金足農業

 

第100回全国高校野球選手権(夏の甲子園)記念大会

 

レジェンド始球式でまたドラマが生まれそうです。

 

準決勝第1試合で金足農と日大三が対戦しますが、

 

この試合前のレジェンド始球式を務めるのが桑田真澄さんなんですね。

 

因縁というのは34年前の金足農業PL学園の対戦にあります。

 

34年前のPL学園桑田投手と清原選手を擁して最強のチームでした。

 

このPL学園をあと一歩のところまで追いつめたのが、金足農だったんですね。

 

具体的な因縁はどのようなものだったのか振り返ってみましょう!

 

Sponsored Link

 

金足農と桑田(PL学園)に因縁あり?

金足農は34年前、1984年に夏の甲子園に初出場を果たしました。

 

下馬評は高くありませんでしたが、強豪校と次々と破り、

 

準決勝でPL学園と対戦するまで上り詰めました。

 

 

 

8回を迎えた時点で、2-1で金足農はリードしていました。

 

あと一歩で決勝進出が見えていたところで、

 

5番桑田選手に決勝ホームランを打たれてしまいました。

 

そして、今大会では準決勝第一試合前のレジェンド始球式で、

 

34年前に金足農の決勝進出を阻む決勝ホームランを放った元PL学園の桑田真澄さんが

 

登板することになったんですね。

 

とても因縁のなる始球式となります。

 

レジェンド始球式に注目!

レジェンド始球式に因縁のあるPL学園出身で決勝ホームランを放った桑田真澄さんが登場します。

 

今大会の開幕戦のレジェンド始球式は松井秀喜さんがつとめました。

 

開幕試合のカードは星稜対藤蔭。

 

松井秀喜さんは星稜高校のOBで有名ですね。

 

第100回の記念大会の開幕試合のレジェンド始球式を松井秀喜さんがつとめ、そしてそのバッグで、

 

星稜高校が守備についているという光景は感動すら覚えました。

 

まさに第100回夏の甲子園大会にふさわしい始球式でした。

 

そして、また準決勝でも、同じような記憶に残るレジェンド始球式となるかもしれません。

 

今回は所属高校のOBという立ち位置ではありませんが、

 

因縁のある高校の投手という立ち位置で登板することになります。

 

松井さんの始球式は後攻の星稜は守備についていました。

 

準決勝のレジェンド始球式では是非、先攻を金足農がつとめて、

 

PL学園対金足農の再現をしてほしいですね!

Sponsored Link

金足農の夏の甲子園の軌跡

最後に金足農業の今大会の成績をおさらいしておきましょう。

 

◎1回戦 金足農 5 対 1 鹿児島実業

 

この試合で吉田投手は一気に大会のナンバーワン投手として周知されることになったといっていいでしょう。

 

圧巻の14奪三振を記録しました。

 

鹿児島実業の選手は一様に歯が立たなかったとインタビューに答えています。

 

◎2回戦 金足農 6 対 3 大垣日大

 

強打の大垣日大相手に序盤は苦しみましたが、

 

終盤に味方が勝ち越しに成功してからは、

 

ギアチェンジをし、全く相手バッターを寄せ付けない力強いピッチングでした。

 

この試合でも、吉田投手は13奪三振を記録しました。

 

◎3回戦 金足農 5 対 4 横浜

 

この試合では吉田投手は投打で活躍します。

 

自身のバットで本塁打を含む3安打。

 

投げては、2回戦の大垣日大戦同様、

 

味方が勝ち越しに成功してからの最終回、

 

三者連続三振を記録し、強打の横浜に勝利しました。

 

◎準々決勝 金足農 3 対 2 近江

 

試合前、連投の続く吉田投手は足に張りを感じて、登板を回避する可能性がありました。

 

キャッチボールで状態を確認し、”この試合で投げたい”という気持ちを差し引いたとしても、

 

行けると判断し登板しました。

 

試合は終盤まで2-1で近江がリードします。

 

吉田投手がけん引する金足農の快進撃もここまでかと思われた9回裏。

 

なんとサヨナラツーランスクイズで劇的な逆転勝利を収めました。

 

吉田投手の奮闘をバックが援護するという構図は相変わらずで、

 

投打のかみ合った良いチームに仕上がっていますね。

 

準決勝は強打が自慢の日大三が相手です。

 

吉田輝星投手も立ち上がりは不安定ですから、

 

そこを日大三はついてくるに違いありません。

 

疲労が蓄積している中での吉田投手の登板ですから、

 

いかに打撃陣が吉田投手を早めに援護できるかがカギとなってくるでしょう。

 

Sponsored Link