コウノドリ続編のあらすじとキャストやスタッフ確認!綾野剛主演!

  • 人気ブログランキング

綾野剛、コウノドリ

綾野剛主演の『コウノドリ』の続編が10月13日よりスタートしますね。

 

前作と同様に、産婦人科医とき天才ピアニストBABYの2つの顔を持つ主人公・鴻鳥サクラを綾野剛さんが演じます。

 

脇を固めるキャストも継続され、松岡茉優さん、星野源さんらが出演が決定しています。

 

2015年に放送されたドラマ『コウノドリ』は、産科医療の現場を描いた鈴ノ木ユウに同名漫画が原作です。

前作から2年後を舞台にした内容となます。

 

前作の平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

最近のドラマは10%を超えれば好評を得たドラマといえるでしょう。

 

テーマは”生まれること、生きること”

(前作のテーマは”生きてきたことの意味、命を授かる奇跡の素晴らしさ”でした)

 

前作では毎回涙を誘っていたドラマです。

 

そして、今回の続編と続くわけですが、果たしてどのような展開になるのでしょうか?

 

10月に控えたコウノドリ続編の放送を前にまずはあらすじとキャストやスタッフを確認してましょう。

Sponsored Link

コウノドリのあらすじ

以下、公式サイトから引用

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。

島の人たちと近い距離で向き合う荻島の姿を見てサクラはあることを思う。
一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。

離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察する。
夫の健治も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察する。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝える。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。2つの不安に挟まれてしまう。

さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。

 

初回は、サクラが恩師を訪ねて何かを得ます。

そして前回研修医だった下屋と白川は成長して専門医として働いている。

 

診察する妊婦は二人。

一人はサクラが担当する耳の聞こえない妊婦。夫も耳が聞こえないのでどのようにコミュニケーションをとるのかが注目されます。

 

もう一人は四宮が担当します。仕事に早く復帰したい気持ちと重い病気“心室中隔欠損”の赤ちゃんを抱える葛藤。

まさに”生まれること、生きること”という続編のテーマに近いですね。

 

生きることは妊婦による視点があり、そして赤ちゃんの視点があります。

困難な状況の中で、必死に生きようとする力強い赤ちゃんの姿が描かれるのではないでしょうか?

Sponsored Link

コウノドリのキャスト

以下、公式サイトより引用

 

鴻鳥(こうのとり)サクラ   綾野 剛

下屋加江(しもや かえ)   松岡茉優
小松留美子(こまつ るみこ)   吉田 羊
白川 領(しらかわ りょう)   坂口健太郎

大澤政信(おおさわ まさのぶ)   浅野和之
向井祥子(むかい しょうこ)   江口のりこ

四宮春樹(しのみや はるき)   星野 源

今橋貴之(いまはし たかゆき)   大森南朋
------------------
【第1話】
荻島勝秀(おぎしま かつひで)   佐々木蔵之介

脇を固める松岡茉優さん、星野源さんをはじめ、前回の出演者が引き続き出演されていますね。

 

前作から2年がたち、どのようにそれぞれ成長しているかが見ものです。

 

コウノドリのスタッフ

以下、公式サイトより引用

原作:
『コウノドリ』(講談社刊)/ 鈴ノ木ユウ
脚本:
坪田 文
矢島弘一
吉田康弘
ピアノテーマ・監修・音楽:
清塚信也
音楽:
木村秀彬
取材協力:
荻田和秀(りんくう総合医療センター・産婦人科)
豊島勝昭(神奈川県立こども医療センター・新生児科)
室月 淳(宮城県立こども病院・産科)
プロデューサー:
那須田淳
『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』ほか
峠田 浩
『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『わにとかげぎす』ほか
企画:
鈴木早苗
『コウノドリ』『こうのとりのゆりかご』『生まれる。』ほか
演出:
土井裕泰
『コウノドリ』『カルテット』『逃げるは恥だが役に立つ』『映画 ビリギャル』ほか
山本剛義
『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』ほか
加藤尚樹
『コウノドリ』ほか
製作著作:
TBS

 

注目は、プロデューサーの那須田淳さんと、峠田浩さんですね。

そして演出の土井裕泰

前回の『コウノドリ』から引き続き担当します。

 

『逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)』でも担当されていることもあり、主役ではありませんが星野源さんとの息もぴったりでしょう。

Sponsored Link

まとめ

10月13日より放送が開始される綾野剛さん主演のコウノドリ続編についてまとめてみました。

 

キャストは前作を基本的に継続していますが、スタッフも前作を踏襲しています。

 

余談ですが、コードブルー3シーズンでは脚本家が2シーズンまでの林宏司さんから安達奈緒子さんに代わり、恋愛要素が多く取り込まれ賛否両論を巻き起こしました。

 

コウノドリはコードブルーのような大きな変更はありませんから、純粋に続編として楽しめそうですね。

 

そして、公式サイトはどこか優しく温かみを感じる仕上がりとなっています。

この公式サイトの更新も楽しみの一つとなりそうです。

コウノドリ公式サイト

 

9月16日放送の王様のブランチに綾野剛さんと星野源さんがゲスト出演されます。

間違いなく、コウノドリ続編の話になりますから、注目したいですね。

 

放送まで1か月を切りましたが、それまでに予習をしておきましょう!

Sponsored Link

 

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ