【看護師誘拐連れ去り殺人事件】犯人である黒幕の第3の男は誰か?

 

看護師、殺人事件

静岡県浜松市で29歳の看護師が二人の男に連れ去られ山に遺棄されなくなった事件で、40代の男と東京都出身の20代の男が出頭したことで事件が早期解決すると思われていました。

 

しかし、その後の取り調べで、どうも二人を裏で操っていると思われる黒幕の存在が浮き彫りとなりました。

 

いまだにこの第3の男でかつ主犯格の男が捕まっていません。

 

昨今、結愛ちゃん虐待死事件にはじまり、新幹線無差別殺傷事件が立て続けに起こり日本の社会そのものの在り方についても議論がなされるようになりました。

 

今回の事件も例外ではなく、出頭した2人の容疑者はネットで知り合い当日初めて会ったということがわかっています。

 

そして黒幕の存在があり、2人によって衝動的に行われた犯行だと思われていた事件がより複雑、深刻化している状況です。

 

黒幕がいると報道されてからその後動きがないのも気になります。

 

看護師殺人事件において主犯格といわれる第3の男とはいったい誰なのか?

 

そしてもそもそも事件の発端となったダークウェブとはいったい何なのか?

 

事件の経緯を踏まえながら確認してみましょう。

Sponsored Link

 

黒幕の第3の男は誰か?

看護師殺人事件においての動機は20代の容疑者が以下のように語っています。

 

”金もうけに誘う内容の書き込みをきっかけに連絡を取り合った”

 

金儲けが一人の面識の全くない女性の殺害につながることは認識していたのでしょうか?

 

ただ、軽い気持ちで話に乗っかり、そして、結果として予想もしなかった女性の殺害という結果を招いてしまったのか。

 

逃げもせずにすぐに出頭していることからも、最終的に女性を殺害するということは想定していなかったと思われます。

 

やはり、主犯格で黒幕といわれる第3の男逮捕されない限り真相ははっきりしなさそうです。

 

<看護師殺害事件の経緯>

看護師、殺人事件

5月26日13時ごろ

被害者が「買い物へいく」と伝えて車で自宅を出る。

 

5月26日18時ごろ

浜松市内のスポーツジム駐車場で、複数の男に車に押し込まれている場面が防犯カメラに映る。

そのまま、女性の車で誘拐される。

犯行前、スポーツジムと同じ建物にあるパチンコ店の防犯カメラに2人ともう一人の男(黒幕とみられる第3の男で逃走中)が一緒に歩いているところが防犯カメラに映る。

 

5月27日

遺棄された現場付近の防犯カメラに映る

 

5月28日

家族が行方不明届を提出

 

詳細な日付不明

車が桑名市で発見される

 

6月9日

静岡県藤枝市瀬戸ノ谷の山中で遺体が発見される。

発見された女性の遺体には着衣無し。

腐乱が進んでいて死後2週間ほどとみられることから、拉致されて間もなく殺害された可能性が高い。

司法解剖の結果今のところ死因は明らかになっていない。

 

6月10日未明

浜松東署に捜査本部を設置。

 

6月11日夜

40代の男が拉致にかかわったとして名古屋市内の警察署に出頭。

 

改めて、時系列を確認してみても、捜査本部が設置されてから犯人の出頭まで2日とかかっていないので、仮に殺害も含めて今回の事件を主導していたのであればこうもあっけなく自首するとは考えにくいです。

 

やはり、黒幕である第3の男が主犯とみて間違いないでしょう。

 

後気になるのが、死因が不明であるという点です。

 

殺害されたのであれば、もちろんその原因は当然あるわけですが、その死因が不明という点がどうも不気味です。

 

Sponsored Link

2007年の名古屋闇サイト殺人事件に酷似?

今回の事件は2007年に起きた名古屋闇サイト殺人事件に酷似されていると話題になっていまね。

 

この闇サイト殺人事件はその名の通り闇が深い事件で、帰宅途中の会社員の女性を面識がなく出身地もばらばらなネットで知り合った3人の男が襲い殺害するという監禁致死事件です。

 

奪ったキャッシュカードの嘘の暗証番号を教えられたため逆上した犯人はハンマーで40回以上も被害者の女性を殴り殺害しました。

 

今回の事件と共通する点は以下の通り。

 

・ネットで知り合った面識のない3人組

 

・出身地もバラバラ

 

・面識のない女性をターゲットにする

 

・金銭目的のずさんな計画(今のところ、出頭した2人の供述による)

 

・山中に遺体を遺棄

 

この時期の18時はまだまだ明るくまた、26日は土曜日であり休日にスポーツジムで汗を流す利用者も多かったことでしょう。

 

まさか、日本でさらに白昼堂々と犯行に巻き込まれるなど誰が予想できるでしょうか?

 

被害にあった女性は27日に遺棄現場近くに車が防犯カメラに写っていることから、遅くとも翌日には殺害されていると思われます。

 

衝動的な犯行だったのか、それとも計画的な犯行だったのか。

 

一部報道によると、女性を拉致した時間は警備員の数が手薄な時間帯だったそうです。

 

ということは、事前にその情報を仕入れたうえでの犯行となれば、行き当たりばったりの犯行ではなく、今だ捕まっていない3人目の主犯格と思われれる男と被害者の女性に面識があった可能性があります。

 

ダークウェブとは?

そもそも今回の事件の原点ともいってもいいダークウェブとはいったい何なのでしょうか?

匿名化技術を用いることにより、実質的に追跡が不可能なウェブ上の情報。通常の検索結果には表示されない「ディープウェブ(深層ウェブ)」と呼ばれる情報の一つで、違法薬物や武器の取引など違法な目的で使用される。接続経路を秘匿化して発信元の特定を困難にするソフトウエア「Tor(トーア)」などの特殊なサービスを使わなければアクセスできない。犯罪の温床になっていることから、FBI(米国連邦捜査局)やユーロポール(欧州刑事警察機構)など各国の治安当局がダークウェブを利用した犯罪の摘発に動いている。

~https://kotobank.jp/word/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96-1719092#E7.9F.A5.E6.81.B5.E8.94.B5mini~コトバンク参照

犯罪の温床となっていることが一目瞭然ですね。

 

違法な目的のためにあるサイトですから、追跡が不可能なウェブ上にある。

 

こうなると益々、犯人が早期に出頭した理由に疑問符が付きます。

 

セキュリティが強固なサイトを利用しているのであれば、いくら事件が明るみになったとしても自らに捜査の手がそう簡単に伸びてくることはないと考えるのではないでしょうか?

 

だからこそ犯罪のためにある情報網なので、犯人が出頭したということはやはり、殺害を予想できていなかったのではないでしょうか?

 

報道で、自らが拉致に関わった女性が殺害されていることをしり想定外だったことでいてもたってもいられず出頭したという見立てです。

 

そうなるとますます、黒幕である第3の男の身柄の確保が急がれますよね。

 

捜査本部が設置されてからそろそろ1週間が経過しますし、二人の犯人が出頭した後は目立った動きはありません。

 

警察が身柄確保のために、あえて情報を抑えているのか、それとも情報自体がないのか。

 

サイトの痕跡を辿れば犯人にすぐにたどり着くのではないかという素人考えは甘いのでしょうか。

 

一刻も早い黒幕である第3の男の逮捕を願うばかりです。

 

亡くなられた29歳の女性のご冥福をお祈りします。

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ