滝沢カレンの母が心を奪われるウクライナ人の魅力とは?

  • 人気ブログランキング

滝沢カレン

滝沢カレンさんといえばとてもおかしな日本語を使うことで
バラエティで引っ張りだこのモデルさんです。

踊るさんま御殿や、全力脱力タイムズなどに出演されています。

滝沢さんを語るうえで欠かせないのはおかしな言葉です。

食レポでこれから紹介するお店の前で・・・
”わざわざやってきました”

布団乾燥機を買ったら・・・
”よく眠れ過ぎてストレスになった”

”ながーい木に突っかかっている夢を見た”

”棒状の棒”

思いつく四字熟語は?という鶴瓶さんの質問に対して・・・

”冒険眼鏡”
等々・・・
どうも敬語を使おうと意識するあまり、
何かかわいらしい言葉遣いになっているようです。
言葉を選んで話そうとする姿勢が見えるので
おバカタレントとはまた違ったポジションを
確立しているように思えます。
意図的におかしな言葉を選んでいるのであれば、
地頭が良いのかもしれませんね!

Sponsored Link

 

滝沢カレンの家族構成は?

家族は
おじいちゃん、おばあちゃん、母と本人の4人家族で生活していたようです。
あれ?父がいない?
父親はウクライナ人ですが離婚したんですね。
そして現在母はまたウクライナ人と付き合っているとのこと。
ウクライナ人って女性は美人が多いことで有名ですが、
やはり男性も同様にイケメンが多いんでしょうか。
ウクライナの有名人は誰かいたかなーと考えてみたのですが、
いました!とっておきの有名人が!

 

Sponsored Link

ウクライナ代表のレジェンド~シェフチェンコ~

それはサッカーのシェフチェンコです!
ウクライナ代表のレジェンドですね!

 

全盛期のACミランで長年ストライカーとして活躍しました。

どれくらいすごかったかというと、

まずACミランに移籍した初年度から得点王を獲得しました。

2003-2004年シーズンでも再度、得点王に輝きました。

現在のACミランは凋落気味ですがシェフチェンコが在籍した

2000年代初頭は本当に強いチームでした。

そして2004年にサッカー選手としての最高の栄誉である

バロンドールを受賞しています!

バロンドールを争った選手にはポルトガルのデコや

ブラジルのロナウジーニョがいました。

近年ではクリスチアーノロナウドやメッシの独壇場ですが、

サッカー選手として最高の栄誉を獲得した中の一人なんです。

ウクライナ代表自体は力はなく、

ワールドカップという舞台ではその名をとどろかせることが

できませんでしたが、それでも111試合に出場して48得点を記録しています。

日本代表のストライカーといえば本田選手が思い浮かべますが、

本田選手は88試合 36得点を獲得しています。

これだけの実力を持った選手ですが、やはり比較をすると

少し物足りない気がしてしまいます。

その分クラブチームで暴れまわってくれました。

セリエAがまた衰退する前に得点王を2度獲得するというのは

並大抵のことではないですね!

 

好きな男性のタイプは・・・

旬な男性タレントや外国人だと思いきや、

彼女のタイプはなんと

西郷隆盛とのこと

大きくて毛深くて犬好きの男性が好きとのこと。

大きくて犬好きというギャップが良いらしいです!

外国人が苦手ということは、

父との思い出がないことが原因でしょうか。

父とは生まれる半年前に離別しているんですね。

このような背景があるので思い出したくない過去があるのか。

それとは対照的に母はウクライナ人が好きということ。

そのウクライナ人のアイコンは私にとっては

シェフチェンコです。

それ以外だと棒高跳びのセルゲイ・ブブカ選手が有名ですね!

でもまた戻ってきましたシェフチェンコ。

それくらい強烈な個性と実力の持ち主です。

滝沢カレンさんの記事を書こうとしましたが、

何故かシェフチェンコの事を熱くかたってしまいました笑

まとめ

滝沢カレンさんはとてつもなく独特な言葉遣いをする

バラエティに引っ張りだこのモデルさん。

ウクライナ人の父と日本人の母の間に生まれたハーフ。

父とは生まれる半年前に離別している。

母は離別後もウクライナ人と付き合っているとのこと。

ウクライナ人の男性有名人はシェフチェンコ。

きらびやかなウクライナの女性のイメージとは違い、

ウクライナの男性は実直でストイックな印象を受けます。

そんなルーツをもつ父の血を受け継ぐ滝沢カレンさん。

おかしな言葉をいじられつつも言葉に真剣に向き合っている印象があります。

実直なウクライナ人の血を受け継いでいるんでしょうね!

さらなる活躍を期待したいと思います!

Sponsored Link

 

 

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ