みやぞんは完走後も名言連発か?トライアスロン挑戦に感動の声!

 

みやぞん 完走

 

 

みやぞんが24時間テレビのチャリティマラソンに挑戦することが話題になっています。

 

挑戦するのは厳密にいうとマラソンではなく、トライアスロンなんですね。

 

挑戦前からその過酷さは話題になっていて、みやぞんがかわいそう、泣けるといった声も聞こえてきます。

 

みやぞんのトライアスロン挑戦に対して、これほどまでに注目が集まるのは、

 

やはり、これまでのチャリティマラソンとは明らかに質が違うということでしょう。

 

毎回、エンディングの合わせるように、ゴールする挑戦者。

 

みやぞんが挑戦するトライアスロンも実際は杓子定規でそうなるかもしれません。

 

ただし、それを差し引いたとしてもみやぞんのトライアスロン挑戦はかならず感動をもたらしてくれるでしょう。

 

感動をもたらせてくれるという根拠の一つみやぞんの言葉があります。

 

いや、言葉というより名言といってもいいかもしれません。

 

すでにトライアスロン挑戦前のみやぞんのコメント(名言)を読むだけで、感動します。

 

どのような名言を残してくれたのか確認してみましょう。

 

そして、ゴール後に発し、名言となるだろうコメントにも注目したいと思います。

 

Sponsored Link

 

みやぞんはトライアスロン完走後も名言連発か?

みやぞんはすでにトライアスロン挑戦前の練習の段階でいくつもの名言を、

 

インタビューで発言しています。

 

完走後のインタビューでもきっと胸に刺さる名言を連発してくれることでしょう。

 

まずは、トライアスロン挑戦に向けての練習の合間にインタビューに答えたコメントが、

 

秀逸すぎるものばかりだったので、ピックアップしてみたいと思います。

 

これらのコメントを見たら、完走後のコメントに注目しないわけにはいかなくなるでしょう。

Sponsored Link

みやぞんのトライアスロン挑戦で名言連発!

みやぞんがトライアスロン挑戦にともない、各紙インタビューを行っているんですが、

 

その中でもみやぞんの名言にフォーカスを当てた記事が秀逸だったので紹介したいと思います。

 

 

【マイナビニュース】みやぞん、トライアスロンへ名言連発「つらいと思うのはもったいない」 

 

この記事は、みやぞんのトライアスロン挑戦についてのコメントが載せられているのですが、

 

そのどれもが読む人に感動を与えるコメントであることなのがわかります。

 

記事のタイトルどおり、名言といっても過言ではないでしょう。

 

それではコメントをピックアップしてみましょう。

 

※いずれも、上記のリンク(マイナビニュース)からの引用です。

 

「正直、いろんなことに挑戦しましたけど、

 

今回はかなり過酷だなというのは、自分の中でも思ってます。

 

ただ、とにかくやるしかないんで、

 

今できることを精いっぱいやろうと思ってます。

 

わりとポジティブに考えてます。

 

マイナスに考えても何の得もないんで

 

何か意味があってこういう挑戦が

 

今自分の人生の中で来たんだなと思ってるんで、

 

そこをポジティブに考えていきたいと思います」

 

わりとポジティブに考えてます。マイナスに考えても何の得もないんで

さすがのみやぞんでも過酷なチャレンジになるということはわかっているのでしょう。

 

それでも、ポジティブに捉えることができる。

 

意気込みがふつふつと伝わってきますね。

 

何か意味があってこういう挑戦が今自分の人生の中で来たんだな

これは勇気づけられる名言ですよね!

 

辛い過酷な挑戦だと分かっている。

 

けれども、今このタイミングできたことに意味があると考える。

 

仕事やプライベートでも何故このタイミングでこのような出来事が自分に降りかかってくるのだろう。

 

こんな風に考えることってよくありますよね。

 

もちろん、マイナス面だけでなく、プラス面でも考えることができます。

 

自分に起こることはいつ何時も無駄なことなんかない。

 

挑戦するみやぞんの言葉だからこそ、

 

尚更心に響く名言です。

 

そして、インタビューはまだまだ続きます。

 

「やっぱりテレビを見てる方には、

 

元気がない人がいたら、

 

ちょっとでも元気になってもらえたらと思いますけど、

 

勘違いしてほしくないのは、

 

僕は僕の人生で頑張ってます

 

だから、それを見て、

 

『全然私頑張れてないな』とは思ってほしくない。

 

十分皆さんも頑張ってますから

 

”僕は僕の人生で頑張ってます”

あくまでも自分の人生の中で頑張っている。

 

みやぞんと視聴者を比べてほしくない。

 

その必要はないというみやぞんの思いやりが感じられますね。

 

”十分皆さんも頑張ってますから”

みやぞんのような過酷な挑戦に対しては、

 

マイナス面で捉えてしまう人もいます。

 

”みやぞんだからできる”

 

こんな風に考える人たちです。

 

このように自己否定をしてしまう人たちにも、

 

無下にはしません。

 

みやぞんの視聴者に対する思いやりが十分伝わる言葉ですね。

 

Sponsored Link

トライアスロン挑戦に感動の声!

以上挙げたように、みやぞんのトライアスロン挑戦に対する意気込みは、

 

並々ならぬものが言葉の節々に表れていることがわかります。

 

この名言を目にしただけでもすでに感動ですね。

 

 

 

すでに感動したという、いくつものツイートが投稿されています。

 

みやぞんの姿を見て感動するというのは世界の果てまでイッテQですでに周知されています。

 

これはできないだろう、という数々の挑戦をクリアしてきました。

 

そして、今回はVTRではなくみやぞんの生の頑張る姿が見られるわけです。

 

感動しない理由がどこにあるでしょうか?

 

 

水泳:1.55km

自転車:60km

マラソン:100km

 

これまでのチャリティマラソンは100kmを24時間でエンディングに合わせてゆっくりと完走すればよかったですが、

 

みやぞんの挑戦はオリンピックでの公式距離よりも長い距離のトライアスロンなんです。

 

みやぞんは真剣に挑戦するでしょう。

 

やはり、みやぞんだからこそ、通った企画でしょう。

 

24時間テレビの存在意義自体には疑問符が付きますが、

 

みやぞんの挑戦は別物として捉えたいですね。

 

無理をしてほしくないという声もたくさんあります。

 

みやぞんがかわいそう過ぎて泣ける!トライアスロンが過酷で賛否?

 

それでも、みやぞんは覚悟を決めて挑戦すると決めています。

 

決まった以上は応援したいです。

 

そして、どれほどの人たちに感動を与えてくれるのか注目です!

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ