戦していないので現代F1の実績が全くないという事実から、やはりいきなりトップチームに供給することは難しそうです。トップチームとしてもホンダの悪しき前例がありますから、積極的に組むチームはいないと想定されます。

 

となると中堅チームですが、堅実に成績を残しているのがウィリアムズですね。

 

もちろんウィリアムズも過去に最強を誇ったチームですから、上位進出は念願でしょう。

 

技術的な関係を築いていたという実績がありますから供給先はウィリアムズが最有力なのではないでしょうか。

まとめ

ポルシェのF1復帰検討というニュースに着目してみました。

 

過去の成績は91年に大こけしていたのが意外でした。

 

80年代にはドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトル獲得に貢献していますから実績はあります。

 

ホンダが凋落してしまった今だからこそ、さらに期待が高まります。

 

今から正式発表がいつになるのか待ち遠しいですね!

Sponsored Link

 

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ