ぎぼむす、大智

 

【※追記有※8月14日 義母と娘のブルース第2章が放送開始!高校生役のヒロキが判明!】

 

 

あと2日に迫った、『義母と娘のブルース(ぎぼむす)

 

初回放送が待ち遠しいですね!

 

そして、ぎぼむすはどうも子役が注目を浴びることになりそうです。

 

というのも、タイトルに”娘”とありますし、

 

この娘である宮本みゆきを演じるのが、横溝菜帆ちゃんなんですね。

 

そして、みゆきの同級生役である黒田大樹を演じるのは誰になるのでしょうか?

 

ぎぼむす』は主役の岩木亜希子(綾瀬はるか)と

 

娘のみゆきが出会ってから10年間のストーリーです。

 

ここにヒロキがどのように関わりあってくるのかが注目されます。

 

原作ではヒロキは実母を幼くしてなくしてしまったみゆきを

 

陰ながら支えていくという、結構重要な役どころとして登場します。

 

この重要な役である大樹ですが、

 

まだ大樹の高校生役が誰なのかは発表されていないんですよね。

 

みゆきの成長した高校生役は上白石萌歌さんで、

 

さらにナレーションを担当されますから、

 

原作で関係性が深い、大樹の高校生役が未発表なのが気になるところです。

 

まずは黒田大樹役子役は誰なのかを確認しましょう。

 

そして、一体だれが高校生役を演じるのか?

 

それともドラマ版では大樹の登場場面は少ないのか?

 

確認してみましょう!

 

Sponsored Link

子役で黒田大樹役は誰?

ぎぼむす黒田大樹を演じるのは子役大智くんであることがわかりました!

 

まずは、ヒロキ子役である大智くんのプロフィールをざっと確認してみます。

 

生年月日:2008年9月10日
年齢:9歳

所属:ジョビィキッズ

※芦田愛菜さんも所属していることで、有名な所属事務所ですね!

 

その他にも寺田心くんが所属していますし、実力のある子役がそろっていますね。

 

すでに大智くんは長瀬智也さん主演ドラマ『ごめん、愛してる』で子役で出演しています。

 

演技力については心配いりませんね。

 

黒田大樹の高校生役は誰?

それでは、黒田大樹高校生役は誰になるのでしょうか?

 

宮本みゆきの高校生役は上白石萌歌さんが演じることがキャストに表記されています。

 

【義母と娘のブルース】娘役の子役は誰か?高校生役もチェック!

 

ところが、原作ではみゆきの恋人であり将来的に結婚をすることになる

 

重要な役である大樹高校生役は発表されていません。

 

ドラマ版『義母と娘のブルース』は亜希子とみゆきが出会ってから10年間のストーリーですから、

 

高校生以降親密な関係になる大樹はドラマ版ではあまり重要な役どころではないのかもしれません。

 

それでも、初回の予告編を見る限り、大樹が登場することは間違いなさそうです。

 

原作では、大樹はガキ大将であり、

 

弱い子をほっておけないタイプの男の子として描かれています。

 

普段、みゆきのことをブス!とからかっていたんですが、

 

これもいつも元気がないみゆきのことを思いやっての行為だったんですね。

 

亜希子のアドバイスもあり、ヒロキと仲良くなったみゆきは以後、

 

陰ながら大樹の助けをもらうことになります。

 

そして、意思の相違がありしばらく、

 

声もかけあわない関係性が高校まで続くんですね。

 

高校生になってからは、通学のバスは同じバスを利用していましたが、

 

声を掛け合うことはしばらくありませんでした。

 

みゆきは勇気を振り絞って、大樹に声を掛けますが、

 

もちろん、大樹も全く気をかけてなかったわけでなく

 

ただ単にきっかけがなかっただけだったんですね。

 

そして、また元の仲に戻ったみゆきと大樹は付き合うようになり、

 

そして結婚し、子供を二人も受けることになります。

 

高校生役のヒロキ役は井之脇海!

井之脇海

 

8月14日の『義母と娘のブルース(ぎぼむす)』の第6話から、

 

高校生役のヒロキが登場しました!

 

そして演じるのは井之脇海さんであることが判明しました。

 

井之脇海さんは現役の大学生で22歳なんですね!

 

これまでヒロキの小学生時代は、子役の大地くんが好演していました。

 

義母と娘のブルースは放送開始前から、

 

亜希子とみゆきの出会いからの10年間が描かれたドラマということが発表されていました。

 

そのため、みゆきの高校生役は上白石萌歌さんであることは、

 

ホームページのキャスト欄で明らかになっていましたし、

 

上白石萌歌さんはナレーションを務めていましたから馴染みはあったんですね。

 

それでも、高校生時代を描くのであれば、ヒロキ役はとても重要な役どころとなります。

 

当初、この高校生のヒロキ役が発表されていなかったので、

 

ドラマ版ぎぼむすは、良一がなくなるところで終わりになるのかと、

 

予想していました。

 

それが一転6話から10年後が描かれることがわかったんですね。

 

これで尚更高校生のヒロキ役が誰なのかが注目されたわけです。

 

そして発表されたのが井之脇海さんでした。

 

ツイッター上でも評価は上々で、

 

竹野内豊ロスをしっかりカバーしているといったコメントもありました。


また高校生役のヒロキを演じる井之脇海さんと

 

高校生役のみゆきを演じる上白石萌歌さんは、

 

過去にCMで共演していますから、息もばっちりでしょう。

 

今後の二人の展開に注目ですね!

 

Sponsored Link

 

まとめ

これほど親密な関係性の人物である大樹ですが、高校生役が発表されていないのが残念ですね。

 

みゆきの高校生役が上白石萌歌さんであることが発表されているからなおさら感じてしまいます。

 

それでも、これからのドラマの進展具合で、発表されることもあるかもしれませんから、引き続き注目してみます。

 

まずは、大樹がどれほどの役割をドラマ版『義母と娘のブルース』で担うのか期待しましょう!

 

Sponsored Link