泉里香がカンナさーん!に緒川俊子役で出演!リトミック講師とは?

  • 人気ブログランキング

 

泉里香、カンナさーん

泉里香さんがカンナさーんに緒川俊子役として出演されます。

どんな役かというとリトミック講師役でカンナ(渡辺直美)の息子の麗音(川原瑛都)の幼稚園で働くことになります。

このリトミック講師とは一体どんな職業なのか調べてみました。

 

そして麗音の幼稚園に俊子が来るのは、礼(要潤)の母柳子(斉藤夕貴)が絡んでいるんです・・・

今回は、礼とカンナの関係に大きく影響を与えてくる、泉里香さんが演じる緒川俊子に迫ってみたいと思います。

 

そしてどうやら泉里香さんは第6話が初出演じゃないことも分かりました。

それについても確認していきましょう!

Sponsored Link

 

泉里香のプロフィール

生年月日:1988年10月11日

年齢:28歳

身長:166cm

出身:京都府

所属:スターダストプロモーション

趣味:ピラティス・ボーリング・料理・お菓子作り・ネイルアート

特技:着付け・テナーサックス・金管楽器・ユーフォニウム

 

大学は明治大学文学部英文学科を卒業しています。

芸名は「浜千咲」「梨華」「泉里果」そして「泉里香」と3回名前が変わっています。

 

現在はテレビ露出も増え安定した人気が出てきたせいか名前は里香さんのままですね。

まぁ泉里香さんは本名なのでこれ以上変わることはないと思われます。

 

そして実写版セーラームーンに出演されていて、セーラーマーキュリー役として人気を博しました。

今でも当時の出演者とは交流があるようですね。

 

性格は気分やで出たいときにしか外に出ないという典型的なマイペースな性格のようで、自分を出し切れない自覚があるせいかトーク番組で話すことが苦手なようです。

 

それでも着飾らない発言が好評をえているという声もあります。

口をあければぶっちあけキャラであるとも。

 

Sponsored Link

カンナさーん!に緒川俊子役で出演!

泉里香さんが演じるのは、麗音の通うわかば保育園にリトミック講師としてやってくる緒川俊子です。

カンナの元姑・柳子(斉藤由貴)の紹介で、この保育園にやってくることになります。

園児たちの心を掴むのが上手くて、すぐに人気者になる俊子に、カンナの麗音も惹き込まれます。
しかし実は、俊子はカンナの元夫・礼(要潤)の幼馴染みで、なんと柳子に送り込まれた強力な刺客だったんです。
柳子は、礼と俊子に見合いをさせて、あわよくばカンナから麗音を引き取ろうと画策していたのです。

とても打算的なやりかたですね。

物腰柔らかく、家庭的で上品な俊子。

それに加えて、スタイルもよくて美人なので、カンナの心は大きくかき乱されることになります。

 

泉里香は第1話から出演していた!

さらに、俊子にはもうひとつの顔があったのか、実は第1話からすでにカンナの前に現れていました。

つかみの冒頭の場面と、礼との離婚と一人で麗音を育てると決意した後の場面で、ビル看板に登場してたので驚きです。

違う役なのかもしれませんが、この写真は紛れもなく泉里香さんですね!

泉里香、カンナさーん

さりげなく張られていた伏線に、視聴者の期待も高まるばかりです!

リトミック講師とは?

それでは泉里香さんが演じる緒川俊子の職業であるリトミック講師とは何をする職業なのでしょうか?

まず”リトミック”の意味から確認してみましょう!

 

リトミック(フランス語: rythmique、英語: eurhythmics、ユーリズミックス、ユーリトミクス)とは、19世紀の末から20世紀初頭にかけて、新教育運動の絶頂期にスイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズが開発した音楽教育の手法で、「ダルクローズ音楽教育法」ともいいます。

 

具体的にリトミックは何をするかというと、音楽を使って、身体的・感覚的・知的な面で、優れた子どもたちの育成を図ることを言います。

 

日本においては、戦後間もなくニューヨークで学んだ板野平(いたの やすし)さんが、その確かな理論に裏打ちされた指導法に感銘を受ました。そして帰国後、国立音楽大学(東京)に設けられた専門教育課程において教鞭をとったことが、リトミック教育のスタートと言っていいでしょう。

 

板野平さんが教鞭をとる前も、リトミック的要素を取り入れたものはあったようですが、具体的に体系づけられたものとして取り組まれたのは板野さんが初めてです。

 

リトミックを体験し、その指導効果を目の当たりにした学生たちが幼稚園・保育園で活躍しています。

 

このリトミック講師の役として、泉里香さんがカンナさーん!に出演されることになります。

Sponsored Link

まとめ

泉里香さんがカンナさーん第6話でカンナの息子の麗音が通う保育園にリトミック講師の緒川俊子役で出演します。

 

リトミック講師とは何かという点も踏まえて書いてみました。

 

そして泉里香さんは初登場ではなかったことが判明しました。

 

なんと第1話の冒頭から登場していたんです。

登場といっても間接的なビル看板ですが、冒頭のつかみの場面と、カンナが離婚をし、息子の麗音を一人で育てていくと決意をした後の場面で挿入されていますからさりげなく要所で登場していることになります。

 

立ち位置的には第1話から第3話まで、ゲスト出演したシシドカフカのような存在となるでしょうか?

 

礼は自分のしたことを反省し、カンナとよりを戻そうと躍起になっている状況下で美人の泉里香さんが登場となります。

 

柳子の打算的な仕業で第6話はどのように展開していくか注目ですね!

Sponsored Link

【カンナさーん!関連記事】

カンナさーん!第4話で余命3か月と宣告されていたのは誰?礼かマリ?

カンナさーん!子役(レオ)の川原瑛都がかわいい!母になる出演?

泉里香【画像】昔はセーラームーン!彼氏は玉森裕太か谷口彰悟?

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ