【最上の命医2017】比嘉愛未が可愛い!瀬名マリア役として出演!

  • 人気ブログランキング

比嘉愛未、可愛い

8月23日に最上の命医が『最上の命医2017』として6年ぶりにスペシャルドラマとして帰ってきます。

 

ということは、比嘉愛未さん演じる瀬名マリア先生も6年ぶりに戻ってくるということですね!

 

いやー、本当に可愛いです笑

 

6年前のドラマでは多忙だったせいか途中降板という形となってしまいました。

 

このドラマの主演はもちろん斎藤工さん演じる西條命先生であることには変わりありません。

 

しかし、瀬名マリア先生あってのドラマであるといっても過言ではないでしょう。

 

6年前の連続ドラマで途中降板した際にため息をついた視聴者は少なくないはずです。

 

奇しくも現在、比嘉愛未さんはフジテレビの月9ドラマのコードブルーでフライトナースの冴島はるか役を好演しています。

 

そしてコードブルーが続いている中で、今度は瀬名マリア先生役として最上の命医に帰ってくるんです。

 

同じ時期に医者とナースの比嘉愛未さんが見れるとは嬉しいですよね。

 

今回は最上の命医が帰ってくることを祝して比嘉愛未さんにスポットを当ててみたいと思います。

コードブルーでの冴島と最上の命医での瀬名を比べてみましょう。

Sponsored Link

 

コードブルーでの比嘉愛未(冴島はるか)

現在、比嘉愛未さんはコードブルーでフライトナース役を熱演しています。

 

コードブルーでは医者を目指しましたがその夢を叶えることができず、ナースとして働いています。

 

コードブルー1stシーズンでは、フェローとして走り始めたばかりの白石先生(新垣結衣)に敵意むき出しになる場面がありました。

 

医者になれなかったことをバネに医者に負けないような知識をつけ、とてもプライドが高いキャラですね。

 

そして少し、いや相当悲劇的なシーンが多いのも特徴です。

 

コードブルーの2ndシーズンでは恋人が亡くなってしまいます。

しかも、亡くなるその時はドクターヘリに登場していて死に目に立ち会うことができませんでした。

 

お別れ会での涙のスピーチに号泣した視聴者も多かったことでしょう。

 

そして、現在放送中のコードブルーの3rdシーズンでは藤川先生(浅利陽介)と付き合うことになり妊娠もしました。

今度こそ幸せな展開になるかと思いきや、シアン中毒で死にかけました。

そしてそれを乗り切った矢先、赤ちゃんを流産してしまうことになります。

 

どこまで不幸が冴島に降りかかるのか。

 

医者になり切れなかったナースとして、そして次々に襲う悲劇。

コードブルーの比嘉愛未さん演じる冴島はるかの設定は悲劇が付きまとっています。

 

Sponsored Link

最上の命医での比嘉愛未(瀬名マリア)が可愛い!

最上の命医での比嘉愛未さん演じる瀬名マリア先生はコードブルーでのフライトナースの冴島はるかの真逆の性格といってもよいでしょう。

 

コインで例えると表と裏とも例えられると思います。

 

まず人物設定が最上の命医においては医者です。

 

コードブルーでは医者になれなかったことが強気でどこか冷めた性格を作り上げたといっていいでしょう。

 

ところが、最上の命医ではコードブルーではなれなかった医者の設定です。

 

自分の道を進めることになったからか、とても穏やかで優しい性格の瀬名マリア先生を見ることができます。

 

西条命先生との掛け合いは、とても微笑ましいですし、医局のメンバーともほのぼのとした感じです。

 

小児科ですから、暇なわけではないはずですが、コードブルーの救急の緊迫感からはかけ離れたホームドラマのような雰囲気が医局には漂っています。

 

コードブルーも最上の命医もどちらも骨太の医療ドラマであることは違いありません。

Sponsored Link

まとめ

最上の命医が6年ぶりに帰ってくるということで出演が決まっている比嘉愛未さんに着目してみました。

 

瀬名マリア先生役ですね。

命先生との微笑ましいやり取りが楽しみです。

 

奇しくもコードブルーでフライトナースを演じている比嘉愛未さん。

 

同じ医療ドラマですが、性格が全く違う人物を演じていますから、その違いにも着目してみました。

 

Sponsored Link

【比嘉愛未関連記事】

コードブルー第5話で冴島(比嘉愛未)が流産?赤ちゃんは助かる?

コードブルーの役名は色と自然に関係あり!込められた意味とは?

 

 

 

 

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ