義母と娘のブルース、竹野内豊

いよいよ明日7月10日にドラマ『義母と娘のブルース(ぎぼむす)』の初放送となりますね!

 

綾瀬はるかさんが初めて母親役を演じることで注目が集まっていますが、夫の宮本良一を演じる竹野内豊さんもTBS系ドラマへの出演は6年ぶりとのことでちょっとした話題となっています。

 

原作をすでに読んだ方はわかると思いますが、おそらくドラマの最終回は涙なしには見られない展開となりそうです。

 

ドラマの最終回で良一はどうなるのか書いてみたいと思います。

 

どうやら泣ける展開になる可能性が高いです。

 

原作のネタバレも含みますので注意してくださいね!

 

Sponsored Link

【義母と娘のブルース】宮本良一役は竹野内豊!

義母と娘のブルース(ぎぼむす)で綾瀬はるかさん演じる岩木亜希子の夫である宮本良一を演じるのは竹野内豊さんです。

 

最近では、ダイワハウスの宣伝などですっかりほのぼのとしたパパ役が定着してきた竹野内さんですが、もちろんこの良一役もそんな竹野内さんにぴったりの役どころといっても過言ではないでしょう。

 

まずは、竹野内豊さんのプロフィールをざっと紹介します。

 

竹野内豊のプロフィール

生年月日:1971年1月2日
年齢:47歳
身長:179cm
出身:東京都

職業:モデル・俳優
所属:研音
<経歴>

1994年:ドラマ『ボクの就職』で俳優デビュー

1997年:ドラマ『ビーチボーイズ』で反町隆史とともにW主演。その人気を不動のものにする。

 

20代のころは恋愛モノのドラマへの出演がほとんどでしたが、2003年に主演した『ヤンキー母校に帰る』でこれまでにない硬派な役どころを演じる。

 

この流れは続き、2011年に公開された『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』では大場栄陸軍大尉を熱演し主演を務め、第54回ブルーリボン賞主演男優賞を獲得しました。

 

そして、最近の出演作はどこかほのぼのとしたゆるキャラのような役どころを演じることが多くなってきていますね。

 

中でも象徴的な役がダイワハウスのCMですね。

 

狭いところが嫌いにもかかわらず、それを隠し広い家に住むというシュールな展開はいつも笑わせてくれます。

 

2015年からCMがシリーズ化されていますから、好評を得ていることは間違いありません。

 

もしかしたら『ぎぼむす』の良一役をこなすための伏線だったのでしょうか?

 

最終回は泣ける?

宮本良一は日ごとの些細なことでも感謝をし喜びを見つけることがでる誰からも愛されるキャラです。

 

亜希子と同じ業界で働いていますが、バリバリのキャリアウーマンで”戦国部長”と呼ばれる亜希子と比較して、業績ではパッとしませんが、同僚とはとても良い人間関係を築いています。

 

それでは、一見釣り合わなそうな二人が何故、結婚する事になったのか?

 

そして、その結果として良一は最終回でどのような結末を迎えるのかを原作をもとに深堀してみたいと思います。

 

(※ここからは完全に原作ネタバレとなります!)

 

亜希子と良一の交際のきっかけは飲み会で一緒になった際、帰り際に倒れてしまっている良一を亜希子が介抱することではじまりました。

 

この時、既に良一は余命が身近いことを宣告されていました。

 

実はすでに、良一は奥さんを亡くしています。

 

ドラマ版でも奥山佳恵さん演じる宮本愛が登場しますね。

 

幼くして母親を亡くし元気がなくなってしまったところに、さらに追い打ちをかけるように父親である自分自身がこの世を去ってしまうとなるとみゆきはどうなってしまうのかと案じます。

 

そして、良一は亜希子にプロポーズすることになるのです。

 

それは自分の死後もみゆきの世話をしてほしいとの願いが込められていました。

 

この辺りは、ドラマが進展する過程で明らかになっていくでしょう。

 

このようにして、亜希子と良一の間に恋愛結婚でもない、見合い結婚でもない、契約結婚が成立することになります。

 

原作は2冊で完結し、亜希子とみゆきの出会いから30年間の設定です。

 

ところが、ドラマ版はすでに発表されている通り、10年間を描くことになっていますから、みゆきが高校生をむかえるところで最終回をむかえることになります。

 

それでは、みゆきが高校生になった時、良一はどうなってしまうのでしょうか?

 

早くもその伏線のようなシーンがSP予告編の中にありましたね。

 

1話放送前 SP 予告!【Youtube】

 

この予告の2分33秒当たりで、良一は職場のデスクの横で崩れるように倒れるシーンがあります。

 

残念ながら、良一は家族三人でピクニックに出かけた際に倒れ、病院に入院することになり、そして間もなく亡くなってしまうことになります。

 

ドラマではおそらく良一が亡くなるところでクライマックスを迎えると思われます。

 

是非、ドラマの中で亜希子と良一の一つ一つの言動に注目してみましょう。

Sponsored Link

 

まとめ

ドラマ版『義母と娘のブルース』の宮本良一役にフォーカスを当ててみました。

 

演じるのは竹野内豊さんですが、ダイワハウスのCMのはまり役具合から考えて、良一役も同じようにハマることになるでしょう。

 

基本的にはコメディタッチで展開するドラマではありますが、夫婦のなれそめだったり、背景から最終的な結末までを考えると涙なしには見れないドラマに仕上がってくるはずです。

 

脚本家はそのような展開がうまい森下佳子さんが手がけていますから、さらに期待が膨らみます。

 

『義母と娘のブルース』の初回放送を最後におさらいします。

 

7月10日 22時~ TBS系列で放送開始!

 

期待して待ちましょう!

 

Sponsored Link