ゆかりの小雪、事務所

 

ゆかりの小雪さんが5月15日の『踊るさんま御殿』に出演されますね。

 

以前は紫乃小雪として宝塚歌劇団月組に所属していた経歴を持つ、ゆかりの小雪さん。

 

まだ若いにもかかわらず、難関を突破して入った宝塚を退団をした理由は何なのでしょうか?

 

また宝塚を退団した後の事務所も気になりますよね。

 

今回はゆかりの小雪さんとはどんな人物なのか確認してみましょう!

Sponsored Link

ゆかりの小雪(紫乃小雪)のプロフィール

生年月日:1993年9月8日

年齢:24歳

身長:160cm

出身:大阪府大阪市

学歴:帝塚山学院高等学校

 

所属事務所:スターレイプロダクション

この事務所の所属タレントはりゅうちぇるさんやぺこさん。また水沢アリーさんが所属しています。

ビジュアルが個性的なタレントが多く在籍しているのが特徴ですね。

ゆかりの小雪さんも今のビジュアルは金髪のスタイルですから、事務所の特徴としてはファッションが個性的なバラエティタレントを育てるのがうまいのかもしれません。

モデルさんなどがも多く所属している事務所みたいですね。

 

宝塚を退団した理由はガサツな性格が原因?

帝塚山学院高等学校卒業後、2010年に宝塚音楽学校に入学します。

 

そして、そのまま2012年宝塚歌劇団98期生として入団し、紫乃小雪として月組娘役スターとして活躍していました。

 

新人公演やバウホール公演で主演(ヒロイン)務めているので、同期の中でも優等生だったことが窺えます。

 

特にバウホールは大劇場より規模が小さいため、各組の選抜メンバーによって作品が上演されるようです。

 

その主演には若手スターが起用されることが多く、バウホールでの主演は若手スターの登竜門の役割も担っています。

 

このバウホール公演で主演を務めたことは、実力があったことの何よりも証明ですね。

 

ところが、紫乃小雪は宝塚を退団してしまいます。

 

難関の宝塚歌劇団の試験を通過してようやく手にした世界で、

 

そして順調に活躍していたのに退団した理由は何だったのでしょうか?

 

具体的な理由はわかりませんが、

 

可能性としては仕事をする仲間と相性が悪かった可能性があります。

 

また、小雪さん自身がテレビの世界にもともと興味があり、

 

その道が開けたので決断をしたのかもしれません。

 

とにかく退団理由は明確には公になっていません。

 

5月15日に『踊るさんま御殿』に出演されるので、

 

そこのところをさんまさんが突っ込んでくれることを期待したいですね。

 

テーマは神経質VSガサツ芸能人!ですからガサツな性格がその遠因でしょうか?

 

ますます、『踊るさんま御殿』の放送が気になりますね!

まとめ

5月15日放送の『踊るさんま御殿』に出演されるゆかりの小雪さんについて調べてみました。

 

元宝塚出身で数多くの主演を務め期待の新人だったことが驚きでした。

 

順調に主演を勝ち取り将来有望だったにもかかわらず、

 

退団しテレビの世界に飛び込んだことは勇気あることですよね。

 

これからも注目していきたいタレントさんの一人です。

 

Sponsored Link